人気ブログランキング |

交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

懐かしの名鉄美濃町線、モ880形

e0013178_21525917.jpg

e0013178_215302.jpg

e0013178_2153023.jpg

e0013178_2153058.jpg

e0013178_2153075.jpg

名鉄の岐阜市内線シリーズ第二弾。こちらは廃止直前の2005(H17)年3月19日に名鉄美濃町線の関駅で撮影した名鉄田神線、美濃町線のモ880形880F。あの時は、名鉄岐阜→関→競輪場前間で乗ったのである。

こちらは1980(S55)年に田神線、美濃町線用の連接車として5編成10両導入され、当初から名鉄各務原線の名鉄岐阜(新岐阜)〜田神間の1500V区間にも対応していた副電圧車となっていた。
1991(H3)年から1993(H5)年までの間に冷房改造されていたけど、1500V区間で冷房装置が使えなかったという欠点があった。

新岐阜(のちの名鉄岐阜)駅では、各務原線のホームに隣接する専用の7番線(低床ホーム)、田神駅では、各務原線用ホームの奥にあった専用の低床ホームから出ていた。

これらの低床ホームは、廃止後に撤去されている。

田神〜市ノ坪間に600V⇔1500V切り替え区間(デッドセクション)があり、市ノ坪駅付近には車両基地や工場(岐阜検車場)があった。

新岐阜〜田神間は、通常の電車と小型の路面電車が一緒に走っていたので、2006(H18)年3月17日までの箱根登山鉄道の小田原〜入生田(箱根湯本)間に似ていました。こちらは大型の小田急の電車と小型の箱根登山電車が同じ線路を走っていたので。

美濃町線はのどかな雰囲気の中を走る路面電車として有名でした。

1999(H11)年4月1日には、新関〜美濃間の廃止により、長良川鉄道の関駅に乗り入れるようになったけど、美濃町線の廃止により長良川鉄道の単独駅に戻っていた。

廃止される2ヶ月前の2005(H17)年1月29日に新岐阜駅が名鉄岐阜駅に改称された時、廃止が近づいていたということで、岐阜の方向幕に交換されず、新岐阜の表示から新が塗り潰されていたものが使われていた。

こちらは2000(H12)年8月6日に、二子玉川園から二子玉川に改称された時に、東急大井町線や田園都市線の一部の編成で二子玉川園の園の表示が塗り潰されたものが暫定的に使われていたことに準じていました。

現在モ880形は、同じ連接車のモ770形(元岐阜市内線、揖斐線用)、モ800形低床電車(元田神線、美濃町線用)のうちの2両(802,803号車)とともに福井鉄道(現在は名鉄グループから離脱されている)に譲渡されていた。
by hy_sengen-sin | 2009-09-15 21:53