交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

<   2006年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

京王6000系の現状

京王6000系の編成

8両編成(都営線乗り入れ非対応) 6713、6714、6715、6717F

2両編成(都営線乗り入れ非対応) 6410、6411、6412、6413、6414、6415、6416、6417F うち6416、6417Fは、競馬場線でのワンマン運転対応。

4両編成(5ドア車、動物園線用ワンマン車、多摩動物公園ラッピング) 6722F

6両編成(5ドア車、相模原線用) 6721F

5両編成(5ドア車からの改造車) 6723、6724F

8両編成(都営線乗り入れ対応) 6734、6735、6736、6737、6738、6739、6740、6741、6742、6743、6744、6746、6748、6749F

2両編成(都営線乗り入れ対応) 6431、6432、6433、6434、6435、6436、6437、6438、6439、6440F

うち、6734、6735Fは、6434、6435Fと組んだ10両編成で使用されている。 6784、6785号車のATC装置は撤去されているので、8両編成の状態で都営線を走ることが出来ない。 こちらは、都営線直通の京王車の運用の完全10両編成化を前に、8+2編成に組成されていた。 6734、6735Fの都営線乗り入れは、8月31日まで平日の朝ラッシュ時に限定されていた。

8両固定編成は、6740~6744Fが、都営線直通仕様のままで導入。6740、6741Fは、1979(S54)年製。その他の編成は地下鉄乗り入れ非対応車から改造された編成であり、そのうちの6746、6748、6749Fの3編成は、今世紀に入ってから改造された編成で、6731、6732、6733Fの代替えとして導入されていた。 ATC装置はこれらの編成から流用。

当時は都営新宿線で旧ATC装置が導入されていたため、電磁波がネックでVVVF車の乗り入れが出来ず、6000系の地上線専用車からの転用が行われていたのである。

昨年5月14日に都営新宿線のATC装置がデジタルATCに更新されたことにより、VVVF車の乗り入れが解禁となり、今年3月15日から9000系の10両固定編成(9731F)が乗り入れるようになったのである。

6746F=6716F、6748F=6718F、6749F=6719Fから改造。

6742Fは、1988(S63)年、6743Fは、1989(H元)年、6744Fは、1990(H2)年製と比較的車齢が若いということで、今回の廃車対象にはならない。

2002(H14)年から2003(H15)年に掛けて廃車となった6731、6732、6733Fは、都営線乗り入れ対応車としては珍しい、先頭車分散型クーラーの車両となっていた。

京王6000系の分散型クーラー車は、2003(H15)年の6733Fの廃車をもって全廃となっていた。

2両編成の6438F=6420F 6439F=6419F 6440F=6418Fから改造。

6431~6435Fは、1981(S56)年に導入。 6436F~6440Fは、地下鉄乗り入れ用だけでなく、地上線用の予備車を兼ねている状態である。

10両固定編成化された6734、6735Fは、1977(S52)年製と最古参の状態となっている。

6000系の廃車解体は、1998(H10)年1月に廃車となった6704Fを皮切りに行われている。 やはり抵抗制御車だった初期型の6000系がエネルギー問題により優先的に廃車となり、9000系の導入を待たず、8000系に置き換えられていたのである。 こちらは、中央・総武緩行線で、老朽化した103系の緊急取り替え用として209系500番台が、E231系の導入までの繋ぎとして導入されていたことに似ている。

2002(H14)年1月に廃車となった6712Fのうち、デハ6012号車のほうは、京王で最後の日立製の営業用京王車となっていた。

現在京王の電車は、東急車輌と日本車輌の2社のみで製造されているため、日立製作所での取引は無い。

2004(H16)年には、9708Fの導入により、6457F(3連)と6707F(5連)が運用離脱され、6457Fのうちのデハ6407、6457号車、6707Fのうちのデハ6107号車が事業用車である601F(デワ601+デワ621+デワ631号車)に改造。 デワ601号車の前頭部はクハ6707号車から流用。 この改造の対象外となった5両は廃車解体されていた。

6707Fは、京王6000系で最後の3連車となっていたけど、この編成の全廃により、かつての5+3の8両編成の分割・併合特急の面影が残らなくなった。 5両編成のほうは、5ドア車から改造された6723、6724Fが残っている。 

この玉突きにより、5000系で最後まで残っていたデワ5125Fの3両が廃車・解体されていたのである。 2004(H16)年11月14日には、若葉台の車両基地で、最後のお披露目撮影会が行われていた。森敏英さんは、1996(H8)年12月1日の京王5000系のさよなら撮影会に参加出来なかった状態だったので、このデワ5125Fの撮影会時にリベンジを図ることが出来たのである。

京王本線から営業用の5000系が消えてから今年12月で10年を迎えることになる。

大月と河口湖を結ぶ富士急行線は、元京王5000系が走る路線で都心から一番近いので気軽に乗りに行ける状態である。

今年度中に9000系の10両固定編成3編成(9733、9734、9735F)の導入が予定されているので、6000系に動きが見られることが予想されます。

昨年度は9000系が10両2編成導入されたけど、これに伴う6000系の廃車は発生しなかった。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-31 10:33 | 鉄道車両・路線
9月1日に京王線、都営新宿線のダイヤ改正が行われ、次のように変化します。

平日の朝は、笹塚駅および明大前駅での停車時間の見直され、笹塚での都営線直通の通勤快速からの接続電車が、急行新宿行きから各駅停車新宿行きに変更。

平日の夕方・夜間は、新宿17時以降(22:40発まで)の特急の準特急への変更。 北野で各駅停車高尾山口行きに接続。 その逆も準特急となり、北野で高尾線の各駅停車から接続。

土曜・休日の朝は、都営新宿線から高尾山口への直通急行列車の増発。 本八幡 7:20発→新線新宿 7:50発→高尾山口 8:48着。 既存の本八幡 7:00発→新線新宿 7:30発→高尾山口 8:29(改正前は8:22)着と合わせて2往復となるけど、同時に京王車(6000系)から都営車(10-000系または10-300系)に変更され、調布→高尾山口間で都営車が定期的に運転されるようになる。 どちらも都営線内も急行運転。

都営車による高尾山口への乗り入れは、元旦の初日の出臨時列車での実績があり、今年1月1日には、10-300系が高尾山口まで初乗り入れを果たしている。

あとは、本八幡 8:06発→新線新宿 8:47発→多摩動物公園 9:37着の直通急行も新設。 こちらは京王車が使用され、都営線内各駅停車、京王線内急行運転と、通称化け急となる。 

土曜・休日の日中、夕方、夜間は 特急京王八王子行きが準特急京王八王子行きに変更され、北野で各駅停車高尾山口行きに接続。 その逆も朝間を除き、特急が準特急化される。

既存の準特急高尾山口行きの運転形態が、新宿~北野間、準特急 北野~高尾山口間、各駅停車に変更され、高尾線各駅の運転間隔が10分間隔となる。 その逆も、北野まで各駅停車、北野から準特急に変更されることになる。

あとは、新宿7:30発高尾山口行きの特急も新設される。

土曜・休日の朝の高尾山口行きの急行も、高幡不動まで急行、高幡不動より先は各駅停車という運転となる。

特急の一部の準特急化により、北野駅および高尾線の利用客だけでなく、分倍河原駅やJR南武線への乗り換え客にも便利な状態となる。

4月~6月、9月~11月のシーズンダイヤが廃止され、土曜・休日ダイヤに一本化される。 これにより、京王八王子・高尾山口行きの分割・併合特急が6月25日の運転をもって廃止されてしまったのである。 
行楽シーズンの分割・併合特急は、前身の6000系の3+5の編成の時ならびに5000系時代から行われていた。 往年は高尾・陣馬というヘッドマークが付いていた。

この分割・併合列車は、ダイヤ改定発表前にひっそりと消えてしまったので、この列車を撮影していた人にとっては、良いときに撮影しておいて正解だったと思っているに違いないと思います。

やはり、京王八王子行きの特急の準特急化により、北野で高尾山口行きに接続するようになったので、その必要が無くなったと思われます。

都営線直通列車(急行、快速、通勤快速) 平日、土曜・休日共に、一部を除き、10両編成化される。 都営車のT運用は8両編成のまま残るけど、京王車のK運用が10両編成(6000系の8+2編成または9000
系の10両固定編成)に変更されることになる。 これまでは平日の朝ラッシュ時に限定されていた6000系の8+2の10両編成または9000系の10両固定編成も、都営線直通で頻繁に使用されることになる。

これまでは、本八幡~新宿、笹塚間の各停運用に、京王6000系が使用の列車が多数存在していたけど、今回の改正で、都営車のT運用に置き換えられ、都営線での各駅停車の運用に使用される京王6000系が見納めとなる。 やはり笹塚駅の引き上げ線2線のうちの1線の有効長が8両分しかないというのがネックとなっていたので。

今後は、都営線内各駅停車(新宿、笹塚発着)が都営車(10-000系または10-300系)、京王線直通急行または快速・通勤快速の大部分が京王車(6000系または9000系)となり、2001(H13)年3月27日のダイヤ改定以前の状態に戻ることになる。

あとは、平日の夕方および夜間に運転されている都営線からつつじヶ丘行きの列車も、都営車に統一されることになる。 こちらは以前八幡山行きとして運転されていたこともあった。

あとは都営線からの各駅停車桜上水行きもあるけど、こちらは都営車のみでの運転となっている。

従って、都営線内急行運転の列車は、土曜・休日に運転される本八幡発高尾山口行きの2本の直通列車を除き、すべて京王車の10両編成に統一されることになる。ということは、瑞江駅構内の急行通過線を走る都営車もほとんど見られなくなることになる。
岩本町駅の中線に到着する京王6000系も見納めとなり、1980(S55)年3月16日の直通運転開始当時の面影が残らなくなることになる。

急行運転開始当時は、外側で待避、急行列車が中線を通過していたけど、2000(H12)年12月12日の急行列車の森下駅停車化による改正で、中線で待避、外側を通過という体制に変更されていた。

都営線の急行通過駅から京王車に乗る機会も大幅に減ることになる。

都営新宿線の急行運転が開始された1997(H9)年12月24日当時は、平日の日中のみの運用で、新宿~本八幡間、都営10-000系が当たり前だった。

2001(H13)年3月27日のダイヤ改定で、京王線直通列車にシフトされ、京王車も都営線内の急行にも使用されるようになる。同時に土曜・休日にも運転されるようになる、運転時間帯も拡大されていた。 今回は、土曜・休日の高尾山口行き2本を除いて京王車に統一。 

平日の夕方には、都営線内各駅停車、京王線内急行、夜間には、都営線内各駅停車、新線新宿~調布間快速、調布~橋本間急行という化け急列車もある。

後者は3回種別が変わる状態となっているので、京成・都営・京急直通列車を思い出します。

都営車による直通列車の間合いとして、日中の京王相模原線内各駅停車でのアルバイト運用も登場すると思われます。

都営新宿線では、朝、夕方、夜間に列車の増発も行われることになる。 

都営新宿線での大規模なダイヤ改正は、2003(H15)年12月1日以来で、当時は、土曜・休日の急行運転の拡大、平日朝の本八幡発高尾山口行きの通勤快速の廃止、八幡山行き列車のつつじヶ丘への延長などが行われていた。

あとは、調布駅付近の地下化工事による所要時間の見直しも行われることになる。 調布駅が地下化されれば、上下式の駅(地下2階が下り線、地下3階が上り線)となり、平面交差が解消されることになる。この時に国領・布田駅も地下化 将来的には、地下急行線も増設されて複々線化されることになる。現在は、調布駅での相模原線の発着ホームは、1番線と3番線に限定されている。

現行ダイヤで、都営車による急行新線新宿行き(新線新宿から各駅停車本八幡行き)という列車があるけど、10-300系の場合は、急行新線新宿と表示されるけど、10-000系または10-300R系の場合、急行新宿と表示されるので、京王線(本線)新宿行きと誤解を招きやすい状態となっている。 今度の改正で京王車に統一されるためにそれが解消される。

土曜休日の新線新宿発の下り始発列車2本(新線新宿 4:59、5:20発)は、平日と同様に京王八王子行きから高尾山口行きに変更される。

新線新宿発の最終列車 0:52発桜上水行きは現行通り。 こちらは、京王八王子 23:30発、新線新宿0:34(土曜休日は0:33)着の最終普通列車で新線新宿に入る。その前は、橋本 23:20(土曜休日は23:21)発の新線新宿経由、都営新宿線直通岩本町行きもある。こちらは都営車による運用。 翌日には、岩本町 5:00発の507Tで新宿に行くことになる。

こちらの終電は、本線(京王線)新宿発よりも遅い状態である。

今回の改正では京王車の大島の車両基地への停泊も見られることになる。 

井の頭線では、日曜・祝日(休日)の深夜に、渋谷発吉祥寺行きの各駅停車が2本増発され、22:30~23:30の間の運転間隔が約10分間隔から約8分間隔に短縮される。

井の頭線は、現在主流となっている土曜・休日ダイヤではなく、現在でも平日ダイヤ、土曜ダイヤ、休日(日曜・祝日)ダイヤの3本となっている。なので土曜日に井の頭線に乗るときは注意が必要である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-30 10:54 | 鉄道車両・路線
池袋で立ち食いそばの昼食を取った後、湘南新宿ラインで大崎まで移動。ここからりんかい線で行かず、山手線で品川まで行き、ここで京浜東北線に乗り換えて行きました。

大井町での会場(東京総合車両センター夏休みフェア)に入った時、来年10月14日に開館予定の新生鉄道博物館で展示される予定の101系試作車(クモハ101-902(旧モハ90503)号車)が迎えてくれました。 昨年同様に、婦人子供専用車(現在の女性専用車のルーツ)の表示が付いていました。

行き先表示は、氷川。 氷川は、1944(S19)年7月1日の開業から、1971(S46)年2月1日に奥多摩駅に改称される間に使用されていた駅名である。昨年は東京競馬場前行きの表示が出ていたので、かつて下河原線が走っていた頃の名残がある。

来年のイベントの時には、整備されていると思われるので、このように展示されたのは今年で最後となる。

奥多摩駅がかつて氷川駅だったということを知らない人にとって謎の表示となっている。

この次には、中央線の201系や京浜東北線の209系500番台の入場風景を見ることが出来ました。 前者のほうは、今年暮れからE233系に順次置き換えられるので、関東ではやがて見られなくなることになる。

この時の209系500番台は、81編成(クハ209-517F)で、8月18日に乗った編成であった。やはり検査入場直前の状態となっていた。

車体上げ実演は、常磐緩行線・千代田線直通で使用されている203系が使用されていた。この時の編成は、マト64編成(クハ203-104F)となっており、8月19日に乗った編成だった。

この後、JRバス関東のブースに行き、塩原のボンネットバス、ネオプラン製の2階建てバスを見物しました。

ネオプラン製の2階建てバスは、メガライナーとの兄弟車で、ドリーム号に使用されている車両である。NEOPLANのロゴ入り。ナンバーは足立200か・347。D670-01502で、2001年度にドイツから輸入されていた。エンジンはベンツ製 同型の足立200か・346号車にはNEOPLANのロゴのほか、メルセデスベンツのマークも入っている。

このバスの見物は自由であったけど、夜行バスの快適性とは裏腹に車内は暑かったです 

昨年展示された三菱の2階建てバスでのエアロキングでもこのような状態となっていた。

このバスを降りた時に、奥野さんと黒岩さんと出会いました。

この後は、3人で相模線用の205系500番台による試乗電車に乗りました。

この時に使用された編成はR7編成(クハ205-507F)の4両編成でした。 507の番号で、7月23日をもってモーニング娘。を卒業した紺野あさ美ちゃんの誕生日である5月7日を思い出しました。 

この時には、営業運転では有り得ない、相模湖、四方津の表示が出ていました。 この車両のパンタグラフは、PS21型なので、実際に中央東線の狭小トンネル区間への乗り入れが出来ないのである。

昨年は、鶴見線の103系で最後まで残っていたT1編成が使用されていた。 

このような試乗列車は、大宮総合車両センターでの試乗列車とは異なり、気軽に乗れるのでいい感じです。

この列車に試乗した後、部品のコーナーを回り、車両展示コーナーに行きました。

この車両展示コーナーには、伊豆急の2100系リゾート21(2157F、黒船電車)、房総特急用E257系500番台(NB15編成、クハE257-515F)、配給車(クモル145-8F)、京葉線用205系(ケヨ7編成、クハ205-114F)が展示されていました。

あとは、101系から改造された黄色い事業用車も展示されていたけど、河口さんから聞いた話によると、10月に大宮まで輸送されて廃車となる予定となっている。

黒船電車には、グリーン車(ロイヤルボックス)を含め車内に立ち入ることが出来たけど、混雑していたので入ることが出来なかったです。 こちらは一昨年鎌倉総合車両センターでのイベントで入ったことがあるのでまあいいやと思っています。

それでも外観のみ撮影することが出来たからよかったけど。

E257系500番台=筆者が見た時には、ウィングエクスプレスの表示が出ていました。 ウィングエクスプレスは、183・189系によって大宮~成田空港間で運転されていたことがあったけど、2004(H16)年3月にNE’Xに統合されて廃止されているので、このE257系500番台によるウィングエクスプレスは幻となっている。183系のほうは、253系NE’Xと比べて車内設備に格差があり、英語による自動放送が無かったのでウィングエクスプレスの廃止は仕方なかったです。

E257系500番台ならNE’Xを補完する成田アクセス特急にも使えそうなんだけどね!

昨年のイベントでは、うぐいす色、オレンジ色、エメラルドグリーンの103系が展示されていたのであの頃が懐かしいです。筆者はこの後横浜BLITZで行われた東名阪握手サーキットというイベントで、モーニング娘。の久住小春・道重さゆみ・吉澤ひとみ各女史および7月23日をもって卒業した紺野あさ美女史と握手していたのである。

この横の展示スペースでは、今から10年前まで鶴見線の大川支線で使用されていたクモハ12型旧型電車、ナデ6141号車、展望客車マイテ59-11号車、クモニ13という旧型車両が展示されていました。 

これらの旧型車両のうち、マイテ59-11号車、ナデ6141号車は、新生鉄道博物館に行くことが決まっている。

奥野さんと黒岩さんは、1日中東京総合車両センターに専念していたので、伊豆急の黒船電車の車内も見学していたのである。

休憩用車両は、京葉線の205系(クハ205-114F)の一部となっていた。 ここでは、西武の2411Fと同様に車掌体験も行われていた。

その横には、E217系(Y-10編成、クハE217-10F)となっていた。 鎌倉車両センター所属のE217系は、F編成と呼ばれていたけど、鎌倉総合車両センターへの集中配置により、Y編成に変更されている。
側面の表示は安房鴨川の表示となっていたので、こちらも幻の表示となっていた。

この後、3人で会場を後にしたけど、回りにいたある子供が楽しかったと言っていたのでとてもよかったです。 

この後、奥野さんと別れ、黒岩さんと品川へ。筆者は山手線に乗り換えて目白まで帰りました。 黒岩さんは、品川から京急・都営浅草線・三田線経由で神保町まで行っていた。

この日は、長野~金沢間でリバイバル白山号が運転されていたけど、萩原さんや樋口さんは、その列車の追っ掛けに行っていたのである。 

樋口さんのほうは、萩原さんの友人で、昨年10月15日に筆者と初対面。当時は関西在住となっていたけど、現在は名古屋在住となっている。

樋口さんは、筆者と同様にモーニング娘。をはじめとするハロープロジェクト(特に高橋愛、石川梨華女史)のファンであり、筆者と気が合う状態となっている。 樋口さんも、ハロープロジェクトのファンクラブの会員で、ハロープロジェクト系のコンサートやイベントに行くこともある。

樋口さんも、筆者と同様にモーニング娘。をはじめとするハロプロメンバーと握手したことがあり、今年の7月には大阪の某所でのファンクラブイベントで、あややこと松浦亜弥女史と握手したと言っていたのである。筆者はハロープロジェクトのほとんどのメンバーと握手している状態で、現在のモーニング娘。のメンバーの中では新垣里沙女史が唯一握手していないメンバーとなっている。こちらは東京メトロ6000系の中で、6101Fが唯一小田急線に乗り入れることが出来ないことみたいな状態である。

8月27日にモーニング娘。を卒業した小川麻琴女史とも握手していないという状態だったけど。

このように、鉄道ファンでもあるハロプロファンも多い状態となっている。

今後のJR東日本の車両センターでのイベントは、9月9日に、小山総合車両センター(最寄り駅は宇都宮線小金井駅)でのイベントが予定されている。 こちらは前身の小山電車区の開設から40周年を迎えるという記念イベントとなっている。 昨年までこの時期には鎌倉総合車両センター(旧大船工場)でのイベントが行われていたけど、その閉鎖に伴い穴埋めイベントとなりそうな感じとなる。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-29 14:00 | 鉄道イベント

西武南入曽でのイベント

夏休み最後の土曜日である8月26日は、西武の南入曽車両基地「電車夏まつり」、JR東京総合車両センターでのイベントに行って来ました。

ルート 下落合~西武新宿~新所沢~南入曽車両基地~新所沢~所沢~石神井公園~池袋~大崎~品川~大井町~品川~目白

下落合駅から西武新宿までは、20000系の8両編成である20157Fに乗車。 これには、レンゲショウマのヘッドマークが付いていました。 レンゲショウマは、この時期に奥多摩の御岳山で見頃を迎えているので、そのPR電車となっている。 
20157Fは、2004(H16)年に導入された当時は池袋線所属だったけど、のちに新宿線所属となっている。折り返しは、普通拝島行きで1番線から発車。

西武新宿からは、南入曽行きの直通電車に乗車。この時に使用された編成は、同じ新宿線所属の20000系の8両編成である20152Fとなっていました。 この車両にはヘッドマークが付いていました。

この南入曽でのイベントは、昨年8月27日に行われていたけど、好評のために今年も行われていたのである。

一昨年(2004(H16)年)11月14日の埼玉県民の日には、南入曽車両基地見学ハイキングが行われていたことがあった。

行き先表示は、急行新所沢となっていたけど、駅の表示は、南入曽信号所と普段見ることの出来ない表示となっていました。

20152Fといえば、2001(H13)年2月25日に西武球場前駅構内で行われたトレインマークフェスティバルの時に休憩用車両として使用されていた編成であったことを思い出します。

西武新宿駅は、1952(S27)年3月25日に開業。 開業当時から2面3線という状態は変わっていないけど、1番線が上屋無し、板張りのホームとなっていた。

1977(S52)年には、新宿プリンスホテルおよび駅ビルPePeが開業し、25階建ての巨大なターミナル駅として生まれ変わっていたのである。 西武初の本格的な4ドア車である2000系が登場したのもこの時だった。

8時45分、西武新宿駅2番線から発車。新所沢までは一般客と一緒の状態でした。

沼袋では、先述の20157Fを追い抜いていた。 

田無では、3000系の3017Fによる急行列車の待避があり、絶好の撮影タイムとなっていました。 3017Fは、3000系の最終増備車として1987(S62)年に導入されていたので、小田急8000系と同期に製造された車両ということが分かります。西武3000系は、1983(S58)年から1987(S62)年に掛けて製造されていたので、小田急8000系の製造期間と似通っている。

西武の新2000系が導入された期間も、小田急1000系が導入された期間に準じているし。

西武3000系のほうは、2004(H16)年より、スカートの取り付け工事が行われており、新宿線所属の4編成は今年7月の3015Fを最後に完了。 池袋線所属では、3001、3005、3007Fが未設置のまま残っている。

1983(S58)年に東急車輌で製造された3編成(3001、3003、3005F)は、8両フルで導入されていたけど、1984(S59)年以降に西武所沢工場で製造された編成は、4両編成で先行落成し、狭山線で暫定運用。のちに追加の中間車4両導入の上で8両編成化されていた。

田無を出ると、各駅に停車。 小平では、20157Fと再び対面することが出来ました。

所沢からは、人が乗り込み混雑が増してきました。 新所沢に到着。 ここで、長時間停車。 1313Fの急行を待避した後に発車していました。

1313Fは、1311Fとともに新宿線所属の301系として活躍しており、8連運用では、3000系と共通運用となっている。導入されたのは、1984(S59)年で、101系列の最終増備車となっていた。3000系と併行して導入されていたし。
301系は3000系とは異なり、新101系の2両編成と組んで2+8の10両運転が可能となっている。

こちらも登場当時は池袋線所属となっていた。

新所沢を出た後、普段体験することの出来ない、車両基地への引き込み線の乗車体験を行うことが出来ました。 昨年はこのようなことが無かったので、今年で初登場となった。

行き先表示は、臨時となっていた。 この途中では、「ゆ」の広告がありました。ゆの広告とは、新所沢駅周辺にあるスーパー銭湯、所沢温泉「湯楽の里」のことであり、天然温泉となっている。 以前は、那須高原から温泉が輸送されていたけど、昨年から掘削された天然温泉となっている。

この湯楽の里へは、新所沢駅からバスに乗って行くことになる。「下富」バス停下車。

この区間では、2回以上停車していたので、同じ西武の武蔵丘でのイベントの直通電車の時を思い出しました。

仮設ホームの前では、洗車台を通過。

仮設ホームに到着した時、前からの降車となっていたので、後方の乗客は待たされていました。

ここを出れば、イベント会場。 特設改札に入りました。

まずは、休憩用車両である1249Fの車内に入りここで休憩。 この1249Fは、新宿線所属の新101系の4両編成である。行き先表示は、区間準急西武新宿、快速拝島となっていました。このように前後非対象の表示にすることが出来るのは、昔ながらの手回し式の表示ならではだと思います。 区間準急のほうは、池袋線にあったけど、新宿線には存在していないので幻の表示となっている。 こちらは種別表示と行き先表示が別々に変えられるので、イベントで有り得ない組み合わせの表示を披露することが出来る。

クハ1250号車の乗務員室には、鉄道模型(Nゲージ)やプラレールが展示されていました。

その奧には、2両編成の281Fがあり、運転室乗車体験で使用されていました。 こちらは前パンが特徴で、人気のある車両となっている。 行き先表示は、区間準急拝島・西武遊園地、快速急行本川越となっていた。 

さらにその奧には、新2000系の4両編成(2509F)が展示されており、運転室乗車体験のほか、西武新宿寄りの2両が、車内マナー展として公開されていました。 車内マナー展のほうは、出入りが自由となっていた。 表示は普通、玉川上水 

これらの編成では、運転室乗車体験のほか、お子様向けのぬり絵ヘッドマーク撮影が行われていた。 ここで、ちびっ子が書いた絵をHMに貼り付けてそれを撮影するということで人気のあるコーナーとなっていた。

屋内の電車で綱引きのコーナーでは、新101系の2両編成である283Fが使用されていた。 この時には、綱引き、うごくかな?のステッカーが貼り付けられていた。 反対側の表示は、通勤急行、西武新宿となっていた。

ピット内では、2000系の2両編成である2411F、新101系の4両編成である1253Fがそれぞれ展示されていました。

2411Fは、車掌体験用として使用されていた。LED式の行き先表示は快速急行本川越。

1253Fは、通勤快速本川越、通勤準急国分寺⇔一橋学園という表示で、ここでも幻の表示が披露されていた。 通勤快速は、池袋線にあるけど、新宿線には無い。

このような幻の表示を見ることが出来るということは、鉄道イベントならではです。

この後、鉄道車両撮影スペースに行き、西武鉄道の車両たちの並びを撮影しました。

この時には、新101系、2000系、新2000系、2000系未更新車(2033F)、6000系、101系ワンマン車(225F)、E31型事業用電気機関車、10000系NRAが展示されていた。

2033Fは、準急拝島行きに表示に加え、37Mの表示も入っていました。 準急拝島行きは、存在していないので、こちらも幻の表示となっていた。

37Mの表示は、地下鉄乗り入れを考慮して設けられた列車番号表示のある場所で、実際に使用されることは無かった。 37Mは、南入曽の南に因んだものだと思われます。

新101系も準急拝島行きの表示となっていたし。

101系ワンマン車(1225F)は、普段多摩湖線で活躍している編成であり、西武多摩川線を除いた新宿線系統で唯一見ることが出来る旧スタイルの101系となっている。

表示は、国分寺⇔東村山で、ワンマンの表示と合わせて幻の組み合わせとなっていた。

特急10000系は、武蔵丘でのイベントでおなじみの小さな旅号の表示となっていた。

6000系は、6101Fで、通勤快速、西武新宿の表示となっていた。

種別・行き先表示は時間によって替えられていたので、筆者が見た時間帯にはこのような表示となっていた。

1225Fには、時間帯によって、奥武蔵のHMが取り付けられていた。

ここでは、事業用車(マルチプルタイタンパー)、軌道自転車、軌陸車などの展示もあった。

この後、20000系の20152Fの臨時列車で新所沢まで行きました。 この列車は、入場口で配布されるワッペンが乗車証となっているので、これで新所沢までの乗車および南入曽→新所沢→南入曽間の1往復の乗車が可能となっていた。

この時には、特別イベントとして、洗車体験が行われていました。このように洗車作業を乗りながら体験出来るのは、鉄道イベントならではです。 

新所沢駅に到着後、無料送迎電車として折り返していました。 この無料送迎電車は、西武新宿発の1本、10時45分発のほか、洗車体験列車の折り返しの3本となっていた。

洗車体験列車の最終回の後は、西武新宿への直通臨時急行に化けていたのである。

新所沢駅からは、始発の国分寺行き(国分寺線直通)に乗車。 この列車は6両編成の2029Fとなっていた。

この時に、20152Fとの並びを見ることが出来ました。

所沢で下車し、07系の新線池袋行きで石神井公園まで行きました。 この時の編成は07-105Fで、10000系の導入に伴い、東西線に転用される予定の編成となっている。 

この07系は、有楽町線からの撤退と同時に、東武線や西武線でも乗れなくなることになる。

07-105F=この日は、東武線直通運用に入り、志木まで乗り入れていた。 有楽町線の列車のうち、西武線直通から東武線直通またはその逆にまたがって運用されるのは、メトロ車(S運用)のみとなっている。

07-105Fといえば、昨年春に東京メトロ1周年記念HMが付いていた編成でもあった。

ひばりヶ丘では、優等列車との待避が無かったので中線に入線。 

地下鉄13号線の池袋~渋谷間は、2008(H20)年6月に開業予定と発表されていた。 13号線の渋谷駅は、東急電鉄による管轄となる予定で、2012年に東急東横線の渋谷~代官山間が地下化される時まで、陸の孤島状態となる。

当初2007年度(2008年3月)の開業予定が3ヶ月遅れてしまったので、さらに延期されないことを願っています。

南北線のほうは、2000(H12)年9月26日に、開業延期を繰り返しながらようやく全線開業した路線となっている。

石神井公園では、急行池袋行きの待避のため、中線に入線。 ここで07系を撮影しました。

石神井公園駅では、将来2面4線の高架駅となる予定だけど、未だに工事が着工されていない状態である。 駅の南北を行き来するには踏切を渡らなければならないという問題がある。このため暫定的な自由通路を整備すべきだと思います。

石神井公園から池袋までは、昨年8月に導入された20000系の最終増備車である20108Fに乗車。 8両編成の20158Fは池袋線所属で20151Fと共通運用となっているけど、どちらもイベント列車で西武秩父線に乗り入れている。

20151Fのほうは、2000(H12)年の登場当時は新宿線所属となっていた。

東長崎駅では、2面4線に改良する工事が行われており、7月30日には、下りホームおよび下り線が移設されている。

東長崎の駅名は、九州の長崎駅と区別するために付けられたのである。

池袋駅に到着。 この駅は改良により、ドーム状の屋根となり、1、2番線が10両編成対応に改良されている。 

東京メトロ10000系は、9月1日から、有楽町線で営業運転開始され、9月30日には新木場で撮影会が行われることになる。

07系の東西線転用予定車の07-104、105、106Fは、8月31日または9月上旬頃に営業運転から離脱されることになる。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-29 10:36 | 鉄道イベント

静岡

富士駅に到着した後、この列車は西富士宮行きとして折り返していました。 ここからツーマン運転。 この時に、東海道線上りホームと同じ3番線に到着していました。

沼津方面からの直通列車の場合は、6番線(東海道線下りホーム)から発車する。

ここから静岡までは、113系のT16編成(クハ111-612F)の4両編成に乗車。 こちらは、ATS-P付きで、かつてJR東日本エリア(東京~熱海間、伊東線)および伊豆急行線に乗り入れていたことがあった。

JR東海の113系や115系には、国鉄時代から変わらない青色の座席、JNRマークの付いた扇風機が残っている。 123系にもJNRマーク付きの扇風機があった。 こちらも見納めとなる日が近い。

富士駅を出た後、富士川を渡り、その下流にある富士川駅へ。こちらは庵原郡富士川町にある。 東名道の富士川サービスエリアもここにあるし。

富士川駅は、1970(S45)年6月1日に改称されるまでの間、岩淵駅と呼ばれていたので、かつて岩淵村だったということを物語ることが出来る。

蒲原駅では、211系6000番台+313系3000番台+211系6000番台の6両編成によるサンドイッチ編成を見ることが出来ました。 こちらは、静岡発、御殿場線経由の国府津行きの2792Mで、静岡からの送り込み運用となっていた。 この時の編成は、G4(クモハ211-6004F)+V11(クモハ313-3011F)+G6(クモハ211-6006F)となっていた。

211系と313系の併結運転は、中京エリアで良く見る状態だけど、静岡エリアでは珍しい。

蒲原~由比間では、駿河湾に沿って走るけど、国道1号線、東名道と併走している状態である。 由比町は、桜エビが名産となっている。

由比駅では、特急ワイドビューふじかわ12号の通過待ちがありました。 こちらは3両のミニ編成で通過していった。 

由比と興津の間には、東名道の由比パーキングエリアがあるけど、上り線は売店がありけど、下り線は波打ち際にあるため、トイレのみとなっている。 ここからは海の眺めのほか、富士山の眺めも楽しめる絶景スポットとなっている。

興津駅、清水駅は、現在静岡市清水区となっているけど、以前は清水市と呼ばれていた。 こちらは2003(H15)年4月1日に静岡市に合併され、その2年後の2005(H17)年4月1日には、静岡市が政令指定都市となり、静岡市葵区、駿河区、清水区の3つの行政区で構成されるようになった。 今年3月31日には、庵原郡蒲原町が静岡市清水区に編入され、飛び地となったのである。 

静岡市の葵区のほうは、安倍川や大井川の上流と言った山奥のエリアもカバーされている。

今年4月1日には、大阪府堺市が政令指定都市となり、堺区、中区、東区、西区、南区、北区、美原区の7つの行政区が誕生していたのである。

興津駅と清水駅の間には、1926(T15)年7月から1963(S38)年までの海水浴シーズンのみ、袖師駅という臨時駅が開設されていたことがあった。この駅には、海水浴場があったけど、水質汚染の影響により閉鎖されている。 

清水駅からは、1984(S59)年3月31日まで、清水港線という路線が出ており、ホームのはずれから発車していた。 

この路線は、1972(S47)年から1984(S59)年に廃止されるまで、たったの1往復のみの運転となっていた。下りの三保行きは朝、上りの清水行きは夕方のみの設定となっていた。

清水~ (貨)清水港駅~清水埠頭~巴川口~折戸~三保

三保駅跡の周辺には、有名な三保の松原がある。

清水区(旧清水市)は、Jリーグ、清水エスパルスの本拠地で有名であり、その本拠地は日本平スタジアムとなっている。 

あとは、ちびまる子ちゃんで有名の漫画家であるさくらももこの出身地としても有名であり、ちびまる子ちゃんのほうは、1990(H2)年にTVアニメ化されてからはブームとなっていた。 1992(H4)年9月に一旦TV放送が終了し、1995(H7)年に復活している。

このちびまる子ちゃんのほうは、フジテレビ系で日曜日の夕方6時から放送されている。

今年4月18日には、実写ドラマ化されたということで有名となった。

清水駅を出ると、一部区間で静岡鉄道静岡清水線と併走しました。 こちらは全線複線区間で、東急7200系みたいな雰囲気の2両編成のワンマン電車(1000系)が活躍している。

静岡清水線の路線 新静岡~日吉町~音羽町~春日町~柚木~長沼~古庄~県総合運動場前~県立美術館前~草薙~御門台~狐ヶ崎~桜橋~入江岡~新清水

新静岡駅は、静岡駅の北側にあり、駿府公園の近くとなっている。 

長沼駅は、車両基地のある駅で、東静岡駅まで歩いて行ける。

新清水駅から清水駅まではバスによる連絡となっているけど、商店街を通って歩いていくことが出来ます。

この路線では、急行も運転されていたけど、1996(H8)年4月1日に廃止されている。

今回は乗ることが出来なかったけど、2002(H14)年4月6日に乗ったことがある。

この路線は、静岡市と清水市を結ぶ路線となっていたけど、2003(H15)年4月1日に清水市が静岡市と合併されたことにより、全線静岡市を走る路線となった。 西側は葵区、東側は清水区となっているけど、県総合運動場前駅が、唯一駿河区にある駅となっている。

東静岡駅は、静岡貨物駅に隣接する駅として、1998(H10)年10月30日に新設された駅となっている。

静岡鉄道では、以前静岡市内線、清水市内線、駿遠線、秋葉線という路線も出ていたことがあった。

静岡市内線は、静岡駅前~新静岡~安西間 1962(S37)年9月15日廃止

清水市内線は、港町~新清水駅~清水駅前~袖師~横砂間 1974(S49)年7月7日、七夕台風の被害により西久保~横砂間が休止、1975(S50)年3月22日全線廃止

駿遠線は、駿河岡部~大手~新藤枝~大井川~地頭方~堀野新田~新三俣~袋井間 1970(S45)年8月1日全線廃止

秋葉線は、新袋井~可睡口~山梨~遠州森町間、可睡口~可睡間 1962(S37)年9月20日全線廃止となっていた。新袋井電停は、袋井駅前にあった。

秋葉線のほうは、森町出身の「森の石松」に因み、石松電車と呼ばれていた。

駿遠線は、軽便鉄道、静岡市内・清水市内・秋葉線は、路面電車となっていた。

ここを出ると、静岡車両区が見えてきました。

静岡駅は、1979(S54)年10月12日に高架化されており、在来線のホームから新幹線ホームを見ることが出来る。

この列車は静岡に到着した後、回送列車となっていました。

この後、島田行きの電車で、113系の併合シーンを見ることが出来ました。 このシーンも313系の導入によりやがて見納めとなる。

静岡駅前には、松坂屋、伊勢丹デパートがあるけど、今年3月31日までは、西武百貨店もあった。同日には富山西武も閉鎖されていた。 静岡西武の跡地には、来年春開店予定で静岡パルコ(仮称)が出来る予定。

静岡から東京までは、373系の9両編成による338Mの普通列車に乗って帰りました。この列車は東京~大垣間の夜行快速ムーンライトながら号の送り込み運用となっており、東京~静岡間で唯一の直通普通列車となっている。その逆の運用は、東京5:20発の321Mとなっている。

この時の編成は、F1+F14+F3編成で、そのうちのF1、F3編成は、1995(H7)年10月に特急ふじかわ号でデビューした編成となっていました。

この前に発車した熱海行きの1468Mは、113系の4+3の7両編成となっているけど、これにはクモハ113-2006号車も含まれていました。 2006といえば、今年の西暦記号である。

この373系は、1996(H8)年3月16日の改正で、東京~静岡間の特急東海、豊橋~飯田間の特急伊那路、東京~大垣間の夜行快速ムーンライトながら号、中京エリアのホームライナーにも進出。 当時は、ふじかわ系統と東海系統が別の運用となっていたけど、現在はすべて共通運用化されている。 同時にATS-P装置がF1~F3編成にも新設されていた。

ふじかわ号でデビューしたF4、F5編成は、東京への乗り入れを見据えてATS-P付きで導入されていたので、普段はふじかわ系統、予備で東海系統で使用されていた。

F6~F14編成は、東海号の系統から営業運転入りしていた。

373系は、Mc車とT車の車端部にセミコンパートメント席(4人用)があるけど、321M、366Mでは、自由席扱いとなっていた。 Tc車には、車椅子対応の洋式トイレ、男子用小トイレ、車椅子スペース、カード式列車電話があるけど、やはり携帯電話の普及により、使用頻度の低い状態となっている。 この列車に自動販売機が無いという不満がある。

東京~静岡間の特急東海号は、1日2往復で、新幹線の通らない大船、平塚エリアから静岡エリアを結ぶ特急となっている。 あとは、東京~熱海間で、特急踊り子号との補完的役割も担っている状態である。こちらは、373系による6両編成のモノクラスとなっている。165系時代はグリーン車もあった。

富士駅で、寝台特急はやぶさ・富士号(熊本・大分行き)と顔を合わせました。 富士駅で373系から富士号を見たということは偶然だと思います。

沼津~三島間では、あさぎり号の371系によるホームライナー静岡3号を見ました。 こちらはあさぎり7号で沼津に到着した後、三島まで回送され、ここから平日は浜松までのホームライナー浜松5号で、土曜・休日は静岡までのホームライナー浜松3号で折り返されることになっている。 ホームライナー浜松3号は、浜松到着後、ホームライナー静岡4号で静岡まで行き、ここで入庫する。

あさぎり2号の前は、静岡発沼津行きのホームライナー2号で送り込まれることになっている。

371系が運休の日は、小田急20000系RSE車ではなく、373系によって代走となる。

熱海駅周辺では、海上花火大会が行われており、その車窓から花火を見ることが出来てよかったです。 

熱海駅では、E257系のM105編成の回送列車を見ることが出来たので、JR東海エリアからJR東日本エリアに戻ってきたと同時に再会したことになりました。

このM105編成は、この日に甲府で見た編成で、かいじ107号として到着、甲府の車両基地に入庫し、甲府から折り返しかいじ116号として新宿に行き、ここからライナーの運休のスジを利用して小田原へ。小田原から熱海まで回送され、その後、湯河原の停泊されることになっている。その翌日には、湯河原から小田原まで回送。 小田原→品川間(4号)および東京→小田原間(1号)の湘南ライナーの運用に入っていた。

ここからはJR東日本エリアに入り、グリーン車付きの編成211系、E217系、E231系に挟まれながら走っていました。

小田原を出ると貨物線と併走したけど、貨物列車が頻繁に行き来していた状態でした。

この366Mは、国府津~二宮間などで、時速120Km/hをマークしていました。

2ドアで特急用の車両が使用されているということで快適性は抜群だけど、その快適性とは裏腹に、編成が短く、ドア数が少ないということで混雑が激しくなるという問題が生じている。

東京駅に到着した後、神田寄りの留置線に引き上げられ、ムーンライトながら号として折り返されていました。

大垣行きのムーンライトながら号は、前の6両が大垣行き、後ろの3両が名古屋止まりとなってろい、東京→小田原間は全車指定席、小田原→名古屋間は中央の3両および後ろの3両が自由席となり、名古屋→大垣間は6両編成で全車自由席となる。

東京行きの場合は、大垣から東京まで9両運転で、熱海までが全車指定席、熱海より先が4~9号車が自由席となる

ムーンライトながら号の折り返し間合い=前の3両は、大垣到着後、折り返しまで大垣車両区にて待機

真ん中の3両は、大垣到着後、ホームライナー豊橋4号(土休日はホームライナー大垣34号)で、豊橋へ。 土休日のホームライナー大垣34号の場合は名古屋→豊橋間回送。豊橋到着後、特急伊那路3、4号で、豊橋~飯田間1往復。 豊橋からは、後部に伊那路1、2号運用編成が連結され、6両編成のホームライナー豊橋1号で、名古屋へ。名古屋から大垣までは、ホームライナー大垣1号(土休日は大垣3号)で大垣まで行き、ここから後ろに3両増結されて、ムーンライトながら号で東京へ。

後ろの3両は、名古屋で切り離された後、ホームライナー豊橋2号で豊橋へ。 豊橋到着後、特急伊那路1、2号で、豊橋~飯田間1往復。 ここからは、前述の3両増結の上で、ライナー運用で名古屋経由で大垣まで行き、ここからムーンライトながら号で東京へ。

この338Mの後ろと中央部の車両(この日はF1+F14編成)は、338Mの運用にに入る前、6両編成で32M・33Mの特急ワイドビュー東海号(2号、3号)の運用に入っていた。 前の3両(F3編成)は、この日の東海1号の後ろ、前日の321Mの中央、東海4号の前に連結されていた。 東海号が4号で到着した後、田町車両センターで停泊し、翌日1号で静岡まで行くことになる。

このムーンライトながら号は、18きっぷのシーズンを中心に、チケットが取りづらい状態が続いているので、この期間には、183・189系の10両編成によるムーンライトながら91、92号が運転される。 こちらは2003(H15)年の夏に登場し、全区間指定席となっている。 それ以前は、165系などが使用された臨時の大垣夜行が運転され、自由席で気軽に乗れていたのに、それが廃止されたのが残念である。

ムーンライトながら号のほうは、繁忙期のみ12両で運転されることを望んでいます。 車両数に余裕があれば、それが可能となっていた。

東京では、寝台急行銀河号を見ました。こちらは東京~大阪間を結ぶ列車となっているけど、今後の動向が気になります。この寝台急行銀河号は、JR西日本保有の24系25型客車による8両編成(閑散期は6両編成)+EF65牽引で、1号車がA寝台、その他がB寝台となっている。

こちらは最終の新幹線よりも遅い時間に東京を出て、始発よりも早い時間に大阪に着けるというメリットがあるけど、夜行高速バスや航空機の路線の充実および運賃の引き下げなどによって苦戦を強いられている状態である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-28 15:41 | 鉄道乗車記

身延線

甲府からは、313系3000番台の2両編成のワンマン列車で、身延まで行きました。 この時に乗った編成は、V4編成(クモハ313-3004F)でした。

身延線で運転されている313系3000番台は、115系2000番台の3両編成と同様に、御殿場線と共通運用となっている。

現在313系3000番台は、今年に入ってから増備が行われており、早期落成のV13編成(クモハ115-3101F)、V14編成(クモハ115-3102F)が静岡車両区に配置されている。こちらは新製時から2パンタとなっているけど、既存の3000番台も順次2パンタ化改造されることになる。

これにより、123系、115系2000番台に動きが見られることになる。

この313系の増備車のほうは、700系新幹線で採用されているセミアクティブダンパや車体間ダンパが採用されているのが特徴で、トイレは電動車椅子対応の幅広タイプとなっている。行き先表示は、フルカラー式LEDが採用されている。 JR東海ではこれまで幕式表示が使われていたけど、LED化の波により、LED化されていたのである。 来年夏登場予定のN700系新幹線もLED式の表示となっている。

身延線の前身は富士身延鉄道で、1912(M45)年に鈴川(現、吉原)と大宮(現、富士宮)を結んでいた富士馬車鉄道が買収されていた。 以後、1915(T4)年3月1日に、大宮町~芝川間が開通。
1918(T7)年8月10日には、芝川~十島間が、同年10月8日に十島~内船南部(現・内船)間がそれぞれ開通。
翌年の1919(T8)年4月8日に内船南部~甲斐大島間が開通。
1920(T10)年5月18日に 甲斐大島~身延間が開通。

1927(S2)年6月20日には、全線が電化。同年12月17日に身延~市川大門間が開通。 

1928(S3)年3月30日に市川大門~甲府間が開通したことにより全通。

1941(S16)年5月1日に国有化され、国鉄身延線となる。1987(S62)年4月1日には、現在のJR東海の路線となった。

甲府駅は、身延線部分を含めてJR東日本の管理となっているけど、中央線の線路と繋がっていない状態となっている。 

1962(S37)年6月まで、甲府駅前から甲斐青柳(南巨摩郡増穂町)まで、山梨交通電車線という路線が出ていたこともあり、甲府駅前~荒川橋間は併用軌道で運転されていた。 この路線の愛称は「ボロ電」だった。最終運行は、1962(S37)年6月3日で、廃止されたのは同年7月1日。

廃線当時の路線 甲府駅前~警察署前~相生町~ 泉町~ 第二高校前~ 寿町~荒川橋~ 上石田~ 貢川(くがわ)~ 徳行(とくぎょう)~ 榎駅~ 玉幡~ 農林高校前~今諏訪~ 西野~ 在家塚~甲斐飯野~倉庫町~ 桃園~ 巨摩高校前~小笠原~ 小笠原下町~甲斐大井~古市場~荊沢(ばらざわ)~長沢新町~長沢~甲斐青柳

甲府駅前駅は、甲府駅の南口の現在の山交百貨店の部分にあった。車庫は貢川駅構内にあり、廃線後は、山梨交通のバスの営業所として使用されていた。現在その跡地には、コジマがある。廃止後は、ダイエーの貢川店(現在は閉店)に継承されていた。

長沢新町付近では、当時天井川だった利根川をくぐっていたのである。

1986(S61)年4月まで江ノ電で走っていた800系(801+802号車)は、1948(S23)年の登場当時は、この山梨交通電車線で走っていたことがあった。当時はモハ7号+モハ8号と呼ばれていた。 製造メーカーは汽車会社(現在は川崎重工業に吸収合併されている)。 山梨交通線の廃線後、上田丸子電鉄(現、上田電鉄)に移り、2341、2342号として使用されていた。丸子線が廃止された1971(S46)年に江ノ電に移り、1986(S61)年に廃車されるまで活躍していたのである。 そのうちの801号車は、沿線の利根川公園(南巨摩郡増穂町小林)で静態保存されている。802号車のほうは、静岡県裾野市十里木高原別荘地内で保存されているけど、こちらは個人所有となっている。

山梨交通のほうは現在、国際興業グループのバス会社となっており、高速バスおよび路線バスのカラーリングが親会社の国際興業バスに準じている。 

甲府駅を出ると、善光寺駅手前までJR中央本線と併走。 その中間には金手駅という無人駅があるけど、身延線列車のみの停車となっている。 

善光寺駅も、JR中央線の列車から見ることが出来る。こちらも1面1線の無人駅。

この付近では、甲府発石和経由の新宿行きの高速バス(富士急平和観光)を見ることが出来ました。 やはりこの時期は中央道が渋滞することを覚悟しなければならない。 富士急平和観光の車両は、西工+UD車が使用されている。 新宿と岡谷、駒ヶ根を結ぶフジエクスプレスの高速用車も同型の車両が使用されているけど。この日は甲府駅前で、京王の高速バスも見ることが出来たけど、こちらは2000年式の日野セレガRだった。

新宿と甲府を結ぶ高速バスは、京王バス東、富士急平和観光、山梨交通による3社で運転されているけど、便により、石和経由、甲府南経由に分かれている。 そのほとんどが石和経由。 筆者は以前京王バスで甲府から新宿まで乗って帰ったことがある。

京王では、今年度に新車(三菱ふそうエアロクイーン)が導入されていた。 こちらは、三菱ふそう車のリコール隠し等の問題の解決により三菱車の導入が、2003(H15)年以来3年ぶりに再開されていたのである。 京王では、新型日野セレガの導入も期待されていると言われている。

南甲府駅は、最初の交換駅で、115系2000番台(B1編成、クモハ115-2001F)との交換が行われていました。 この駅は、かつて富士身延鉄道の本社があった駅であり、その駅舎は本社として使用されていた。ここには留置線もある。

甲府~鰍沢口間は、甲府盆地を走る区間で、区間列車も多数運転されている。

小井川、東花輪駅のある中央市は、今年2月20日、中巨摩郡玉穂町・田富町と東八代郡豊富村が対等合併して誕生した新しい市である。その名の通り、山梨県および甲府盆地の中央に位置している。

鰍沢口を出ると、列車の本数が少ない閑散区間に入り、緑が濃くなってきました。 甲斐岩間でも、115系の2000番台との交換が行われていました。 こちらはB12編成(クモハ115-2012F)で、富士発甲府行きの全線通しの運用となっていた。

下部温泉駅付近にある下部温泉は、武田信玄の隠し湯と呼ばれている。現在の下部温泉駅に改称されたのは、1991(H3)年12月14日。これまでは下部駅と呼ばれていた。同じ日に、同じJR東海の飯田線の湯谷駅(愛知県新城市(旧南設楽郡鳳来町))が、湯谷温泉駅に改称されていた。

この周辺は以前下部町となっていたけど、2004(H16)年9月13日に身延町と合併され、身延町の一部となった。

周辺にある下部ホテルでは、今年8月1日に温泉浴場を中心に改装されていた。

この下部ホテルは、名優故・石原裕次郎氏が、1961(S36)年に、長野県の志賀高原でスキー中、粉砕複雑骨折(右足首を骨折)する事故に遭った時、下部ホテルで温泉療法が行われていたことがあった。 こちらでは、石原裕次郎氏ゆかりの宿として有名であり、裕次郎ギャラリーもある。 和風館の裕林亭「裕林の間」のほうは、石原裕次郎氏によって名付けられていた。 
この辺りで採れる富士ミネラルウォーターも有名である。 

波高島駅では、373系による特急ワイドビューふじかわ9号との交換がありました。

特急ふじかわ号は、1964(S39)年3月20日、前身の準急富士川号として登場。当時は富士~甲府間の運転だった。 1968(S43)年10月1日(ヨンサントオの大改正の時)、急行列車となり、静岡~富士~甲府間の運用となる。 
1995(H7)年10月1日には、現在の特急ふじかわ号となり、165系から373系に置き換えられていた。 

この列車は、静岡、中京、関西方面から山梨方面へと結ぶ役割を果たしている。この列車は富士宮~鰍沢口間の山岳区間では、最高速度が50Km/hに抑えられている。

波高島駅からは、富士川の流れにそって走りました。

富士川は、駿河湾から山梨県北杜市の鋸岳(山梨県、長野県境)まで流れている川で、支流の笛吹川との合流地点からは、釜無川となる。 その支流は、笛吹川、早川、芝川となっている。

この富士川は、最上川(山形県)、球磨川(熊本県)と同様に、日本三大急流の一つとなっている。

身延駅に到着。ここで、身延発富士行きの123系による2両編成のワンマン電車に乗り換えました。 

身延駅は、日蓮宗の総本山である身延山・久遠寺への最寄り駅で、駅前からバスで行くことになる。 久遠寺は、しだれ桜の名所として有名で、シーズンには賑わうことになる。 

久遠寺から身延山奥之院までは、身延山ロープウェイが出ている。

身延山および身延駅へは、新宿西口高速バスターミナルから直通の高速バスが1日3往復運転されている。 登場当時は山梨交通による単独運行となっていたけど、増便されたと同時に京王バス東も参入し、2社体制となっていた。 こちらは身延山を経由した後、身延駅に行くことになる。

この時の123系は、W5(クモハ123-5145号車)+W6(クモハ123-601号車)による2両編成となっており、沼津発身延行きの列車で身延入りしていた。このため沼津~富士間でも123系が活躍するところも見られることになる。 この日萩原さんが沼津駅でそれを見たと言っていた。なので同じ編成を見たということとなる。

身延線の123系は、ポニーと呼ばれている。

クモハ123-5041~5044、5145号車は、1987(S62)年に、かつての荷物電車であるクモユニ147-1~5号車から改造されており、2ドア車となっている。 そのうちの5145号車のほうは、改造と同時に貫通ドアの取り付け工事も行われていた。

クモハ123-601、602号車は、クモヤ145-601、602号車から改造。こちらは3ドア車となっている。

どちらもオールロングシートでトイレ無しである。

クモユニ147型は、1982(S57)年に、101系電車から改造された郵便荷物合造車として登場。 当時は飯田線に配置され、登場当時の119系と同様に青色に白帯の姿で活躍し、119系と併結運転されていた。1985(S60)年に飯田線で荷物電車が廃止された時に、大垣区に転属され、東海道線を中心に活躍していたけど、翌年の1986(S61)年に鉄道による郵便・荷物輸送が廃止されたことにより、翌年の1987(S62)年1月に123系電車に改造されて身延線で活躍するようになった。

クモヤ145型は、1983(S58)年から1984(S59)年にかけて、101系から改造された牽引用の電動車として登場。 そのうちの601号車と602号車が、1988(S63)年に123系600番台に改造されていた。 

W5編成は、1962(S37)年、101系のモハ100-132号車として落成。 1983(S58)年、広島工場でクモユニ147-5号車に改造。 1987(S62)年には、浜松工場で一般車改造され、クモハ123-45号車に。 1989(H元)年には、冷房改造され、クモハ123-5045号車に。翌年の1990(H2)年には、貫通扉の取り付けにより、クモハ123-5145号車となる。

主電動機は、101系から流用されたMT46が使用されていたけど、2000(H12)年には113系や115系等で使用されているMT54に交換されている。

W6編成は、1961(S36)年に、101系のモハ100-806号車として落成。 1983(S58)年に広島工場でクモヤ145-601号車に改造。 1988(S63)年に浜松工場で一般車改造され、クモハ123-601号車に。1990(H2)年に冷房改造されて現在に至る。

こちらはクモヤ145から改造されたということで、2パンタとなっている。

貫通ドア無しのW1~4編成は、富士~西富士宮間の区間運用が中心となっている。

W5+W6編成は、沼津から富士経由、4229Mで、身延入りし、身延発富士行きの3578G(ワンマン運転)で折り返されていた。 313系3000番台の登場までは、甲府までの乗り入れもあったけど、現在は身延までの乗り入れとなっている。

富士~西富士宮間のワンマン運転開始は、1990(H2)年3月10日のことで、やはり123系に限定されていた。
1999(H11)年12月4日、御殿場線の一部列車と同様に、313系使用列車(全線運用)にもワンマン運転が拡大されていた。

この123系は、313系3000番台によって置き換えられる可能性が高いので、撮影する人が多かったです。

以前も身延乗り継ぎで123系に乗ったことがあるので、この列車に目を付けていたのである。

身延を出た後も、富士川の流れに沿って走る緑の濃い区間となっていた。 十島を出ると、山梨県から静岡県に入りました。

身延線では、富士身延鉄道時代に建設された低いトンネルがあるため、中央東線と同様に、乗り入れ車両が限定されている。 115系の場合は、2000番台に限定されている。 乗り入れることは無いけど、特急あさぎり号で使用されている371系やJR東海になってから製造された211系5000番台、6000番台も、身延線乗り入れ対応となっている。

沼久保を出ると、山岳区間が終わり、平坦区間に入りました。 こちらは、西武池袋・秩父線で言えば、高麗を過ぎた辺りに相当します。

西富士宮では、始発の313系の2両編成(車掌乗務、ツーマン運転のM運用)が止まっていました。 富士宮を出ると複線区間に入り、列車の本数が多くなりました。 

富士宮駅からバスに乗れば、有名な白糸の滝まで行くことが出来る。 白糸の滝は、富士宮市にあり、国の名勝、天然記念物、日本の滝百選に認定されている。

駅周辺には、富士山本宮浅間大社がある。 富士宮といえば、富士宮焼きそばも有名となっている。

1938(S13)年まで、停車場(現在の富士宮駅前)から上井出まで、富士軌道という馬車鉄道が出ていたことがあった。

当時の路線 停車場~本社~浅間~三軒家~万野~十石~ 山宮~蒲沢~本門寺~峰~堀久保~ 大久保~二軒家~中井出~上井出

開業したのは、1909(M42)年11月25日、停車場~上井出間 1914(T3)年、上井出~人穴間。 上井出~人穴間は客扱いが無かった。

竪堀~富士間は、高架区間であり、竪堀、柚木駅が高架駅となっている。 高架化されたのは、1969(S44)年9月28日のことで、柚木駅は高架化および線路移設までの間、本市場駅となっていた。

富士市は、製紙で有名な街で、王子製紙、日本製紙の工場がここにある。

あとは、かつて光GENJI(ジャニーズ系のグループ)で活躍していた歌手・俳優の諸星和己氏の出身地としても有名である。

(つづく)
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-25 12:22 | 鉄道乗車記

中央線、身延線1

この日は、山梨の別荘を出て、中央線、身延線に乗りました。

ルート 石和温泉~甲府~上諏訪~塩尻~岡谷~小淵沢~甲府~身延~富士~静岡~東京~目白

まずは、石和温泉駅まで徒歩で行く途中。マルスワイン(本坊酒造)の工場を見物しました。 ここで試飲も出来たのである。

この時は青春18きっぷの4回目を使用しました。

石和温泉では、甲府発新宿行きのかいじ106号を見ました。 この時の編成はM102編成で、昨日新宿から大月まで乗った時と同じ編成でした。 こちらは新宿到着後、あずさ17号に化けて松本まで帰ることになっている。前日は、かいじ119号を含めた3往復のかいじ号(かいじ102→101→110→109→118→119号)の運用に入っていた。

かいじ号が183系の6両編成のモノクラスだった頃は、松本からの送り込みおよび松本への送り返し運用であるあずさ号の1往復もモノクラスの6両だったこともあった。

こちらは東武東上線で池袋~成増間の区間列車で使用されていた編成が池袋到着後に準急または急行に化けて森林公園まで帰庫するということに似ています。

この後、新宿8時発のスーパーあずさ5号(松本行き)、E351系12両(S1+S21編成)が通過していきました。 前回(1月9日)に山梨に行った時は、甲府から上諏訪まであずさ3号(千葉発南小谷行き)に乗っていたのである。

石和温泉から甲府までは、信州色の115系(C8編成、クハ115-387F)に乗車。 こちらは言うまでもなく、かつて宇都宮・高崎線で走っていた115系である。

甲府から上諏訪までは、長野総合車両センターの115系の3両編成で移動。 この時に乗った編成は、N23編成(クモハ115-1564F)でした。

この長野総合車両センター所属の115系は、中央東線(甲府~塩尻間、岡谷~辰野間)、篠ノ井線(塩尻~松本~篠ノ井間)、大糸線(松本~南小谷間)、信越本線(篠ノ井~長野~柿崎間)、中央西線(塩尻~中津川間)、飯田線(辰野~飯田間)、しなの鉄道(小諸~篠ノ井間)で使用されているけど、かつては、碓氷峠を越えて高崎まで乗り入れていたこともあった。

この列車は夏山登山客らで賑わっていました。 特急スーパーあずさ号やあずさ号も、このように賑わっていたし。

このことで、水上および長岡へと向かう(上越線の)115系と同じような状態となりました。こちらも夏山登山客で賑わっているので。

甲府では、EF64-37、38号機の連番を見ることが出来ました。37号機は茶色塗装(茶ガマ)となっていた。

竜王では、恒例のタンク車の調査を行ったけど、この時に、タキ1000-230、225、34、31、248、18、477号車を見ることが出来ました。このことで、多喜千与三氏との情報交換で役に立っていると言われている。

竜王駅のある甲斐市は、2004(H16)年9月1日に、中巨摩郡竜王町、敷島町、北巨摩郡双葉町が合併して誕生した市である。

日野春駅では、特急はまかいじ号(横浜発横浜線経由松本行き)の通過待ちがありました。 この時に使用された編成は、B3編成(クハ185-305F)となっていました。

はまかいじ号は、横浜駅は、京浜東北・横浜線のホームである4番線から発車。 横浜~東神奈川間がATC区間であるため、ATC装置を持った3編成(B3、B4、B5編成)が限定運用されている。 2001(H13)年7月7日に上諏訪から松本まではまかいじ号に乗ったことがあるけど、この時に乗った編成は、B4編成(クハ185-307F)だった。

京浜東北線のデジタルATC化により、この列車の動向が気になります。 こちらは185系であるため、最高速度が110Km/hに抑えられている。

韮崎、穴山、長坂駅は、1973(S48)年5月に複線化されるまでの間、スイッチバック式の駅だったのである。

穴山~日野春間は、1971(S46)年9月28日に線路が2ヶ所付け替えられている。 

日野春、長坂、小淵沢駅のある北杜市は、2004(H16)年11月1日に、北巨摩郡の長坂町・高根町・大泉村、白州町・武川村、須玉町・明野村が合併して誕生。こちらも平成の大合併によって誕生した市となっている。かつて北巨摩郡だった町村のうち、双葉町だけは甲斐市となっていた。以後、小淵沢町だけが北巨摩郡として残されていたけど、今年3月15日に小淵沢町が北杜市に編入されたことにより、北巨摩郡が全廃となったのである。

サントリーから発売されている南アルプス天然水という商品が有名となっているけど、それは、北杜市の旧白州町部分が水源となっており、ここで取れた天然水が、白州工場でボトリングされて全国に出荷されている。サントリーウィスキーの白州蒸留所も隣接されており、天然水も使用されている。

サントリーウィスキーの蒸留所といえば、山崎蒸留所(大阪府三島郡島本町)が有名である。
 その横は、東海道本線(JR京都線)の撮影ポイントとなっている。

小淵沢を出ると長野県へ。 長野県の別称は信州と呼ばれているけど、やはり信州の名称は定着している状態である。

信濃境駅は、富士見町にある駅で、TBSのテレビドラマである「青い鳥」に出てきていた。それは、トヨエツこと豊川悦司氏が演ずる主人公が駅員を務めていたけど、「清澄駅」として撮影に使われていたのである。
駅舎内部などにはドラマの各場面の写真などが飾られている。

信濃境~富士見間は、1980(S55)年9月25日の複線化により、ルート変更された区間があり、以前は北側に位置していた。 同時に立場川の橋梁も移設されていた。 鉄道ファンの2005年1月号には、この旧橋梁を渡る183系の姿も出ていた。

その次の富士見駅は、中央本線で最も標高の高い場所にある駅であり標高955.2mとなっている。

この駅には、一駅一名物:「アララギ之里」歌碑の拓本があることで有名である。

この近くには、カゴメの工場があり、この周辺で栽培された新鮮なトマトが、トマトジュースに加工されている。

すずらんの里駅は、1985(S60)年10月31日、周辺に事業所のあるセイコーエプソンとの要請により開設された駅である。 

セイコーエプソンは、EPSONブランドのプリンターなどの情報関連機器や精密機器などを扱うメーカーとなっており、この本社は諏訪市にある。

そのプリンターのカラリオのCMは、かつて内田有紀女史やSPEED、優香女史、あややこと松浦亜弥女史やモーニング娘。によって宣伝されていたけど、現在は女優の長澤まさみ女史によって宣伝されている。

上諏訪駅に到着した後、駅構内にある足湯に入りました。 この時のお湯は熱かったです。

足湯の脇には、洗面台があり、お湯は温泉(飲用不可)、水は霧ヶ峰高原の水が使用されており、水のほうは飲むことが出来る。

この後、駅前の丸光デパートにある、温泉に初めて立ち寄りました。 こちらの温泉浴場は、改装されていたので綺麗な浴場となっていました。 女湯のほうは、諏訪湖を眺めることが出来るけど、男湯のほうは、窓の無い浴室となっていました。 改装されたことにより以前の暗いイメージが一掃されている。

ここでは、中に入らなかったけど、渡辺プロダクション50周年記念展が行われていました。

中央道の諏訪湖サービスエリアにも温泉浴場があるけど、入湯税の違いにより上下線で料金が異なっている。

諏訪湖周辺には、片倉館という千人風呂の温泉浴場があることでも有名である。

諏訪湖畔にも足湯があり、諏訪湖を眺めながら入ることも出来る。

諏訪湖からは、天竜川がJR飯田線に沿って流れており、その途中にある天竜峡が有名である。

天竜川は、遠州灘から諏訪湖に至る川で、その下流側には、東海道本線の天竜川駅がある。

上諏訪駅からは、霧ヶ峰方面へのバスが出ている。 

毎年8月15日には、諏訪湖祭湖上花火大会が、9月上旬には全国新作花火競技大会が行われることになっており、この時に賑わうことになる。

この時も201系が使用されたのである。こちらは、やがてE233系に受け継がれることになる。

本当は諏訪湖畔まで歩いて行こうと思っていたけど、暑いので止めておきました。

諏訪大社では、7年に1度、御柱祭が行われており、前回は2004(H16)年に行われていた。 次回は2010年に行われる予定となっている。

上諏訪から塩尻までは、N25編成(クモハ115-1001F)に乗車。 こちらは115系1000番台のトップナンバー車となっており、リニューアル化されている。

上諏訪駅を出た後、諏訪湖を眺めることが出来ました。 

岡谷駅を出ると、塩嶺トンネルに入り、ここを抜けた後に、みどり湖駅に到着しました。

このルートは、1983(S58)年7月5日に開業した新ルートで、これまでは辰野経由となっていた。 旧線のうち岡谷~辰野間は、飯田線からの直通列車がメインで、JR東海の119系が主に使用されている。

JR東海の119系は、1983(S58)年に旧型電車の置き換え用として登場。 こちらは101系の廃車発生品が使用されていた。 登場当時は水色に白帯となっていたけど、現在はJR東海オリジナルカラーとなっている。登場当時は非冷房で、垂れ流し式のトイレとなっていた。
現在は、循環式のトイレとなっている。1995(H7)年から1997(H9)年にかけて改造。

1988(S63)年にはMc車の一部が両運転台化され、豊橋~豊川間の区間運用を中心に使用されるようになった。

1986(S61)年から1988(S63)年までの2年間、2両8編成が冷房改造され、東海道本線の静岡エリア「するがシャトル」、専用塗装で使用されていたことがあったけど、加速度が113、115、211系よりも悪かったので、飯田線での運用に戻されていたのである。 集中型クーラーの0番台のほうは、かつてするがシャトルで走っていた車両ということで見分けることが出来る。

新製当時から飯田線に在籍している119系は、両運転台改造車やワンマン改造車を含め、インバータクーラー車の5000番台となっている。

飯田線のうち、2001(H13)年3月3日から、辰野~天竜峡間で一部がワンマン運転となっている。 この時に使用される編成は、5300番台のR編成に限定されている。 R編成のうち、R4編成(クモハ119-5324F)が土砂崩れの被害に遭い、廃車となった。 その穴埋めとして、旧E3編成(クモハ119-5005F)がワンマン改造されている。

こちらは、大垣車両区所属で、豊橋運輸区常駐となっている。交検時には、豊橋から大垣まで回送されることになっている。 2002(H14)年3月以前は静岡車両区の所属となっていた。

辰野~塩尻間は、1両編成のミニエコーことクモハ123-1号車による単行のワンマン運転列車が走る路線となっている。 検査時に使用出来ない時は、115系の2両編成による代走が行われることになる。筆者は以前これに乗ったことがある。

塩尻に到着した後、立ち食いそばの昼食を取りました。 やはり長野(信州)まで来たらそばを食べたいという状態なので。

この日は時間の関係で松本まで足を伸ばすことが出来なかったです。その途中の村井駅および南松本駅でタンク車の調査が可能となっていた。

塩尻から岡谷までは、快速みすず号で移動。 この列車はみどり湖駅は通過となっていた。編成は、N9編成(クモハ115-1079F)、こちらはそのまま岡谷、辰野経由で飯田線の天竜峡まで行くはずだったけど、車両故障により、岡谷で運転が打ち切られていた。 

岡谷からは、JR東海の119系(クモハ119-5108号車+クモハ119-10Fによる3両編成)にバトンタッチされていました。 こちらは臨時に0番線から発車していた。

クモハ119-10Fのほうは、かつてするがシャトルで走っていた編成となっていた。

岡谷のほうは、うなぎのまちと言われており、ここで鰻の養殖などが行われており、冬にもうなぎを食べてもうらおうという運動である寒の土用の丑の日も岡谷で生まれている。今年は1月24日となっていた。

ここでは、浜松と同様に、うなぎを使った駅弁もあり、うなぎが食べられる店もある。

静岡県浜松市(浜名湖)はうなぎが名物だということはよく知られているけど、岡谷市がうなぎのまちであるということはこの旅行をした時に初めて知ったのである。

岡谷から小淵沢までは、N30編成(クモハ115-1562F)に乗車。

茅野市は、寒天の里と呼ばれており、寒天の製造が盛んとなっている。 この周辺ではところてんなどの寒天料理を食べることが出来る。

茅野駅付近の茅野市民会館(茅野駅東口)には、SLのC12-67号機が静態保存されている。

あとは諏訪湖畔公園には、D51-824号機が静態保存されているし。このように、長野県で静態保存されているSLが多い状態となっている。

茅野は、白樺湖、蓼科方面への玄関口となっている。駅前からバスで行くことになるけど。

小淵沢駅では、小海線と同じホームである6番線に到着。 隣の小海線では、野辺山行きの臨時列車が止まっていました。 この時の編成は、キハ110-113+キハ110-115号車の2両編成で、前面は臨時、側面は、ワンマン野辺山となっていた。

113と115の番号のことで、113系と115系の近郊電車姉妹みたいな番号だなと思いました。

小淵沢から甲府までは、スカ色の115系で移動。 この時に乗った編成は、M2編成(クモハ115-305F)+M9編成(クモハ115-312F)の組み合わせとなっていた。

このスカ色の115系の運転範囲は、中央本線では立川~小淵沢間のみとなっているので、現在は長野県でスカ色の115系の姿を見ることが出来ない状態となっている。この列車は直通の高尾行きとなっていた。

竜王では、タンク車、タキ1000-169、418、492、587、302、230号車を追加で見ることが出来ました。あとは竜王駅付近には、富士急行の5700系(元小田急旧2000系列)の廃車体を見ることが出来ました。 

甲府~竜王間では、車両基地があり、その横に山梨県立中央病院がある。 

この車両基地では、115系が停泊しており、E257系のかいじ号の甲府での折り返しの間をここで過ごすことになる。

甲府駅に到着した時には、雨が強く降っていたので、身延線が不通になるかどうか不安な状態となっていました。

甲府からスーパーあずさ22号が出ていたけど、この列車は満員の状態となっていました。この直後には、臨時のあずさ52号(E257系の9両)が出ていたけど、こちらはスーパーあずさの直後に発車したということで席に余裕がありました。 あずさ52号の停車駅は、立川駅に停車することを除けば、スーパーあずさ22号と同じ停車駅となっている。 この時の編成はM101編成で、ブルーリボン賞のプレートのある編成となっていた。 こちらは、2001(H13)年10月に新宿駅で行われた展示会で入った編成でもあった。

新宿駅での展示会の時は、普通席のみ開放されていたけど、残念ながらグリーン席に座ることが出来なかった。

松本や高尾で行われた時は、グリーン席にも座り放題の状態だったし。

このあずさ52号が発車した後、かいじ107号が到着。この時の編成は、M105編成で、今年1月9日に甲府から上諏訪まで乗った時と同じ編成だった。こちらは甲府の車両基地まで引き上げられ、後発のかいじ116号新宿行きとして折り返されていたのである。

反対側のホームでは、新宿行きのかいじ114号が停車していました。 こちらはM111編成。
M111編成といえば、今年4月15日に中野から八王子まで、かいじ111号で乗った編成でもある。 ちなみにこの日に八王子から中野まで乗った編成はM104編成で、第一回目の切り替え(2004(H16)年9月25日)に中野から八王子まで乗った時にも乗っている。

この後、スーパーあずさ21号が入線。 こちらは、静岡発甲府行きの特急ワイドビューふじかわ7号から接続していました。 ワイドビューふじかわ7号に使用された編成は、F10編成(クモハ373-10F)だった。

スーパーあずさ21号の編成は、S1+S21編成で、この日のスーパーあずさ5号に使用されていた編成となっていた。 この日は、国府津からライナー運休間合いの回送で新宿まで行き、スーパーあずさ5号→14号を経て21号の運用に入っていた。 21号の後は、30号、33号の運用に入ることになっている。

あとは、甲府15:30発の臨時あずさ76号、E257系のM109編成も運転されていました。

甲府からは身延乗り継ぎで富士まで行きました。

(つづく)
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-24 10:38 | 鉄道乗車記

先ほどの文章の続き

東京テレポートからは、りんかい線で天王洲アイルまで移動。 天王洲アイルから羽田空港第2ビルまでは、1000系1085Fによる快速に乗車。 こちらは、羽田空港第1ビルまでノンストップの状態で快適な状態でした。 途中ポケモンモノレール(1067F)とすれ違いました。

羽田空港第2ビルに到着した後、ターミナルビルを見物せずに戻り、昭和島へと向かいました。 昭和島では、ポケモンモノレールを撮影しました。 ポケモンモノレールは、外観はもちろん、車内もポケモンキャラクターで埋め尽くされていました。 今回は残念ながら乗ることが出来なかったけど、山手線のポケモントレインと同様に、ポケモンスタンプラリーに合わせて運転されていました。
この東京モノレールのポケモントレインは、今年初めて運転されていたけど、好評ならば来年も運転されることが予想されます。

昭和島から天王洲アイルまで移動し、ここから新宿まで、りんかい線経由で行きました。この時に乗った車両は6ドア付きの205系で、この時に6ドア車に乗っていました。 6ドア車でりんかい線の地下区間を通った時に、山手線時代には有り得なかった風景だな!と思いました。

山手線にはトンネルが1ヶ所も無いのでそのはずです。

恵比寿ではE257系の回送、渋谷では485系日光号の回送を見ました。 こちらは日光8号が新宿に到着した後、一旦品川まで回送されるけど、東武100系スペーシアで代走運転される時でも行われるため、スペーシアが品川まで入るシーンを見ることが出来る。

新宿から大月までは、E257系による特急かいじ119号で移動しました。この列車で直接石和温泉まで行けるけど、ホリパスエリアが大月までであるため、大月までの乗車となりました。大月では始発の普通列車に接続していたので。

この時5番線には、215系によるホリデー快速ビューやまなし号が止まっていました。 この列車は新宿5番線に到着。折り返しは田町まで回送されていた。こちらは、一昨年10月16日の改正まで、新宿~逗子、横須賀間などの湘南新宿ラインにも使用されていたけど、ライナー以外で乗れる機会は、このホリデー快速ビューやまなし号だけとなってしまった。

この時に乗った編成は、M102編成(クハE257-102F)で、今から5年前の2001(H13)年8月1日に高尾で行われたイベントで展示されていた編成である。 同年松本、新宿で行われた展示会にも行ったけど、松本がM103編成、新宿がM101編成となっていた。

E257系は、2001(H13)年12月1日に3往復のあずさ号からスタート。あれから今年で5周年を迎えることになる。 湘南新宿ラインも5周年。

松本車両センターのE257系といえば、5月13日に、M115編成が潮干狩り客の団臨(潮干狩り臨)で松本から館山まで乗り入れていたことで話題となった。 客扱い区間は新宿→青堀、巌根→新宿間。
内房線へのE257系の乗り入れは、幕張車両センターの500番台が有名だけど、この松本車両センターの0番台が乗り入れていたことは珍しかった。

5月27日にも、松本のE257系が佐貫町まで運転されていた。

かいじ119号は、竜王行きとなっていたので、行き先表示は甲府・竜王となっていた。183系時代もこのような表示となっていたけど。こちらは、同じ竜王行きのかいじ117号と同様に金曜日を中心に松本まで延長運転されることもある。

金曜日を中心に運転されるかいじ号といえば、新宿20:28発のかいじ187号も挙げられている。

停車駅は、三鷹、立川、八王子、大月、塩山、山梨市、石和温泉、甲府、竜王となっていた。

この時夏季のピークシーズンだったため、20日まであずさ回数券が使用出来ないという放送もありました。 こちらは年末年始およびGWのピーク期でも使用出来ないのである。

三鷹には、ほとんどのかいじ号が停車するけど、このかいじ119号も三鷹に停車していた。ここの留置線では、183系が止まっていました。

幕張車両センターの183系のほうは、多客期には臨時特急としてとして使用されることもあり、あずさのHMも掲出されることになる。 9月2日の諏訪湖の新作花火大会の時には、新宿14:02発(9番線から発車)の臨時あずさ95号に183系が使用されることになっている。

西国分寺~国立間は、10月8日から9日に掛けて下り線が仮線化され、国立駅のホームが上り仮線側に移設されることになり、武蔵境駅と同様に暫定的な島式ホームとなる。これに伴い旧下りホームが廃止されるけど、ユニークなデザインの国立駅舎とお別れの時が近い状態である。

立川駅の6番線に到着した時は、青梅ライナーとして青梅に行ってしまうことの錯覚に陥ってしまいました。

立川駅では、1982(S57)年の駅ビル(WILL、現ルミネ)の新設まで1番線(降車専用ホーム)があったのである。

八王子から大月まではノンストップ。高尾を出ると、山岳区間に入りました。 

相模湖駅のある津久井郡相模湖町は、今年3月20日に、津久井郡津久井町と同様に相模原市に編入され、相模原市の一部となっている。 

さらに、来年3月11日には、津久井郡城山町、津久井郡藤野町が相模原市に編入される予定となっており、藤野駅も相模原市の駅となる。

鳥沢~猿橋間は、1968(S43)年9月20日、複線化により現在のルートとなっている。それ以前は北側に大きく迂回していた。

大月駅に到着した後、115系の3+3のスカ色の編成に乗り換えました。 この時の編成は、M1編成(クモハ115-304F)+M6編成(クモハ115-309F)でした。こちらは国鉄時代から山スカ編成として親しまれている。 松本車両センター所属のほうは、信州色に変更されていたけど、豊田区の編成のみスカ色が残されていたということで嬉しく思っています。

大月から石和温泉までは、Suicaを使用しました。 中央本線でのSuicaのエリアは、韮崎までとなっている。こちらは当然のことながら身延線(JR東海管内)では使用出来ない。

甲斐大和駅では、後続のスーパーあずさ33号松本行きの通過待ちがありました。 甲斐大和駅のある甲州市は、昨年11月1日に塩山市・東山梨郡勝沼町・大和町が合併して設立されていたけど、一部には、大和町の表示が残されていた。

勝沼ぶどう郷を過ぎると甲府盆地に入りました。 この時に甲府盆地の綺麗な夜景を見ることが出来てよかったです。

石和温泉に到着した後、例の山梨の別荘に1泊しました。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-23 11:24 | 鉄道乗車記
8月19日は、ホリデーパスを使用して残りの駅のポケモンラリーのスタンプを押しました。

ルート 目白~秋葉原~新小岩~船橋~津田沼~千葉~成田~我孫子~天王台~牛久~取手~我孫子~北柏~柏~南柏~北小金~北松戸~馬橋~幸谷…新松戸~南流山~海浜幕張~新木場~東京テレポート~天王洲アイル~羽田空港第2ビル~天王洲アイル~新宿~大月~石和温泉

まずは山手線で秋葉原まで行き、ここから中央・総武緩行線の209系500番台で新小岩まで行きました。

JRの秋葉原駅は、鉄道ファンの今月号の特集にも出てきていた立体交差駅の1つで、南浦和、新松戸、西船橋、西国分寺駅などと同様に十字型となっている。

従って、山手線および京浜東北線のホームが2階、中央・総武緩行線のホームが3階にある。

この中央・総武緩行線のホームは、10両分しか無いため、千葉発着のあずさ号の1往復(E257系11両、あずさ3号、32号)が通過扱いとなっている。183系の時代は9両編成であったために停車していたのである。

土曜・休日に運転される新宿わかしお、新宿さざなみ号(255系9両またはE257系500番台5両)および新宿行きのしおさい16号)も秋葉原に停車する。

209系500番台のほうは、中央・総武緩行線のE231系の追加導入が発表されたことにより、動向が注目されている。 

秋葉原駅の留置線には、常磐線の415系列の車両が留置されているけど、こちらのほうもステンレスの1500番台を含め、E531系に置き換えられることになっている。

新小岩、船橋、津田沼、千葉ではポケモンスタンプを押印。新小岩の操車場で、EF65-129号機を見ました。

津田沼駅では、特急しおさい3号の通過待ちを利用して押しに行ったのである。 このしおさい3号は、E257系500番台による5両編成となっている。 折り返しは、銚子から成東まで各駅停車となるしおさい10号。 しおさい3号で運用される前は、銚子発佐原・成田経由の東京行きのあやめ2号として運用。

幕張車両センターでは、房総色に変更された211系を見ることが出来ました。

千葉から成田までは、113系の4両編成(マリS225編成、クハ111-1455F)で移動。この編成はリニューアル車で、列車番号がLED化されていました。 佐倉では、EF65-49号機牽引によるの貨物列車(日産化学工業のタンク車(タキ29125)もあり)を見ることが出来ました。 

物井駅付近では、京成バスで使用されていた廃車体が留置されており、高速バスで使用されていた車両も含まれていました。

物井と佐倉の間の撮影ポイントである通称モノサクでは、撮影者で賑わっていました。211系導入により、初期型の113系が置き換えられるという効果であるからである。 昨年は183系最後の勇姿を撮影する人たちで賑わっていた。

成田では、始発の鹿島神宮行きの113系の普通列車を見ることが出来ました。 こちらは、E217系の鹿島神宮直通列車が1往復のみに削減された時に、代替えのスジで運転されている列車である。これにより、成田空港行きの快速エアポート成田が15両化されていた。

1991(H3)年3月19日に開業した当時は、基本の11両のみの乗り入れで、付属の4両が佐倉で切り離されていたけど、現在は一部を除き、15両編成のまま成田空港に乗り入れるようになっている。 

幕張の113系といえば、4両編成2本(112、117編成)が、来年2月1日から行われる千葉ディスティネーションキャンペーンのラッピング電車となっていることで有名となっている。今回は残念ながらそれを見ることが出来なかった。

この間に佐倉で見た貨物列車が通過して行きました。

成田から我孫子までは、成田線我孫子支線(通称我孫子線)で移動。この時に乗った編成は、マト112編成(クハE231-66F)による10両編成で上野への直通列車となっていました。

成田線の我孫子支線は、1901(M34)年2月2日、成田~安食間が、同年4月1日に安食~我孫子間がそれぞれ開通していた。電化は1973(S48)年9月28日。

以前は113系が使用されていたことがあったけど、現在は常磐快速線の4ドアロングシート車と統一されている。 今年3月17日に常磐快速線から103系が全廃になったと同時に、成田線我孫子支線からも103系が全廃となっていた。

我孫子~成田間の区間運転は、E231系の5両編成または10両編成が使用されることとなっている。

この路線は成田線の支線というよりも水戸線と同様に常磐線の支線というイメージが強い状態となっている。

我孫子でポケモンスタンプを押した後、E231系で天王台へ。 天王台でポケモンスタンプ押印。 この後牛久まで、E501系(クハE501-2F)に乗りました。

我孫子では、EF81-56号機牽引の貨物列車を見ました。 

E501系は、来年春より、5両編成化および車椅子対応トイレの新設により水戸線に転用されることになっている。 これに伴い、8月26日から来年春までの間、E531系の付属の5両編成が、水戸線で暫定運用されることになっている。

E501系の5両の付属編成はそのまま使用出来るけど、10両の基本編成では、中間車の先頭車化改造も伴ってくると思われます。

水戸線では、小山~小田林間に交直切り替えのデッドセクションがあるため、引き続き交直両用電車として使用されることになる。

現在上野~土浦間で走っているE501系(10+5の15両)の撮影もお早めに。

これにより、上野からの常磐線中距離電車が、グリーン車付きのE531系に統一されることになる。 

やはりE501系は、4ドアロングシートでトイレ無しということで評判の悪い電車となっていた。

来年春以降、水戸線では、415系1500番台およびE501系が使用されることになるけど、E531系が使用されることはない。

牛久駅では、ポケモンスタンプを押印。ここから取手まで、415系のK818編成(クハ411-523F)に乗りました。 このうちの2両は、403系の中間車である(モハ403-16、モハ402-16)に差し替えられていました。 この2両は、最後のデカ目車両(クハ401-73号車)が含まれていたK821編成に連結されていた。

直流区間と交流区間の境目である取手駅は、橋上駅舎の西口と1階部分の東口に分かれており、東西の間は自由通路によっても結ばれているので、分かりづらい状態である。ポケモンスタンプは東口にある。

取手駅西口側のトイレは、緩行線のホーム(1、2番線)側の端にあり、運転時間帯以外にも開放されているけど、運転時間帯以外はホームが閉鎖されている。

天王台駅の緩行線のホームも同様に、朝夕のみの使用となっている。

取手まで直通する緩行線の列車のうち、メトロ車(6000系または06系)による唐木田発取手行きのロングラン運用もある。以前は本厚木発取手行きの運用もあった。

関東鉄道の駅のほうは西口側にある。 どちらもつくばエクスプレス(TX)の開業により、利用客が減少している状態である。 このつくばエクスプレスが開業してから24日で1年を迎えたのである。早いもんですね!

取手から始発の快速(E231系)で我孫子まで移動。この列車は651系スーパーひたち30号の通過待ちがあった。651系スーパーひたち号は、1989(H元)年3月11日にデビューした列車で、JR東日本初のオリジナル特急となっている。この後、251系スーパービュー踊り子号、253系成田エクスプレス号などが登場していたのである。

我孫子から北柏までは、東京メトロ6000系の6122Fに乗車。こちらは1981(S56)年に導入されたマイナーチェンジ車の第一号で、赤色のモケットが特徴である。 このグループでは車体更新ならびにVVVF化が進められている状態である。行き先表示は、姉妹車の7000系(有楽町線用)や8000系(半蔵門線用)とは異なり、後期型の未更新車のみ幕式のまま残されている。 準急の表示は、小田急規格に合わせ、黄色から緑色に変更されていた。

5月13日に行われた小田急9000系の惜別イベントでは、幻となった新準急幕と綾瀬の表示が披露されていた。

こちらは(6122F)は、我孫子発唐木田行きで、綾瀬から多摩急行となっていた。

北柏から柏までと柏から南柏までは、209系1000番台に乗車。 前者は1001F、後者は1002Fと209系1000番台の連番となっていたのでとても珍しかったです。 綾瀬までは、この状態が維持されていた。 こちらは、前日に京浜東北線で209系500番台の連番に乗ったことに続いて2日連続である。

209系1000番台のほうは、1999(H11)年12月4日、常磐緩行線および千代田線の輸送力増強により、2編成のみが導入されていた。209系の製造が打ち切られているので、209系1000番台の製造もこの2本で打ち止めとなっている。製造メーカーは2本とも東急車輌。

201系ベースの203系のほうは、今後の動向が気になります。 203系には、南柏から北小金までクハ203-104F、北松戸から馬橋までクハ203-108Fに乗車。

今回は乗らなかったけど、207系900番台も少数派の編成となっている。 この日は東京メトロの06系も見ました。 06系のほうは、現在1編成のみとなっているけど、来年度以降、輸送力増強用として、有楽町線の07系2編成が転用されることが予想されます。 こちらは03~06Fと同様に東西線に転用されるのか、千代田線に転用されるのか不明である。

あの後、北柏、柏、南柏、北小金、北松戸でポケモンスタンプを押印。

南柏ではEF81-85号機牽引の貨物列車を見物

常磐緩行線の日中の運転間隔は12分で長かったです。 日中の千代田線では、綾瀬行きと千代田線直通我孫子行きが交互に運転されている。

馬橋からはポケモンスタンプを押した後、総武流山電鉄で、幸谷まで移動。 この日は流山で花火大会が行われていたので、2両編成の青空・なの花号に代わり、朝ラッシュ時限定の3両編成が使用されていました。 今回乗った編成は、オレンジ色の明星編成、2003Fとなっていました。 こちらは元西武の701系から改造された編成で、ピンク色の化粧版となっていたので、とても懐かしかったです。

このような西武701系列(701、801、401系)は、今から9年半前の1997(H9)年2月まで、西武新宿線系統で走っていて、筆者の家の近くで良く見られていた車両だった。 この車両に乗った時は、元山手線の205系に乗った時と同様に、同窓会気分でした。

関東では、高崎と下仁田を結ぶ上信電鉄でも走っている。

日中は、2両編成によるワンマン運転が行われているので、2両編成で行き先表示がLED化されていたのはそのためである。ワンマン運転開始は、今年の5月17日のことだった。

総武流山電鉄では、2両編成が2本しかないため、整備・点検等で使用出来ない時には、3両編成が代走することになっている。

あとは、西武旧101系から改造された3001F(流星)、3002F(若葉)、801系から改造された2004F「流馬」もある。 このうちの流馬号は、馬橋駅構内に留置されていた。

3両編成のほうは、以前元西武501系が使用されていたことがあった。 501系の時代には、「流馬」、「流星」、「若葉」のほか、「銀河」という愛称の列車があった。

2両編成では、元西武551系が使用されていて「なの花」、「あかぎ」があった。こちらは、2001(H13)年5月に、「あかぎ」が廃車となったことによって全廃となった。

幸谷駅は、以前馬橋寄りにあったけど、1982(S57)年1月10日には、JR新松戸駅寄りに移転されていた。 

この流山の花火大会は、一昨年の2004(H16)年8月21日に行ったことがある。 この時に元101系から改造された3000系に乗ったのである。

幸谷駅に到着した後、新松戸駅に移動し、ここでポケモンスタンプを押印。この後、武蔵野線で南流山駅に移動しました。 この時に乗った編成は、元山手線のクハ205-9Fで、中間車2両(T車)は、元埼京線の車両となっていた。

新松戸で列車を待っている間、新小岩に居たEF65-129号機が通過していきました。

南流山駅でポケモンスタンプを押印。これで、98駅すべてのスタンプを押したことになりました。

南流山駅は、つくばエクスプレスへの乗換駅となっており、地上駅と地下駅の立体交差駅となっている。

新八柱駅は、新京成線側が地上駅(八柱駅)、JR武蔵野線側が地下駅(新八柱駅)となっている。

この後、武蔵野線・京葉線で海浜幕張へと移動。 この時に乗った編成はクハ205-6F。新習志野~海浜幕張間の京葉車両センターでは、勝田車両センターの485系、E331系を見ることが出来ました。 この時にE331系を生で見たのは初めてでした。 
こちらは、E993系ACトレインの量産型として登場。 今年3月に落成し、現在試運転の段階である。 今年暮れ辺りには、京葉線で営業運転される予定だけど、登場したら是非乗りに行きたいです。こちらは、増備される予定だけど、どのような形で入るのか明らかになっていない。

海浜幕張に到着した時は雨が凄かったです。 落雷および突然の雨は、この時期に多い状態となっている。

この後、205系(クハ205-111F)の快速で、新木場まで移動。 新木場に着いた時は雨が止んでいました。 新木場の車両基地に東京メトロの10000系が止まっていることを期待したけど、残念ながら止まっていなかったです。

舞浜駅からは、東京ディズニーリゾートからの帰りの客で賑わっていました。 東京ディズニーリゾートのうち、東京ディズニーランドなら行ったことがあるけど、東京ディズニーシーのほうは未だに行ったことがない状態なので、是非行きたいと思っています。 東京ディズニーシーは、9月4日に開園5周年を迎えることになる。

東京ディズニーランドは、1983(S58)年4月15日に開園。ディズニーリゾートの草分けとなっている。

この辺りには、舞浜リゾートライン(ディズニーリゾートライン)というモノレールが出ている。 こちらは全線200円均一で、パスネットの使用も可能である。

路線は、リゾートゲートウェイ(舞浜駅前)→東京ディズニーランド→ベイサイド→東京ディズニーシー→リゾートゲートウェイと、反時計回りで1周することになる。 この路線では、ブルー、イエロー、パープル、グリーン、ピーチの5色の車両が在籍している。自動運転で、最後部に案内係が乗務している。

筆者は、2001(H13)年に乗ったことがある。 開業したのは、2001(H13)年7月27日のことだった。

イクスピアリ(東京ディズニーリゾートのショッピングモール)は、舞浜駅およびリゾートゲートウェイに隣接している。

葛西臨海公園には、葛西海浜公園、葛西臨海水族園などがあり、ここには観覧車もある。 開園したのは、1989(H元)年6月1日。 

葛西臨海水族園は、恩賜上野動物園の系列で、上野水族館からの移転の役割を果たしている。

新木場駅周辺には、夢の島、熱帯植物館、スタジオコーストというライブハウスがある。

新木場からりんかい線に乗り換え、東京テレポートへ。 ここでビーナスフォートに立ち寄りました。 メガウェブでトヨタの車を見たけど。 現在メガウェブでは、カローラ登場40周年記念展が行われており、40年前に発売された初代カローラが展示されている。こちらは池袋のアムラックスでも行われているけど。

カローラのほうは、トヨタのロングセラー車種となっている。 同時期に登場した日産サニーのほうは、カローラとのライバル車種となっていたけど、残念ながら、2004(H16)年のティーダ・ラティオという後継ぎ車の登場により廃止されている。

筆者の父親が免許を取った時に初めて乗った車は、カローラで、当時はマニュアルトランスミッションだった。この後、コロナにも乗られていたことがあった。
筆者の家族の車は、日産スカイラインを除き、全てトヨタ車となっているので、父親がトヨタ党であることが良く分かります。 岡崎の叔父さんも土地柄上トヨタ車に乗り継がれている状態となっている。現在はプリウスというハイブリッドカーに乗られている。

日産サニーといえば、1997(H9)年から2003(H15)年まで、筆者の兄が乗っていたことがあった。 こちらも中古で購入(1988(S63)年式)、2001(H13)年に三重県から目黒区に移転したときも継続使用されていたけど、2003(H15)年に現在の新宿区市谷柳町(都営大江戸線牛込柳町駅付近)に移転されたことを期に、後述のカリーナサーフよりも先に廃車となった。 同時にマフラーの故障などで老朽化が進行していた。

昨年クラウンというトヨタの高級乗用車が登場してから50年を迎えていたけど、メガウェブでも50周年記念展が行われ、歴代のクラウンが一同に展示されていたのである。

1982(S57)年まで、筆者の家族がクラウンに乗っていたことがあったけど、その同型のクラウンも展示されていたので、とても懐かしく思いました。 当時のクラウンは2000ccで4ドア5ナンバー、以前の習志野台在住の時から変わらない習志野ナンバーとなっていた。1976(S51)年に現在地の新宿区中落合に引っ越した時も、練馬ナンバーに変更されることなく、習志野ナンバーのままで使用されていたのである。

1982(S57)年から1989(H元)年までは、日産のスカイラインのワゴンに乗っていたけど、1979(S54)年式、1982(S57)年に中古で購入されていた。 こちらは、新製された時から廃車されるまで、練馬ナンバーのままとなっていた。 こちらはたったの10年間で廃車となってしまったので、短命となった。

日産のスカイラインのワゴンは、1985(S60)年登場の7代目モデルに引き継がれていたけど、このモデルをもって廃止。 1996(H8)年に登場したステージアというスポーツワゴンによって引き継がれているけど、2001(H13)年に登場した2代目モデルでは、スカイラインがベースとなっているので、かつてのスカイラインワゴンのリメイクモデルに近い状態となった。

この次に乗っていたカリーナサーフ、1989(H元)年10月に中古で購入も、1800ccの5ドアワゴンとなっていた。 こちらは2003(H15)年10月に廃車されるまで使用されていた。1985(S60)年に製造されていたので、18年間使用されていたことになった。こちらは、東海道新幹線の100系と同様の状態となった。 中古で購入される前は、多摩ナンバーとなっていた。 
まだまだ使用出来る状態で、父親がずっと使っていたいと仰っていた状態だったけど、老朽化および母親からの命令により、廃車となってしまったのである。 筆者が運転したことがある想い出の車となっていた。 こちらは、JR東日本で103系が淘汰されていたことと同様の状態となった。

現在乗っている車は、同じトヨタのカルディナという白いワゴン車で、低燃費のエンジンが搭載されている。 こちらは1998(H10)年式で、中古で購入されていた。 

1800ccの白いワゴン車、5ドアワゴンということは、先々代の日産スカイラインから踏襲されている。

買い換え候補車として、同じトヨタのカローラフィールダーも挙がっていたことがあった。

このカルディナは、1992(H4)年に、カリーナサーフの後継ぎ車ならびにコロナベースのワゴン車として登場。1997(H9)年に2代目モデルに以降。 現在筆者の家族が乗っているのは、この2代目モデルである。

2002(H14)年には3ナンバーの3代目モデルに移行。 こちらはスバル(富士重工)のレガシィなどと同様にスポーツワゴンのイメージが強いモデルとなった。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-22 11:56 | 鉄道乗車記
8月18日は、ホリデーパスを使用して、ポケモンラリーを行い、熊谷から大船まで縦断しました。

ルート 目白~池袋~赤羽~熊谷~上尾~大宮~さいたま新都心~上野~浜松町~羽田空港第2ビル…羽田空港第1ビル~天王洲アイル~大井町~鶴見~横浜~桜木町~磯子~大船~戸塚~横浜~新宿~目白

赤羽から熊谷までは、211系による快速アーバンが来たので、そのまま熊谷まで行きました。

大宮駅付近の大宮総合車両センターでは、房総色に変更された211系を見ることが出来ました。 新生鉄道博物館建設予定地では、クハ103-713号車などが保管されていた。 あとはうぐいす色のEF58も置かれていたし。

高崎線は、15両編成の運転区間が籠原までとなっており、籠原~高崎、前橋間は10両編成のみでの運用となっている。 

グリーン車が組み込まれなかった211系は、一部が房総地区に転用されることになっているけど、付属編成用および両毛線用として高崎車両センターに残留することになる。

付属の5両は、新前橋の高崎車両センターまでどうやって帰るのか気になります。 小山車のE231系の場合は、15両運転範囲内の小金井に小山車両センターがあるので、直接帰ることが可能である。

熊谷でスタンプを押印した後、E231系の普通列車で上尾へ。 この列車の後部は荷物室となっており、各駅で荷物の引き渡し風景を見ることが出来ました。

上尾からは高崎線で大宮まで戻り、大宮、さいたま新都心でスタンプを押しました。

さいたま新都心から上野まで宇都宮線からのE231系で移動したけど、札幌からの寝台特急北斗星号の遅れによって、この列車も遅れていました。 

尾久では、前日新津から輸送されてきたE531系のクハE531-16Fのうちの8両が止まっていました。 こちらはグリーン車無しの8両ということで、来年初旬にグリーン車が組み込まれるまでの間、営業運転には使用出来ないという状態となっている。

上野駅で、立ち食いそばの昼食を取った後、京浜東北線の快速で浜松町に移動。 京浜東北線の快速は、1988(S63)年3月13日に、日中の全列車に登場。 運転開始当時は、水色の103系が当たり前だった。 その翌年の1989(H元)年には205系も参入。 1996(H8)年に、205系が103系よりも一足早く撤退。 1998(H10)年3月には209系に統一されて現在に至っている。京浜東北線の快速の浜松町停車化は、2002(H14)年7月14日で、東京モノレールがJR東日本の子会社となった時である。

浜松町駅3、4番線(山手線外回り、京浜東北線南行ホーム)の田町寄りには、小便小僧の像があり、季節によってその衣装が変わっている。 これが設置されたのは、1952(S27)年10月14日、鉄道開業80周年記念日だった。

ここから東京モノレールで羽田空港第2ビルへと移動。 この時に乗った車両は、1000系の1085Fの各駅停車でした。 東京モノレールの1000系は、1989(H元)年7月に登場。 当初から6両編成で丸みを帯びた斬新なスタイルが特徴である。 1989(H元)年7月といえば、モーニング娘。の道重さゆみちゃん(筆者の1推しのメンバー)が生まれた時なので、道重さゆみちゃんと同い年の車両ということになる。 この編成は日立製作所(山口県)で製造されていたので、山口県生まれの道重さゆみちゃんと同郷となる。 ちなみに道重さゆみちゃんは、山口県宇部市出身、1989(H元)年7月13日生まれである。

登場当時は、赤色と白の塗装だったけど、現在は白、オレンジ、青色の塗り分けとなっている。
この塗装は、2000(H12)年12月5日に登場。 現在は広告塗装およびリバイバル塗装を除き、新塗装化が完了している。
この1000系は、1996(H8)年まで製造されていた。

東京モノレールでは、運河の上を走る区間があるため、スリルがありました。 

車両基地のある昭和島駅では、現在快速列車の追い抜き設備が新設される予定となっている。 現状では、同じ羽田空港アクセス列車である都営浅草線のエアポート快特と同様に、途中駅に追い抜き設備が無いため、ただ駅を通過するだけの列車となっているけど、これが完成すれば、さらなる増発・スピードアップ化されることになる。

昭和島駅は、1985(S60)年2月7日に、東京モノレールの車両基地の横に新設された駅である。

東京モノレール羽田線は、1964(S39)年9月17日に浜松町~旧羽田間が開業した時は途中駅無しのノンストップ運転となっていた。 東京オリンピックの開会式は、10月10日に行われていたけど、1966(S41)年から10月10日が体育の日に制定されていた。2000(H12)年の祝日法の改正(ハッピーマンデー制度の適用)により、10月の第二月曜日が体育の日となっている。今年は10月9日。

東海道新幹線も、東京オリンピックの開会式に合わせて開業していた。

東京モノレールの浜松町駅は、将来世界貿易センタービル側から、浜松町駅の東側に移設される予定となっている。 現在1線のみの状態が2線に増えることにより、さらなる増発が可能となる。 今年8月、これに伴う東海道新幹線の線路の移設も完了している。

東京モノレールが開業した当初は、新東京国際空港(現、成田国際空港)開港前の国際線全盛期だったのである。 2009年12月には、羽田発着の国際線定期便が就航する予定となっており、天空橋~新整備場間には、国際線ターミナル駅が開業する予定となっている。これに伴い、地上の線路の一部が移設されることになっている。

羽田空港第2ビルに到着した後、ポケモンスタンプを押し、第2ターミナルビルの屋上で飛行機を見物しました。 この第2ターミナルビルは、2004(H16)年12月1日に開業した新しいターミナルビルで、ほとんどがANA(全日空)便で占められている。 ここの展望デッキからは、ANAなどの飛行機のほか、東京湾ならびに沖合の新C滑走路から離着陸する飛行機を眺めることが出来るのである。

1997(H9)年3月の新C滑走路新設から、2004(H16)年12月の第2ターミナルビルまでの間は、新C滑走路から離着陸する飛行機を間近で見ることが困難となっていた。

ANAのほうは、ポケモンのキャラクターが描かれた飛行機も飛んでいるけど、今回は見ることが出来なかったです。 

この日は、夏休み期間中ということで賑わっていました。 

この後、京急の羽田空港駅横の連絡通路を通り、第1ターミナルビルの屋上に移動。 こちらは、JAL(日本航空)などが発着するターミナルであり、1993(H5)年9月27日に国内線旅客ターミナルが沖合移転された時から使用されている。

この時には、JALの旧塗装機、たまごっちのデザインの飛行機、サムライブルーの特別塗装機を見ることが出来ました。 この時、新A滑走路からの離陸の風景があり、ここから離陸する韓国(ソウル)行きの大韓航空機も見ることが出来たのである。

この後、東京モノレールで、天王洲アイルへと移動。 この時に乗った車両は、2000系の2041Fでした。 この東京モノレールの2000系は、帰省ラッシュを間近に控えた1997(H9)年8月7日に2011Fが登場。 1998(H10)年には、残りの旧型車両である700・800系車両が2000系に置き換えられていた。600系は1997(H9)年に全廃。

2000系は、両開きドアで、先頭車がオールロングシートとなっている。

2041Fは、2002(H14)年にワンマン化に伴う改造予備車として導入されていたけど、2004(H16)年12月1日に開業した羽田空港(現、羽田空港第1ビル)~羽田空港第2ビル間の開業用の増備車を兼ねている。

東京モノレールのワンマン化は、2002(H14)年9月28日のことで、同時にホームゲートが新設されていた。

この日は、ポケモンモノレール(1067F)の運用が無かったです。

天王洲アイルでポケモンスタンプを押した後、ここから大井町まで、りんかい線で移動。大井町から鶴見まで京浜東北線で行き、ここでポケモンスタンプを押しました。

京浜東北線で横浜に向かう途中。横須賀線の戸塚駅構内で人身事故が発生したという情報が入っていたので、大船まで根岸線を経由して行くことになりました。

横浜、桜木町のスタンプを押した後、磯子へ。 根岸では、タンク車の群れを見ることが出来てよかったです。 この時に見たタンク車は、タキ1000-690、599、440、198、271、121、44、110、115号車などだった。

鶴見から横浜までと桜木町から磯子まで乗った車両は、どちらも京浜東北線で2編成しかない209系の500番台となっていました。 京浜東北線では、三鷹電車区から209系515Fが貸し出されていたことがあったけど、現在は返却されている。

磯子から大船まで行き、ここでポケモンスタンプを押印。 やはりダイヤが乱れていたため、E231系による臨時の大船発熱海行きの列車が運転されていました。

ここで復旧を待ち、復旧後に戸塚まで行き、ここでこの日最後のポケモンスタンプを押しました。

戸塚から渋谷まで、湘南新宿ラインで移動。渋谷から山手線で新宿まで行きました。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2006-08-21 14:36 | 鉄道イベント