交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

<   2008年 10月 ( 107 )   > この月の画像一覧

ハロウィン

e0013178_14585642.jpg

e0013178_1458565.jpg

e0013178_1458566.jpg

e0013178_14585698.jpg

今日はハロウィンということで今から4年前に銀座一丁目→表参道間で運転された東京メトロ7000系7116Fによる有楽町線開業30周年記念ハロウィン号。の画像を送信します。復路は表参道→東池袋間で運転。

あの時は自分も乗ったけど、桜田門~霞ヶ関間の連絡トンネルの通過は2度目となっていた。

現在7116Fは、副都心線用の8両編成に改造されている。

ハロウィンのライトアップは自宅にて。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-31 14:58 | 鉄道画像館
e0013178_1454493.jpg

画像は樋口君が撮影していた、中書島駅で8531F(旧3000系)と2200系が並んだシーンです。旧3000系と2200系はどちらも昭和40代にデビューしているので同世代の車両で今なお現役で活躍しています。関東の私鉄はその世代の車両は殆どないです。京阪の車両は機器更新や車両の更新が他社と比べて上手いので感心します。旧3000系も地方ではまだまだ良い車両やし、2200系もまだ置き換えの話もないのでこれからも京阪のエースとして頑張ってほしいです。

京阪では、JR西日本と同様に車両を長持ちさせていることが良く分かります。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-31 14:54 | 友人の旅行記

今から8年前の出来事

e0013178_1405522.jpg

今から八年前の10月28日は、自分(樋口君)が初めてコスモスクエアのWTC(オープンエアスタジアム)へモーニング娘。のコンサート「Autom tour2000」に行った日です。その日は凄い雨だったけど、感動は今でも忘れていません。(野外だった)画像はWTCに向かう時に乗る地下鉄中央線の20系。2607は他の20系と違って側面の帯が原型そのものである。

当時のモーニング娘。のメンバーは中澤裕子女史がリーダーの10人で、全員卒業している。樋口君は後藤真希、石川梨華両女史を応援していた。

2000年の秋ツアーは筆者が唯一参加出来なかったモーニング娘。のツアーである。

同年11月3日に浦和市(現、さいたま市)文化センター(南浦和)で行われた公演のみを申し込んでいたけど、あいにくFCで落選した為に、参戦数ゼロとなってしまった。

このツアーではなっちこと安倍なつみ女史(初代の1推しのメンバー)によるふるさとが出てきたので惜しかったです。

筆者は紺野あさ美女史の前はよっすぃ~こと吉澤ひとみ女史を推していたし。

樋口君の生娘。発祥の地は大阪のコスモスクエア。

モーニング娘。のふるさとと言えば、今年春のツア
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-31 14:00 | 友人の旅行記

福島

e0013178_2220515.jpg

e0013178_22205154.jpg

e0013178_22205266.jpg

e0013178_22205260.jpg

e0013178_22205251.jpg

こちらは25日に東北新幹線の福島駅で撮影した400系つばさの分割・併合シーン。連結カバーが出てくるシーンは圧巻である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-30 22:20 | 鉄道車両・路線
e0013178_1456266.jpg

e0013178_1456277.jpg

2006年3月の「けいはんな線」の改造工事をする為に谷町線の20系は中央線に、中央線の新20系の大半は谷町線へとコンバートした。因みに谷町線は唯一地上に出る八尾南駅で樋口君による撮影。

大阪市営地下鉄谷町線では、来年3月から30系が新型の30000系(20系の後継車)に順次置き換えられることになっている。

30系は、京王6000系みたいな感じの左右非対象の前面窓となっている。

以前は御堂筋線、四ツ橋線、中央線、千日前線にも配置されていたけど、1996(H8)年までに撤退し、谷町線に残る編成が最後の砦となっている。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-30 14:56 | 友人の旅行記

12年前の急行ちくま号

e0013178_14184861.jpg

これは今から12年前に樋口君が撮影した客車時代の「急行ちくま号」。1997年12月の改正で383系化され、さらに2003年10月には不定期列車になり381系になった。2005年以降、臨時列車には設定がないので実質消滅列車といえる。

381系自体も今年5月に全廃となってしまったし。383系による白馬乗り入れが復活したけど、夜行急行ちくま号が383系で復活することはない。

画像は自分(樋口君)が当時12歳で撮影して間がなく、小学校を卒業した直後で1996年3月、大阪駅で撮影。

383系の大阪発着のワイドビューしなの号は1往復のみとなっているけど、気動車(キハ181系)時代の1971(S46)年からある。1973(S48)年に381系電車が登場した後も、一部のみキハ181系の運用が1975(S50)年まで継続されていた。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-30 14:18 | 友人の旅行記

まこっちゃんの誕生日

今日(10月29日)は、元モーニング娘。のまこっちゃんこと小川麻琴氏の21回目の誕生日です。おめでとうございます。

今日はまこっちゃんのパシイベがあったけど愛知県在住の友人が行っていました。その友人は小川麻琴、光井愛佳両氏を推している。700系によるこだま号が好きで、それに乗って上京していた。

あとは、ハロプロの総合プロデューサーでシャ乱Qのボーカリストであるつんく♂こと寺田光男氏の40回目の誕生日でもあります。

つんく♂の芸名の由来は、ツンツンとした髪型をしているからであり、つん君がなまってつんくとなったのである。

一昨年の今頃は、パシフィコ横浜で、シャ乱Qの公演があったけど、諸事情で行かれなかったのが残念です。あー!
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-29 22:44 | ハロプロ情報等

さゆこはみっつぃ~

昨日は、モーニング娘。の道重さゆみ、久住小春、光井愛佳各女史が出てきたFC通販によるMORNING DAYSのDVDが届いたので、早速見ました。やはり筆者の推しメンである道重さゆみ、久住小春両女史(さゆこは)が出てくるということで買わない訳にはいかないので、買っておいて良かったです。

キャンプに行った3人の表情も見応えがありました。
19日の握手会に行って以来さゆみんこと道重さゆみ女史はもちろんのこと、久住小春女史も再評価するようになったのでさらに見応えがあったし。握手会でのさゆみんや小春ちゃんからのレスは忘れられないし。

だから長野公演で超テンションが高かったのである。

このDVDも200%楽しめました。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-29 22:13 | ハロプロ観戦系

上田電鉄1001F

e0013178_11303926.jpg

e0013178_1130391.jpg

e0013178_11303974.jpg

こちらは26日に下之郷駅で撮影した上田電鉄1000系のオリジナル塗装(東急時代と同じ赤帯)である1001F。この時には、ワンマン、試運転の状態で留置されていた。

上田電鉄では1000系があと2編成入ってくる予定となっている。

上田電鉄の1000系は全て1991(H3)年製で、旧7000系の置き換え用として東急目蒲線(現在の東急目黒線、東急多摩川線)に4両の暫定編成で配置されていた。

1993(H5)年に、東急池上線にも1000系が導入され、目蒲線の1000系も3両化の上で池上線に転属。余剰となった7200系の一部が4両化されて目蒲線に転用または上田交通(のちの上田電鉄)別所線に譲渡されていた。

2000(H12)年8月に目蒲線が目黒線と東急多摩川線が系統分離され、池上線用の車両が東急多摩川線と共通で使用されるようになる。

7200系が上田入りした当時は長津田から上田まで甲種輸送されていたけど、長野新幹線の工事並びに上田駅の高架化工事により、信越本線(現、しなの鉄道)との連絡線が撤去され、トレーラーによる陸送に切り替えられていた。上田交通から東急に里帰りした5001号車や5201号車、上田電鉄の1000系が陸送されていたのはその為である。

昨年12月に新7000系が導入されたことにより1015Fと1018Fが上田入りし、上田電鉄の1001Fと1002Fとなったのである。

東急では、1014Fと1016Fが運用離脱されているので、上田電鉄の1003Fと1004Fになると思われます。

東急の新7000系は、かつて上田交通別所線を走っていた5000系と同じ鎌倉武士塗装なので気に入っています。こちらは小田急のMSEと並んで筆者の好きな車両となっています。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-29 11:30 | 鉄道車両・路線

京阪5000系

e0013178_10104764.jpg

e0013178_1010477.jpg

e0013178_10104732.jpg

e0013178_10104741.jpg

e0013178_10104758.jpg

5000系は昭和40年代、高度成長期が進む中、線路容量が限界になりまた当時の600Vではこれ以上の増発や増結が不可能なため、5ドア車とし、閑散時には2つのドアを締め切り座席となるユニークなシステムを採用した。

平成9年度から5553Fを皮切りに、12年度までに半年ペースで更新工事をし現在に至る。

1.画像は1次車にあたる5001-5651。2400系の未更新時代と同様に標識等は1灯だった。中書島駅にて、1997年撮影。

2.第二編成にあたる5002F。5000系は第一編成から第四編成まではデビュー当時は方向幕を持たなかった。枚方市にて1997年撮影。

3.天神祭の臨時準急に充当された5556F。淀屋橋にて2000年7月25日撮影。天神祭で「臨」を掲出した臨時準急は2000年が最後になった。淀ヤ2番線から発着する準急は極力珍しい。5556Fは当時、2か月もしないうちに入場し、これで未更新の5000系は消滅した。

4.2000年の改正以前は日中、樟葉駅で上りと下りの急行が頻繁に見られました。画像は当時新造して間がない9000系と交換する5555ー5605。樟葉にて1998年撮影。

以上が樋口君による京阪で唯一の5ドア車である5000系に関するレポートで、画像は1から4まで(車体更新前)が樋口君による撮影。更新前は、前面の種別・行先表示の上に番号があった。

5コマ目の画像は7月21日に筆者が中書島駅で撮影した更新後の5000系。こちらもやがて新塗装に変わっていくことになる。

5000系が登場した1970(S45)年は、大阪万博が行われた年である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-10-29 10:10 | 友人の旅行記