交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

<   2007年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

成田山初詣号

e0013178_2232041.jpg

e0013178_2232124.jpg

e0013178_2232125.jpg

e0013178_2232110.jpg

e0013178_223212.jpg

今日は新宿駅でE257系による成田山初詣号を撮影しました。仕事の後でそれを撮影出来て良かったです。因みに編成はNB18編成でした。

今年の鉄道界は、PASMOの導入、鉄道博物館の開館などでした。

以上で今年の更新を終わります。

では良いお年を。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-31 22:03 | 鉄道画像館
e0013178_15551918.jpg

e0013178_15551916.jpg

e0013178_15551936.jpg

e0013178_15551913.jpg

e0013178_15551942.jpg

12月8日から導入したW52SA。

こちらはこれまでの機種よりも薄いです。筆者の機種としては久々の三洋電機製であるし。

色は水色で、来年春登場予定の千代田線直通用のロマンスカーである小田急60000形MSE車と同じ色であります。
内部のグレーは座席の色と同じなのでMSEに準じているし。

この機種と色を選んだ理由は、このこともある。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-30 15:55 | 携帯・PHS

過去帳入り

e0013178_15394741.jpg

e0013178_15394749.jpg

e0013178_15394739.jpg


こちらはかつて筆者が使っていた携帯電話の並び。昨日右の黒携帯(エクセケータイ)を目白のauショップに持って行き、リサイクルに回したので、このような並びも過去帳入りとなった。

昨日この黒携帯(エクセケータイ)が旅立つ前に現在の機種の青携帯(マルチケータイ)との新旧交代の2ショットをW32Hで撮影した。
エクセケータイと言っても小田急30000形EXEやカシオのEXILIMケータイことW53CAとは無関係です。

これらの4台は地下鉄のトップナンバー車である1001号車、301号車、3001号車、5001号車に例えられるけど、W43H2が保存予定のところ、急遽廃棄処分してしまったので、保存予定で解体された5001号車になぞらてれいる。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-30 15:39 | 携帯・PHS

廃棄処分しました。

e0013178_1532106.jpg

e0013178_15321042.jpg

e0013178_15321029.jpg

昨日は先代の携帯機種であるエクセケータイことW43HⅡを目白のauショップ(W52SAに機種変更した店)に持って行き、ここで廃棄処分してもらいました。静態保存を考えていたけど、自分にとって3年前に使用していたA5404Sと同様に不運の機種となったことを後世に残したくないので、廃棄処分を選んだのである。

auショップで回収された携帯機種は、リサイクルに回されることになる。この機種は新たな資源として生まれ変わることになるので、長野で廃車解体された京浜東北線の209系と同様になった。A5404SのほうはW43H2以上に不運な機種だったので燃えないゴミとして処分してしまった。

廃棄処分した理由は、機種が重く、バッテリーがいかれてきていること、W32HをminiSDカードのデータ取り兼予備機として有効利用したほうがよいこと、W32Hが3月10日の日本青年館での℃-uteのイベントを当てた記念すべき機種であること、バッテリーを外さないとmicroSDの交換が出来ないこと、自分に合わない色などの不満がある為などである。マイミクのトミ~さんも同型の機種を使っているけど、自分のよりもいい色で状態が良い。

ちょうど電源が切れるという不具合があったので買い換えが妥当だった。

今回もA5404Sと同様に僅か8ヶ月という早すぎる廃棄処分となってしまって申し訳ありませんでした。

今度こそは不運状態を返上させ、長く使いたいと思っています。

W32Hのほうはまだ使えるので予備機として使います。

やはり黒よりも水色のほうが自分に向いています。

W52SAマルチケータイにも黒や白があるけど、小田急60000形MSEと同じ水色にして良かったです。

今から3年前に白いW21SAに替えた時は、デビュー前の50000形VSEが落成した時だったので、VSEと同じ色ということで注目していた。
今回の機種変更の時、白いW53TやW52SA(やはりVSEと同じ色)も候補だった。

ここでW32Hで撮影した導入当時のW43H2エクセケータイの画像を載せます。

これで本当にさようなら、エクセケータイ
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-30 15:32 | 携帯・PHS

地下鉄の開業記念日

e0013178_1592499.jpg

e0013178_1592589.jpg

e0013178_1592556.jpg

東京ならびに日本初の地下鉄区間である上野~浅草間(現在の東京メトロ銀座線)が開業してから今日(12月30日)で80年経ちました。当時は、東京地下鉄道による上野~浅草間の地下運用のみで、オレンジ色の1000形車両が使われ、暮れの時期と重なり、初乗りの人たちで混雑していた。
銀座線は浅草~新橋間が東京地下鉄道、新橋~渋谷間が東京高速鉄道によって建設されていた。1939(S14)年1月15日に虎ノ門~新橋間が開通し、同年9月に相互乗り入れが行われるまで、東京高速鉄道側で、幻の旧ホームが使用されていた。こちらは一般公募により12月1日に公開されていた。

1941(S16)年に帝都高速度交通営団(営団地下鉄)となり、2004(H16)年4月1日に民営化され、現在の東京地下鉄(東京メトロ)となったのである。

画像は葛西の地下鉄博物館で保存されている地下鉄第一号車である1000形1001号車、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)ならびに戦後初の新規地下鉄路線である丸ノ内線の300形301号車。

前者に関しては、1968(S43)年に廃車後、交通博物館(昨年5月に閉館)を経て、地下鉄博物館で保存されるようになった。

現在は80周年記念として1000形を模したデザインである01系の01-117Fが運転されているけど、筆者は未だに見ていない。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-30 15:09 | 鉄道車両・路線

さよなら黒携帯

e0013178_11221215.jpg

e0013178_11221220.jpg

e0013178_11221214.jpg

今回のハロ10パーティー落選を苦に、一昨日(12月28日)をもってこのイベントを申し込んだ機種である黒携帯、エクセケータイこと先代のW43H2を引退させました。ユーザーの皆様済みません。

やはり自分にとって不運な機種をこれ以上使うのも無理があるので、予備機として使わずに急遽引退させたのである。一昨日は夕方までW43H2を使っていたのでさよなら運転みたいな状態となった。

今年4月20日から12月28日までの8ヶ月間(252日間)の生涯を閉じたので、今から3年前に使用していたA5404Sと同様となった。

やはり自分には黒い携帯機種が向かなかったようです。

さようなら、不運の携帯よ。

W43H2エクセケータイよ、永遠なれ

エクセケータイとは、小田急30000形EXEにあやかって自分が勝手に付けた愛称で、地味であり、ロマンスカーのインパクトに掛けることや、ブルーリボン賞を受賞出来なかったことなどで30000形EXEに似ていることから名付けたのである。

現在の青いW52SAは、小田急60000形MSE(千代田線直通用ロマンスカー)にあやかってマルチケータイと呼んでいるのである。

遂にW52SAマルチケータイに役目を譲り、W43H2は終了、W32Hは引き続き動体保存機とします。

ハロ10に当選していれば、W43H2を引き続き予備機として使っていたところだった。

このことは京浜東北線の209系が、205系よりも先に廃車となったことになぞられています。

W43H2はとても優秀な機種でした。やはり暗い色や不運が仇となって早期の機種変更となったのである。

やはりW43H2にするならピンク色の機種にすべきだったと思います。

W52SAはアップフロントビデオにも対応しているのでまさにマルチケータイである。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-30 11:22 | 携帯・PHS
e0013178_23432528.jpg

e0013178_23432552.jpg

e0013178_23432562.jpg

来年1月13日には、東急東横線で最後まで残った8000系の8017Fのさよなら運転が行われます。

この時には6月30日と7月1日の8039Fの時みたく、凄いことになりそうです。

この画像は昨年9月に撮影した在りし日の8017F、7月1日の8039Fによるリバイバル急行。
運転時刻 渋谷 11時08分発→元住吉 11時28分着、11時31分発→元住吉 12時21分着、12時24分発→渋谷 12時44分着、13時08分発→元住吉 13時28分着、11時31分発→元町・中華街 13時55分着、13時56分発→元住吉 14時22分着
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-29 23:43 | 鉄道画像館

西武20000系と秩父

横瀬からは、20000系の20151Fによる西武トレインフェスティバル号で帰りました。

このことで、今から7年前の2000(H12)年10月9日に20151Fで西武秩父線を通った時を思い出しました。当時は西武秩父まで運転され、同年10月14日に発売されたパスネットのHMが付いていた。

パスネットのほうは、PASMOの普及により、来年1月10日で発売が打ち切られ、同年3月14日の終電をもって自動改札機での使用が出来なくなる。

パスネットを買うなら今のうちです。

あの時は池袋サンシャインシティの噴水広場で、HYPER GO号2というアイドルグループの握手会イベントが行われていたので、試しに参加していたことがあった。

翌年の3月10日にメロン記念日の握手会が池袋のサンシャイン通りのHMVで行われていたのでそれに参加していた。(握手会に本格的に参加するようになった)

前者が試作車、後者が量産車の関係になぞられるし。

あとは、2001(H13)年4月22日に横浜でのカントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)のイベントで、石川梨華女史と握手した時に、モーニング娘。のメンバー(当時)と初めて握手した状態だった。

2003(H15)年3月22日に東京ビッグサイトで行われたモーニング娘。の6期の新メンバーとのFC限定握手会で、石川梨華女史以外のメンバー(田中れいな、亀井絵里、道重さゆみ各女史)とも握手していた。

こちらも前者は試作車(量産先行車)、後者は量産車の関係にもなぞられている。

筆者は道重さゆみ女史以外の6期メンバーとは、2003(H15)年以来足かけ4年間握手していないという状態が続いている。

話は元に戻すけど、森敏英さんは301系の307Fによる普通列車で西武秩父まで出ていた。

横瀬からは、土曜・休日の直通快速急行と同様に、飯能までの各駅、入間市、小手指、所沢、ひばりヶ丘、石神井公園、池袋の順に停車していた。

横瀬を出た後、D16形機による展示車両の入れ替え風景を見ることが出来ました。 

この時に茶色い機関車(E71形(旧国鉄ED10-2号機)が、D16型機に引っ張られていたところを見ることが出来た。

西武の旧型機関車のほうは、E41形E43号機が、旧国鉄ED36形(青梅電気鉄道1010形)

E51形E52号機が、旧国鉄ED12形

E61形E61号機が、旧国鉄ED11形

となっている。

E41形のうち、E44号機は、古巣のJR貨物の新鶴見機関区で静態保存されている。

西武に譲渡されたED11形は、1号機で、その2号機は、JR東海の佐久間レールパーク(飯田線、中部天竜駅構内)で保存されている。

会場内には、南入曽の時と同様に、Nゲージの模型のほか、鉄道模型のキッズ版であるプラレールもありました。 中には30000系のプラレールもあったし。

模型では、5000系レッドアローと10000系NRAの組み合わせもあったので、1994(H6)年から1995(H7)年に池袋線で見られた組み合わせも再現されていた。

タンク車(タキ1000)の模型もあったので、タキチヨさんを思い出しました。

この列車が通過した時には、スタッフが手を振ってくれました。

20000系の横瀬への乗り入れ

1.2000(H12)年10月9日 20151F

2.2005(H17)年10月2日 20158F

3.2006(H18)年10月1日 20158F

4.2007(H19)年10月6日 20151F

2の一昨年のイベントは、南栗橋での東武ファンフェスタに行っていたので行くことが出来なかった。

3は、横瀬から池袋まで乗車。

今年も同じルートで横瀬から池袋まで乗りました。

飯能(武蔵丘)~西武秩父間では、回生ブレーキ付きの車両がイベント時以外に乗り入れることが出来なかったけど、今年12月3日から、吾野と正丸の2ヶ所の変電所に、環境配慮型蓄電装置が導入されたことにより、回生ブレーキが失効する恐れが無くなった。

そのため、イベント時以外でも、回生ブレーキ付きの車両の乗り入れが解禁となるし。10両固定編成の6000系、9000系、20000系(10両固定編成車)は、従来通り乗り入れることが出来ない。

12月3日は、秩父の夜祭輸送が行われた時でもあった。

来年の芝桜輸送がどうなるのか気になります。

20000系が西武秩父線で試運転が行われていたのはその為である。

10000系NRAで、2003(H15)年に導入された10112F(唯一の完全新製VVVF車)も、西武秩父線を走ることも可能となるし。

これで運用上の制約を受けることが無くなり、臨時特急にも対応出来る。

芦ヶ久保駅では、4000系と交換。

正丸トンネルでは、約100Km/hで走っていました。

来年4月に登場予定の30000系も、西武秩父線に乗り入れることも可能となる。

30000系は、2011年までに、8両編成12本、6両編成3本、2両編成3本導入予定で、6両編成は、国分寺線でも運用可能となる。

2両編成の場合は、8両固定編成と連結して10両編成で使うことも出来る。

この最終的なデザインは、12月5日に発表されていた。第一号編成は、来年1月落成予定であり、日立製作所笠戸事業所(山口県下松市)から輸送されてくることになる。

筆者が愛用していた日立製作所(HITACHIブランド)のau携帯は、日立製作所とカシオ計算機による合弁会社であるカシオ日立モバイルコミュニケーションズで製造されている。その本社は、東大和市のカシオ計算機東京事業所内にある。

カシオ計算機(CASIO)ブランドの携帯も、ここで製造されているし。

W32Hは、miniSDのデータ取り用、W43HⅡは、予備機として動態保存している。

W32Hは、データ取り用ということで、ここに保存されているデータを、W32Hとアダプターを介して、microSDカードに送り込んでいる。

W32Hは、アダプター部分が破損し、簡易充電器の使用が不可能となっているので、通話、メール、WEB使用を中止している。 

こちらは、東京メトロの綾瀬車両基地で保存されている元日比谷線の3000系の3001Fと同じような状態となっている。 こちらはCS-ATC装置が搭載されておらず、WS-ATC装置が撤去されているので、綾瀬車両基地構内での運転にしか使用出来ない状態となっているので。

あとは、地方私鉄の譲渡された車両で言えば、部品取り用の車両にも相当している。

吾野駅では、交換による長時間停車だったので、絶好の撮影タイムとなりました。

駅舎(構内踏切)側では良く取れました。

吾野駅で見た特急は10105Fだった。

30000系は、6000系改造車や8500系レオライナーと同様に、両手操作式(東急タイプのT字型)のワンハンドルマスコンとなるので、20000系が西武鉄道で唯一の左手操作式のワンハンドルマスコン車となる。

副都心線を走る車両がT字型ワンハンドルマスコンとなるのは、2012年度中に東急東横線との相互乗り入れが行われるという関係もある。

東武30000系が東武鉄道初のワンハンドルマスコンとなったのは、東急電鉄がワンハンドルマスコンにこだわっているからである。

日比谷線の03系は、東急に乗り入れる車両で唯一従来型のマスコンとなっている。

2012年度中に東急東横線と副都心線との直通運転が開始された暁には、日比谷線直通列車がどうなるのか気になります。

西武鉄道の4ドア車が西武秩父線に乗り入れていたことは、筆者がモーニング娘。のメンバーと握手した時に例えたくなります。 そのOGと握手した時が、3ドアで回生ブレーキ付きの3000系が西武秩父線に乗り入れてきたことに例えたくなるし。

飯能からは、通常と同じルートで池袋へと向かいました。

筆者の一言、来年3月9日にZepp Nagoyaで行われるハロ10に落選し、名古屋遠征が中止となったので、残念に思っています。

この時の申し込みに使用した携帯電話の使用を中止し、静態保存させることになりました。

本当は予備機として使用していきたかったけど、不運の機種ということで急遽使用停止せざるを得なくなってしまいました。 当選すれば引き続き動態保存させていたところだった。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-28 13:05 | 鉄道イベント

横瀬のイベント2

横瀬のイベントに参加したのは、9回目だった。展示内容は例年とほぼ同じで、営業用車両の展示は20000系の20151Fだけだった。

昨年は新101系の恐竜電車も展示されていたというサプライズな出来事もあった。

昨年はあいにくの雨の中で行われ、西武とレインフェスティバルの状態だったけど、今年は 青空の下で行われたから良かったです。
武蔵丘での屋内イベントは雨でも問題は無いけど、このような屋外イベントは晴れたほうが嬉しいです。

横瀬でのイベントは毎年展示内容が同じでマンネリ化しているというイメージが強いけど、年に1度しか見れない展示車両を見れるということで足を運ぶ価値もあると思います。
20000系の臨時列車は、池袋から横瀬まで運転されたけど、今回も快速急行横瀬の表示で運転されていた。ヘッドマークは展示機関車が描かれたタイプとなっていた。

展示機関車は、E31号機とE32号機、E33号機とE854号機の並び、E71(旧国鉄ED10-2)号機、E43号機(イギリス製)、E61号機(アメリカ製)、E52号機(スイス製)、D16号機(入れ換え用ディーゼル機関車)で、E33号機にホキが連結されていた。

この時に房総半島から横瀬まで遠征してきた黒岩さんと出会い、ここでそばを食べました。

もちろん505(旧355)号車、旧レッドアロー5000系も展示され、その車内も公開されていました。

筆者が行った時はHMが付いていなかったけど、状況に応じて取り付けられていた。

会場で森敏英さんと出会った時、次の日に高崎でイベントがあることを聞いて、鉄道の日切符の残りを高崎でのイベントに使ったのである。

横瀬でのイベントは、年に1度しか会えない機関車に会えるので、織姫と彦星のようなイベントである。

屋外には、ワフ105号車、スム201号車の貨車、4号蒸気機関車が展示され、ミニSLが運転されていた。

屋内には、30000系スマイルトレインのコーナーもあったし。

池袋~椎名町間の旧山手架道橋の橋と橋脚の一部がここに保存されているのも嬉しいです。

4号蒸気機関車は、残念なことに、屋外に野ざらしにされた状態なので、痛みが激しくなっている。出来れば修復されることを願っています。

この日は東北本線の黒磯~郡山間にイベント列車が運転されていた。

今回はPASMOが導入されて以来初めて迎えた横瀬イベントなので、簡易PASMOリーダーで楽に行けました。

つづく
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-27 23:05 | 鉄道イベント

横瀬のイベント1

10月6日は、毎年恒例となっている西武トレインフェスティバル2007in横瀬に行ってきました。

ルート 椎名町~練馬~所沢~小手指~飯能~横瀬~池袋

まずは椎名町から2000系の2097F(豊島園行き)で移動。こちらは8両のうちの2両(飯能寄りのMユニット)が試作VVVFインバータ車両が含まれている編成で乗ったのはもちろんそのM車だった。

東長崎駅では、駅舎の改良、2面4線化工事が行われており、9月16日には上りホームが新設の3番線に移設されていた。上りホームには、西武鉄道の新CIの入った表示がある。

12月9日には、下りホームが2番線に移設されていた。

来年6月の副都心線開業に伴うダイヤ改正では、江古田駅で行われている優等列車の待避が東長崎駅に移ることになっている。

改良前の東長崎駅では、平日の朝ラッシュ運用を終えた車両が留置されていた。

東長崎と江古田の間には、1963(S38)年まで西武市場という貨物駅があった。

練馬から所沢までは新101系287Fによる準急で移動。

保谷の車両基地には、20158Fが止まっていたので臨時列車には20151Fが使われていることが分かりました。

20151Fが西武秩父線入線並びにイベント列車に使われていたのは、2000(H12)年10月9日以来7年ぶりだった。

20000系が横瀬へのイベント列車に使われたのは3年連続で、一昨年10月2日と昨年10月1日は、20158Fが使われていた。

所沢から小手指まては東京メトロ10000系の10103Fに乗ったけど、グッドデザイン賞受賞記念のステッカーが付いていたので小手指で撮影しました。

小手指駅ではいきなり1番線に入り、新線池袋行きとして折り返されていた。

東京メトロ10000系のグッドデザインステッカーは、10月3日から31日まで取り付けられていた。

小手指から飯能までは、9000系の9102F、飯能から横瀬までは4000系の4019F+4021Fで移動。

武蔵横手で235+237F、東吾野で10105F(特急)、西吾野で4001+4009F、芦ヶ久保で307Fと交換。

芦ヶ久保駅前には、道の駅がある。

新101系、301系は、ワンマン改造車を除き、30000系スマイルトレインに順次置き換えられるので、山岳区間を走る101系列もやがて見られなくなることになるし。

30000系は、来年4月に新宿線に2本、池袋線に1本入る予定だけど、8両固定編成で池袋・西武新宿口の普通列車にも使用されるので筆者も乗るチャンスがある。

あとは秩父の夜祭輸送等にも対応しているし。

横瀬に到着した後、イベント会場まで行きました。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-12-26 08:34 | 鉄道イベント