交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

<   2005年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

東急世田谷線

東急世田谷線では、200型電車登場50周年を記念して、300型電車の301Fに、200型電車と同じ塗装が施されています。

現在は、308Fのせたまるサンタ号も運転され、話題となっている。こちらは12月25日までの運転。

東急世田谷線の路線

三軒茶屋~西太子堂~若林~松陰神社前~世田谷~上町~宮の坂~山下~松原~下高井戸

かつての玉電の支線時代は、玉電若林、玉電山下、玉電松原と呼ばれていた。かつての砧線と同様に、すべて世田谷区となっている。

西太子堂~若林間(若林駅付近)の環七通りでは、交通信号に従って横断することになっている。電車側の信号が赤の時は、運転停車ということになり、電車側が待たされることになる。
交差点名は、「若林踏切」となっている。

車両はすべて300型連接電車でホームはすべて段差の無いタイプとなっている。

乗り換え電停 三軒茶屋 東急田園都市線 山下 小田急線(豪徳寺駅) 下高井戸 京王線

レールの幅 1372ミリ 電圧 直流600V

東急世田谷線は、1925(T14)年1月18日に、玉川電気鉄道の支線として、三軒茶屋~世田谷間に開業したのが最初で、渋谷と二子玉川園(現二子玉川)を結んでいた東急玉川線の渋谷まで直通運転されていた。 同年5月1日に下高井戸まで延長された。あれから今年で80周年を迎えた。

1938(S13)年4月15日、玉川電気鉄道が東京横浜電鉄(現在の東急)と合併され、のちの東急の路線となる。

1969(S44)年の5月10日に、現在の世田谷線部分(下高井戸支線)を除いた玉電の路線(玉川線、砧線)の廃止により、世田谷線として独立 車両基地も大橋から上町に移転

世田谷線として独立した当時は、70型、80型、150型が活躍していた。

世田谷線だけが残された理由は、都電荒川線と同様に、路線の約9割が専用軌道であるからである。

東急世田谷線は、西太子堂~若林間の環七横断部を除いて、専用軌道となっているので、路面電車よりものどかな雰囲気の中を走るライトレールというイメージが強い状態である。

東急世田谷線 300型2両10編成 20両 日中の運転間隔 6分 運賃は140円均一 一日乗車券(世田谷線散策きっぷ) 320円 パスネットカードは使用出来ない。あとは専用のせたまるICカードがある。せたまる回数券とせたまる定期券があり、せたまる回数券は、チャージすることが可能である。

運賃は、三軒茶屋および下高井戸および上町駅の上りホームから乗るときは、入り口にある運賃箱に運賃を支払うことになり、途中から乗車の場合は、車内での精算(運賃箱)となる。せたまるの場合はタッチする。 前および後ろが乗車口となり、中央部が降車口となる。

せたまるチェッカー、入金(チャージ)機も車内にある。

せたまるカードは、2002(H14)年7月7日に発売開始された。

世田谷線では、女性の案内係(車内アテンダント)が乗務しており、車内アテンダント全員はもちろんのこと、世田谷線の運転士、駅で勤務しているサービスマネージャー全員もサービス介助士の資格を取得しているので、お年寄りや身体の不自由な乗客にも優しい路線となっている。世田谷線スタッフのサービス介助士の資格取得は、今年3月から進められた。

今後は、世田谷線以外の東急線の駅のスタッフ、運転士、車掌にも、サービス介助士の資格の取得が進められていく予定となっている。 

筆者が東急世田谷線に初めて乗った時は、吊り掛けモーター車時代の72号車だった。 当時は三軒茶屋駅が仮駅だった。この72号車は、2000(H12)年に廃車となっている。

三軒茶屋駅は、今から9年前の1996(H8)年11月に新装オープン キャロットタワーに隣接するドーム状の屋根が特徴の駅となっている。以前の位置よりも西太子堂寄りにずれている

このため、かつて玉電(玉川線)の線路と繋がっていた頃の面影が無くなっている。

キャロットタワーの26階展望室は、無料で入場出来るので、ここから世田谷線の電車等を眺めることが出来る。 ここから見た世田谷線の電車は、ミニチュアのような感じでした。

下高井戸駅は、1994(H6)年に、京王線の駅舎と同様に改築されている。

東急玉川線 1907(M40)年3月6日に、道玄坂上~三軒茶屋間が開業したのが始まりだった。 ルーツは、多摩川の砂利運搬目的であった。
同年4月1日に三軒茶屋~玉川(現二子玉川)間、8月11日に道玄坂上~渋谷間が開業。 当時の玉電渋谷駅は、地下鉄銀座線と京王井の頭線に挟まれた場所(現在のマークシティ)にあった。 

1927(S2)年7月15日には、溝ノ口線として、二子玉川から溝ノ口(現溝の口)まで延長。1943(S18)年7月1日に大井町線の路線となった。
こちらは、田園都市線が開業した1966(S41)年4月1日までに高架化されていた。

二子玉川駅駅名の移り変わり 玉電 玉川駅→よみうり遊園駅→二子読売園駅→二子玉川駅→二子玉川園駅

大井町線・田園都市線 二子玉川駅→二子読売園駅→二子玉川駅→二子玉川園駅→二子玉川駅

東急砧線 1924(T13)年3月1日、二子玉川~砧(のちの砧本村)間が開業。専用軌道の単線区間だった。

東急玉川線の路線 渋谷~上通~大橋~玉電池尻~三宿~三軒茶屋~玉電中里~上馬~真中~駒沢~新町~桜新町~用賀~玉電瀬田~二子玉川園

砧線の路線 二子玉川園~中耕地~吉沢~大蔵~砧本村(きぬたほんぞん)

真中電停=現在の駒沢大学駅の位置にあった。 

玉電の渋谷~二子玉川園(現二子玉川)間および砧線のほうは、1969(S44)年5月10日をもって廃止。 同時に30、40、60、200型が引退。 世田谷線に継承された車両は、70型、150型の全車、80型の一部のみであった。

玉電瀬田~二子玉川園間および砧線全線は、専用軌道だった。

玉電が廃止された理由は、道路混雑が激しくなったほか、東名道に接続する首都高速3号渋谷線の建設工事によることであった。

砧線は、全区間専用軌道となっていたのに、廃止されるのが勿体ないほどでした。こちらは、今年3月に廃止された名鉄美濃町線みたいな雰囲気の路線だった。

砧本村駅は、砧下浄水場付近にあった。砧線の廃線跡(二子玉川~吉沢間)は、遊歩道として整備されている。

玉電の二子玉川園駅乗り場跡は、玉川高島屋の立体駐車場(東館)となっている。

玉電廃止後、どちらも東急バス(当時は東京急行電鉄のバス事業)による代替バスに転換された。 1977(S52)年4月7日に、東急新玉川線(渋谷~二子玉川園(二子玉川)間、現在の田園都市線の一部)が開業するまで、8年間のブランクがあった。 この時点で、東急玉川線は、田園都市線および地下鉄半蔵門線に接続する地下鉄に生まれ変わったのである。

あとは、渋谷駅~渋谷橋~天現寺橋~中目黒間の路線も、玉電の路線だった。1948(S23)年3月10日に東京都電に譲渡され、のちに廃止されている。

渋谷駅跡=玉電が廃止された後、ターンテーブル付きのバスターミナルに転用され、渋谷~大井町間の路線バスや高速バスなどが発着していた。 1994(H6)年、渋谷駅再開発および井の頭線渋谷駅の改良(マークシティの建設)により閉鎖され、かつての玉電の面影が無くなったのである。 JR山手線の外回りホーム(1番線)に、玉川口という改札があるけど、当時玉電の渋谷駅と連絡していたという名残となっている。 この改札口は筆者が渋谷駅から目白に帰るときに使っている改札口である。

大橋の車庫は、玉電廃止後、東急バスの車庫に転用されていたけど、現在建設中の首都高速道路の中央環状新宿線(来年度開通予定)の大橋ジャンクション(JCT)建設により、2002(H14)年9月15日をもって廃止されている。

かつては、渋谷や目黒から砧本村行きのバスも出ていたけど、現在は二子玉川駅からのみとなっている。

200型電車は、1955(S30)年に登場した連接車で、201~206号車の6編成製造されていた。 愛称はペコちゃん。当時は下高井戸支線(現在の世田谷線)にも乗り入れていたけど、世田谷線に継承されずに、14年間の短い活躍に終止符が打たれたのである。

そのうちの204Fのほうは、宮崎台駅付近にある電車とバスの博物館に保存されている。 廃止後は、多摩川園(現在の多摩川駅)に保存されていたけど、のちに高津駅高架下に移っていた。 この場所に510号車(旧3000系)が保存されるようになってから、電車とバスの博物館(当時は高津にあった)の中で保存されるようになった。 
206号車のほうは、千葉県野田市の清水公園に保存されていたけど、のちに解体・撤去されてしまった。

現在は宮崎台の電車とバスの博物館で保存され、高津駅高架下にあった510号車も別館に保存されている。
あとは、玉電池尻電停の表示なども復元されている。

70型電車は、1942(S17)年登場、71~78号車、8両すべてが世田谷線に継承 2000(H12)年に全廃となるまで、車体更新が盛んに行われていた。 更新された台車等は、300型に流用されていた。手始めとして、75+76号車が廃車となっていた。

80型電車は、1950(S25)年登場 81号車から108号車まで製造されていた。
うち81~86号車は世田谷線に継承

廃車となった80型のうち、104~107号(のちの87~90号車)は、江ノ電に譲渡され、600型連結電車として活躍していたが、603+604号車は、1983(S58)年に廃車 601+602(のちの651)号車は、1990(H2)年に廃車となったけど、601号車(旧105号車)は、緑色に復元の上で、宮の坂駅前に保存されるようになった。こちらは車内に入ることも自由である。

世田谷線に継承された80型は、81+82号車が最後まで残り、2001(H13)年1月27日、大雪の中でのラストランとなった。80型も70型と同様に車体更新、足回り品が交換され、廃車後、300型に流用されていた。
85+86号車は、両運転台車で、入場の時のピンチヒッターとして活躍していた。 86号車=末期は77号車と連結されていた。

150型電車は、1964(S39)年登場 151+152号車、153+154号車の4両が製造されていた。 2001(H13)年2月10日にラストランを迎えたけど、こちらは最後まで残った吊り掛けモーター車の2両連結だった。

2両連結の旧型車 非冷房車で、前後の通り抜けが出来なかった。

宮の坂駅前に保存されている旧105号車(元江ノ電601号車)は、緑色の旧型電車が全廃となった後、今なお残る旧玉電時代からの継承車となっている。ここで、旧玉電の歴史を語り継ぐことが出来るし。

300型電車 1999(H11)年7月11日登場。 世田谷線初の冷房車。当初は301Fの1編成のみで、サザエさんのキャラクターが描かれていた。翌年の2000(H12)年3月5日には、302Fも登場。

こちらは、2001(H13)年までに10編成導入されていた。ラストランバーの310Fは、増発用として新規導入。 初期に導入された車両は、70・80型電車の台車等が再利用されているけど、308、309、310Fは、完全新製となっている。

当時導入された301F~306Fは、ホームかさ上げ前に導入されていたため、ステップや車椅子用リフトが完備されていたけど、ホームのかさ上げとともに撤去されている。 そのため、307F以降の編成には、ステップや車椅子用リフトは付いていない。

この路線は、カラフルな電車が走っているのでバリエーションも豊富である。 旧型電車が全廃となった後も、広告等を追っかけるファンもいる。

今年11月8日に、301Fが旧玉電の200型と同じ塗装に変更されてからは、サザエさん電車が見られなくなってしまった。

301F=グリーン、302F=モーニングブルー、303F=クラシックブルー、304F=アップルグリーン、305F=チェリーレッド、306F=レフリーイエロー、307F=パープル、308F=レッド 309F=オレンジ(せたまるIC広告付き)、310F=水色

301、308Fは終日運用のほか、運用に入らない日(ウヤの日)または午前中で上町に入庫する運用に日もあるので注意が必要である。

この300型は、2001年度のグローリア賞を受賞している。

渋谷~二子玉川駅間の東急バス 玉電廃止後、渋谷~旧道(桜新町)経由~二子玉川園駅間の渋03系統も走っていたけど、現在は、渋谷駅~新道経由~二子玉川駅、高津営業所間の渋12系統のみ残されている。 1997(H9)年までは、渋谷駅~砧本村間の路線もあった。

所属営業所は、高津営業所(東急トランセ委託路線) こちらは、渋谷駅で唯一見られる(深夜急行バス以外で)、川崎ナンバーの東急バスとなっている。 かつては、横浜ナンバー(川崎陸運支局が設立される前に登録された車両)の旧型車も走っていた。
電車とバスの博物館に保存されている日野の旧型車もこうなっていた。廃車される前は高津営業所所属だった。

あとは、かつての砧線の代替え路線である玉06系統(二子玉川駅~砧本村間)も高津営業所の所属となっている。この廃線跡の道路は、1車線しかない(一方通行)のため、8の字型の運転となっている。 行きは、二子玉川駅から中耕地、砧下浄水場経由(吉沢から廃線跡を通る)で砧本村へ、帰りは、鎌田から多摩堤通りを通って二子玉川駅に戻ってくるルートとなっている。
東急バス㈱は、今から13年前の1991(H3)年10月1日に、東急電鉄のバス事業から分社化された会社となっており、一部がその子会社である㈱東急トランセに譲渡(委託)されている。

東急トランセは、1998(H10)年4月に設立、同年7月28日には、三菱ローザというマイクロバスによる渋谷~代官山循環線が開設されたことで有名である。この路線は全員女性ドライバー(サービスプロバイダー)が乗務している。

東急電鉄は、バリアフリーに強い(バリアフリー率の高い)会社で、2010年度までに東急の全駅がバリアフリー化され、サービス介護士の資格を持ったスタッフも充実などでさらに強化されることになる。
 もちろんエスカレーターやエレベーター、スロープ、車椅子対応トイレも充実している。これから地下化される武蔵小山、西小山、等々力駅、高架化される元住吉駅、大井町線旗の台駅ももちろんバリアフリー化されることになる。

点字の運賃表=全駅に完備 触知案内板、車椅子も通れる幅広の自動改札機、筆談機の設置などもある。東急所有の全車両には、車椅子スペースもある。 もちろん世田谷線にも駅のスロープ、車両の車椅子スペースも完備されている。

世田谷線のノンステップ化により、小さなお子様やお年寄りにも乗り降りしやすい車両となっている。

バリアフリー法の施行に伴い、東急とは限らず、他の鉄道会社でもバリアフリー化が進められるようになった。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-29 14:13 | 鉄道車両・路線

房総地区の車両

新木場から東京まで、武蔵野線の103系の最後の2本のうちのE15編成に乗ることが出来た。 こちらの編成の2号車と3号車は、分散型クーラー車となっていた。

東京から品川までは、東海道線の113系の15両編成に乗ることに成功。 こちらは、E231系の導入により残り少なくなっており、影の薄い状態となっている。

品川から東京までE231系、湘南新宿ラインのほか、東海道線でも頻繁に見られるようになっている。

東京19:15発の特急あやめ1号で千葉まで行き、ここからしおさい16号で新宿まで行った。

千葉での乗り継ぎは10分あったので可能となっていた。 

この時に乗った編成は、マリ21編成(クハ183-3F)で、先頭車は183系の最古参となっていた。トップナンバーのクハ183-1号車のほうは、今から10年前に廃車となっている。
モハ183、182ー1号車も、1997(H9)年10月に廃車となっており、1桁番号のM車も全廃となっている。中央ライナーを中心に使用されているC2編成のモハ183、182-16、17番が最古参のM車となっているけど、編成の組み替えにより風前の灯火となっている。 

こちらの編成(マリ21編成)は、1999(H11)年8月1日に、成東から銚子まで、普通列車扱いとなるしおさい5号で乗ったことがある。 

こちらもやはり、6両全車が昔ながらの簡易リクライニングシート車となっていました。

あやめ号は、E257系化されると同時に、指定席が廃止(全車自由席化)されるので、あやめ号の指定券も、ビューわかしお、ビューさざなみの指定券と同様にプレミアが付くと思います。

鹿島神宮からのあやめ4号は、東京駅到着後、錦糸町の電留線に回送され、ここで停泊された後、東京駅まで回送されて、折り返ししおさい5号となる。

錦糸町の留置線での183系(E217系と並ぶ瞬間)もいよいよ見納めとなる。

千葉から新宿まで乗った編成は、マリ11編成で、先頭車が、クハ183-29、30号車からクハ183-1505、1506号車に差し替えられていました。

クハ183-1505、1506号車は、マリ8編成から転用。

最近になってから、マリ8編成が無くなり、先頭車は、マリ11編成に転用、中間車は、中央ライナー等に使用されるC編成のC4編成に転用されていた。

E257系の導入を待たずに廃車となった車両は、クハ183-31、30号車とC2編成に連結されていたモハ183-18、モハ182-18号車、C4編成に連結されていたモハ183-42、43号車、モハ182-42、43号車の8両である。

その他の編成の組み替え モハ189-11、モハ188-11号車 マリ10編成→マリ1編成(2号車、3号車) これまでマリ1編成の2、3号車に連結されていたモハ183-1031、モハ182-1031号車は、マリ10編成と交換トレードされた。

同様にマリ10編成の先頭車も、クハ183-33、34号車からマリ6編成に連結されていたクハ183-1529、1530号車となり クハ183-33、34号車はマリ6編成に連結されるようになった。

マリ7編成の先頭車 クハ183-1527、1528号車からクハ183-31、32号車に差し替えられ、マリ9編成と交換された。

これまでのマリ8編成に連結されていた中間車は、C4編成に転用され、ここから捻出された中間車のうちの2両(モハ183-48、モハ182-48号車)は、C2編成に転用された。

クハ183-31、32号車     マリ9編成→マリ7編成

クハ183-33、34号車     マリ10編成→マリ6編成

クハ183-1505、1506号車 マリ8編成→マリ11編成

クハ183-1527、1528号車 マリ7編成→マリ9編成

クハ183-1529、1530号車 マリ6編成→マリ10編成

モハ183・182-1031号車 マリ1編成→マリ10編成

モハ189・188-11号車   マリ10編成→マリ1編成

モハ189・188-31、35、49号車 マリ8編成→C4編成

モハ183・182-48号車 C4編成→C2編成

今回廃車となった8両は、11月2日に大宮工場まで廃車回送されている。

新C4編成=高尾寄りの先頭車(9号車)を除き、セミハイデッカー車で占められるようになった。

千葉から新宿まで、セミハイデッカー車の中間M車であるモハ183-1028号車に乗ったけど、今から3年前まであった千葉あずさ号を彷彿とさせる列車となっていました。

今回で、183系のあやめ号および新宿しおさい号に乗ったのは最初で最後となる

昨年9月12日に、わかしお号の183系に蘇我から東京まで乗った時は、京葉線で最初で最後の183系乗車となった。この時に乗った車両は、モハ189-48号車(マリ7編成)だった。

昨年9月4日、勝浦から安房鴨川まで、183系のわかしお7号の普通列車運用、安房鴨川から館山まで113系の普通列車、館山から君津まで、183系のさざなみ16号の普通列車運用に乗り継いでいたけど、現在は、さざなみ16号はさざなみ82号として全区間特急化されているので、このようなことが出来なくなっている。 わかしお7号のほうは、E257系化された後も勝浦より咲は普通列車区間となっている。

乗った当時の編成は、わかしお号が、マリ4編成(クハ183-27F)、さざなみ号が、マリ5編成(クハ183-1503F)で、どちらも既に全車廃車となっている

初期型の183系の先頭車は、ATCが使用されていた関係で、中間車よりも長生きしていた。 6両編成の183系の先頭車は、すべて1972(S47)年製となっているけど、マリ1編成の1号車(東京寄りの先頭車)であるクハ183-18号車は、1972(S47)年製の183系で唯一愛称表示がLED化された車両となっている。先頭貫通型の183系の0番台は、1975(S50)年まで製造されていた。

今回のダイヤ改正では、183系はもちろんのこと、旧あさま号の時代から30年間活躍していた189系も定期運用から撤退することになっている。

房総ローカルで使用されている113系は、国府津から転用された113系2000番台等の導入により、分散型クーラー車の廃車が相次いでいる状態である。

現在までに、マリ51編成(6両編成)、マリ244、246、250、251、255編成に廃車が出ている。 11月18日には、マリ246、251編成が長野まで廃車回送されたばかりである。

そのうちのマリ244編成(クハ111-162、モハ113-1037、モハ112-1037、クハ111-1329号車)は、昨年8月28日の東京総合車両センターでのイベントで、試乗用列車として使用されていた編成で、青い海のHMが付けられていた。

今後も国府津から捻出される113系の導入により、廃車が進められることが予想される。

E257系500番台のNE11以降の編成=全車禁煙車仕様で製造されているため、12月10日のダイヤ改正まで運用に入ることが出来ない状態となっており、これまでの間は専ら北総地域での試運転に使用されている。

NE01編成のほうは、落成した時の試運転で、銚子および鹿島サッカースタジアムへも入線している。

昨年の今頃(11月5日から12月17日まで)は、小山車両センターの115系がT車1両抜きの6両で、湘南色のまま幕張に貸し出されていた。 こちらは、酒々井付近の線路冠水の被害により、6連1本が使用不能となっていたため、修理中の代替編成として、千葉~銚子間(総武・成田線)のみで使用されていた。

編成はY367編成(クハ115-367F)で、暫定的にマリ115編成となっていた。(方向幕は房総仕様に交換)

返却回送後は、7両編成に戻され、今年1月15日に行われたさよなら115系の団体臨時列車
として、Y427編成(クハ115-427F)と組んだ11両編成で、上野→黒磯間で走っていた。

湘南色の115系=関東では、上越線(高崎~水上間)、信越線(高崎~横川間)、両毛線、吾妻線で見ることが出来るけど、1往復のみ小山経由で宇都宮まで乗り入れる運用もある。

大宮車両センターに入場する時には、高崎線を走るシーンを見ることも出来るし。

現在小山車両センターの115系は、4両1編成のみ、予備車兼訓練車として残されている。こちらはY427編成(クハ115-427F)となっている。

かつて走っていた房総急行である「犬吠」、「鹿島」、「内房」、「外房」、「水郷」号は、165系にATC装置が付いていなかったため、すべて両国発着となっていた。 

そのうちの「犬吠」、「鹿島」、「内房」、「外房」号は、今から3年前に湘南色に復元された新前橋の165系(現在はすべて廃車となっている)によるリバイバル列車が運転されたけど、両国駅発着も再現されていた。これらの房総急行は、1982(S57)年11月15日のダイヤ改正で全滅している。

両国駅のミステリーホーム(3番線)=昨年8月21、22日の房総特急E257系の展示会でも使用されていた。当時展示されていた編成は、NB01編成で、同年8月19、20日に千葉駅の総武緩行線ホーム(1番線)で行われた展示会でも同様だった。
この時E257系500番台が普段走ることの無い総武緩行線を走行するシーンを見ることが出来た。

現在両国から1日1本、113系による内・外房線用の夕刊新聞輸送列車が運転されている。 こちらは夕刊の無い日曜・祝日、年末年始は運休 千葉駅からは、始発の4両と連結され、8両編成で客扱いされる。最後尾の車両のみ新聞輸送のスペースとして使用されている。こちらは千葉14:28発の内房線の183M(安房鴨川行き)が該当している。

こちらは、今でも両国~千葉間で見ることが出来る113系である。 

1996(H8)年11月までは、専用のクモユニ143型荷物電車と併結運転されていた。

そのうちのクモユニ143-1、3号車は、長野総合車両センターに転属され、現在でも基地内での入れ替えや職員輸送に使用されている。

房総地区113系の前面の行き先表示の色 総武本線(八日市場経由)=黄色 成田線(成田経由)=緑色 外房線=赤色 内房線=青色
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-28 17:25 | 鉄道乗車記

五日市線の80年

11月26日は、五日市線の80周年記念のイベントに行ってきました。

この日のルート 目白~新宿~三鷹~拝島~武蔵五日市~拝島~立川~東京~新木場~東京~新木場~東京~品川~東京~千葉~新宿~大塚~池袋~目白

拝島~武蔵五日市間で乗った201系は、80周年記念HMが付いた、青62編成(クハ201-73F)でした。 こちらは、昔の方向幕がイメージされていた。

日中の五日市線の運用は、3運用で、うち1運用はHM付きとなっていた。

今から4年前でも、103系の置き換え前で賑わっていた。

交換駅は、東秋留、武蔵増戸駅

東秋留駅は、駅舎の中に都道が入っていた有名な駅だった。

熊川~東秋留間で多摩川を渡る。 

秋川駅=これまでは西秋留駅と呼ばれていたけど、国鉄末期の1987(S62)年3月31日に秋川駅となっている。

武蔵五日市駅では、パネル展、物産展、屋台の出店、西東京バスの懐かしのボンネットバス「陣馬高原を走る

西東京バスは、京王グループのバス会社だけど、かつては、青梅電気鉄道(現在の青梅線を運用していた会社)のバス部門であった。

1929(S4)年10月30日、青梅電気鉄道関連の奥多摩振興㈱として設立 以後、青梅電気鉄道のバス部門および奥多摩自動車㈱が買収されていた。

1956(S31)年2月29日、京王グループ入り 1963(S38)年8月7日に、現在の西東京バスとなり、同年10月1日、高尾自動車㈱、五王自動車㈱が吸収合併された。

西東京バスの子会社である多摩バス㈱は、1999(H11)年10月1日設立、翌年の2000(H12)年4月1日に、青梅営業所の路線が、多摩バスに移管されている。

現在は、青梅営業所と恩方営業所の一部の路線、高速バスの路線が多摩バスの路線となっている。

西東京バスの営業所は、楢原営業所、五日市営業所と氷川車庫の3ヶ所となっている。

ボンネットバスの夕やけこやけ号は、1967(S42)年式のいすゞ車(BXD型)で、前のほうにエンジンがある。 春・秋の観光シーズンに、京王八王子から陣馬高原まで走るけど、バス共通カードを使うことが出来ない。

停車するバス停は、夕焼小焼、関場となっている。

時刻は京王八王子 8:00、10:00 陣馬高原下 8:45、15:00 今年の運転は、11月13日をもって終了している。

所要時間は、京王八王子~陣馬高原下間 約45分

ナンバーは多摩22か23-79 こちらは、旧式のディーゼル車だけど、東京都内のディーゼル車排出ガス規制対応に改造されているため、都内を走ることが出来る。

車体には、ISUZUの古いロゴがあった。 現在のいすゞ自動車のロゴも、ISUZUとなっているけど。 その前は、ウサギの耳みたいな形のロゴが使用されていた。

こちらは、修善寺と河津を結ぶボンネットバス、伊豆の踊子号と同型である。伊豆の踊子号は昨年2月の河津桜の見物の時に乗ったことがある。

中央・総武緩行線から転用された201系は、中央快速線、京葉線の場合、そのまま転用されていたけど 青梅・五日市線の場合は、前の4両が奥多摩行き(青梅で切り離される)の関係で、中間車のMMユニット2両の入れ替えが行われていた。 4両→6両 6両→4両
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-28 16:15 | 鉄道車両・路線
かつては、首都圏各地で良く見られていた103系も、現在は残りわずかとなり、首都圏の103系の最後の砦ということになってしまいました。まもなくこの最後の砦も崩れようとしています。

現在残っている103系 武蔵野線(オレンジ色)、常磐快速・成田線(エメラルドグリーン)、鶴見線(カナリア色)

11月18日、京葉線の103系は、最後まで残っていたケヨ302編成(クハ103-713F)が営業運転から離脱。 HM無しの静かな幕引きとなった。

このケヨ302編成は、11月21日に大宮まで廃車回送されていた。これによって、かつての京浜東北線を彷彿とさせるスカイブルー(青色22号)の103系が、首都圏から全滅したのである。ほとんどが京浜東北線から来た編成だった。

武蔵野線の車両は、京葉線の東京~市川塩浜~西船橋間および西船橋~南船橋~海浜幕張間に乗り入れているけど、103系の全廃をもって、京葉線からすべて103系が無くなることになる。これにより、京葉線のトンネル区間でのMT55による轟音も、聴けなくなってしまいます。こちらは、武蔵野線の西国分寺~新秋津間の長大トンネル区間でも言えることである。

京葉線の103系は、1986(S61)年3月3日の西船橋~千葉みなと間の開業の時から使われていて、1990(H2)年3月10日に東京まで延長開業されるまでの間は、103系が当たり前だった。1988(S63)年12月1日から武蔵野線の103系も京葉線に乗り入れ開始。当初はすべて6両編成で、201系も使用されていた。 1991(H3)年の205系の導入とともに8両編成化、103系も8両編成に。1996(H8)年にすべて8両編成化されたのに伴い、201系が武蔵野線から撤退していた。

2000(H12)年に中央・総武緩行線から捻出された201系によって、分割・併合列車から置き換え開始。 当時は、103系が外房線の勝浦、東金線の成東まで運転されていた。
ここから捻出された6両編成車のうちの1編成は、青梅・五日市線に転属してたけど、やはり201系に置き換えられて廃車。 そのうちの4両は、一昨年4月13日に運転された青梅線の103系のさよなら運転として青梅~奥多摩間で運転されていた。

あれ以来、201系のほか、山手線や中央・総武緩行線から捻出された205系によっても置き換えられていた。

2002(H14)年には、山手線から一番最初に運用離脱されたクハ205-11Fと15Fの2編成が京葉線入り。6ドア車を抜いた10両編成で転用。 

最後まで6+4仕様(分割・併合非対応)で残っていたDDM改造車(モハ103-502号車)を含むケヨ304編成(クハ103-345F)が、山手線から転属の205系の導入を待たずにいち早く廃車。

今年9月になってから、山手線で最後まで残っていた初期型の205系(田の字型の窓の編成)が京葉線で順次営業運転され、今年11月に山手線で最後(4月17日の最終日)まで走っていたクハ205-4Fが営業運転開始されたことにより、京葉線の103系の19年間の歴史に終止符が打たれたのである。

武蔵野線に残る103系は、E11編成(クハ103-293F)と、E15編成(クハ103-475F)は、12月改正までに全廃となる予定となっている 205系の導入は、山手線から転用されるクハ205-16Fの導入をもって完了。これをもって、3年間掛けて行われた山手線の205系の他線区への転用計画が完了することになる。

武蔵野線では103系が当たり前のように運転されていて、低運転台の初期型車も含まれていたけど、現在は2本しか残っていないので寂しい状態である。置き換え前は103系が8両編成33本在籍していた。

こちらは、1983(S58)年まで中央快速線で走っていた103系および、一昨年春まで青梅・五日市線で走っていた103系を彷彿とさせる編成だった。
武蔵野線では、開業当時から1986(S61)年まで、101系の1000番台も走っていた。

中央・総武緩行線から転用されたE38編成(クハ103-821F)は、6月25日のイベント列車で使用され、武蔵野線から追われた後に、JR西日本に売却されていた。

武蔵野線で廃車となった103系のうち、元E20、21、22、27編成のうちの4両は、オレンジ塗装のままインドネシアに売却されている。(E20、22編成は高運転台車、E21、27編成は、低運転台車となっている)
こちらでは、元都営三田線の6000系および元東急の8000系とともに活躍することになっているので驚きである。 今年7月に、伊豆のなつ号として走っていた元東急8007Fが、そのままの塗装で走っているので、まさにジャワの夏号と言いたくなるような感じである。

鶴見線の103系(カナリア色で唯一残った103系)は、T1編成(クモハ103-66F)が予備車として残されているけど、どうなるのか気になります。
既に後継ぎ車である205系1100番台の導入は完了している。
鶴見線の103系は、1990(H2)年8月2日に導入開始。

この編成は、今年8月27日に東京総合車両センターで行われた103系の試乗列車として使用されていた。 5月の大宮の時とは違い、列に並べば気軽に乗れる試乗列車となっている。

常磐快速線の103系(エメラルドグリーン)は、昨年の3月に全廃予定だったけど、マト7編成(クハ103-273F)の10両基本1本と、マト22編成(クモハ103-147F)とマト31編成(クモハ103-84F)の5両付属2本が最後の活躍をしている。 諸事情により、昨年3月までに乗りに行けなかったり、撮りに行けなかったファンにとっては嬉しい出来事である。

来年3月のダイヤ改正で、E531系に置き換えられることにより、全廃となる予定となっている。 
マト7編成は、両端部が高運転台のATC仕様車となっている。

常磐快速線では、常磐緩行線(千代田線直通)から転用された1000番台も走っていたけど、既に全廃となっている。

中央緩行線・東西線直通の103系1200番台およびその姉妹車である301系=一昨年6月までに全廃、同年8月3日、301系のさよなら運転が、三鷹→高尾間で行われていたので、普段走らない路線での走行シーンを見ることが出来た。これらの103系には、常磐快速線から転属してきた1000番台も含まれていた。こちらはE231系800番台によって置き換えられていた。

1985(S60)年9月30日から、今年10月まで走っていた八高・川越線の3000番台(ハエ53編成)は、10月2日のさよなら運転をもって営業運転から離脱されていたけど、予備車として復活を果たし、この後の10月17日に大宮まで廃車回送されていた。(最終運用は10月12日) こちらは、かつての山手線と同様のうぐいす色の103系で、首都圏から全廃されたことになった。 

京浜東北線から捻出された103系から改造された103系3500番台は、今年4月に廃車となった。 こちらはかつての山手線の面影のある編成だった。

103系は、1963(S38)年、山手線に登場、あれ以来、1984(S59)年までの21年間という長期に渡って、3447両製造されていた。 MT55の豪快なサウンド、低運転台、高運転台という豊富なラインアップなどで、人気のある車両となっていた。

上記以外の路線でかつて103系が走っていた首都圏の路線

オレンジ色 中央快速線(東京~高尾、青梅間)、1973(S48)年から1983(S58)年まで 201系により置き換え

青梅・五日市線(立川~青梅、奥多摩、拝島~武蔵五日市間) 1976(S51)年11月25日から2002(H14)年4月13日まで、定期運用は同年2月をもって終了。同じく201系により置き換え。導入当初は、低運転台車だったけど、1993(H5)年ごろからすべて高運転台車となっていた。

上記の路線は、2006(H18)年から1年掛けて新型のE233系によって置き換えられる予定。

片町線(学研都市線)でもオレンジ色の103系が使用されていたこともあったけど、JR東西線開通前年の1996(H8)年9月をもって撤退している。 それ以前に101系も走っていたこともあった。

うぐいす色 山手線(東京~池袋~東京) 1963(S38)年から1988(S63)年6月26日まで おなじみの緑色の山手線でJR時代は1年2ヶ月だった。205系によって置き換えられたけど、2002(H14)年から今年4月までにE231系500番台に置き換えられている。

埼京線・川越線(新宿~大宮~川越間、当時) 1985(S60)年9月30日から1990(H2)年12月1日まで こちらで使用された103系は、赤羽線から継承された車両のほか、山手線からそのまま転用されていた車両も含まれていた。 205系によって置き換え

横浜線(東神奈川~八王子間) 1971(S46)年10月2日から1989(H1)年2月26日まで。当時は7両編成で、前面に「横浜線」の大きな表示があったのが特徴だった。205系によって置き換え。

スカイブルー 京浜東北線、根岸線(大宮~東京~横浜~大船間) 1965(S40)年10月から1998(H10)年3月まで こちらは、33年間という長期に渡ってスカイブルーの103系が活躍していた路線だった。 1981(S56)年にATC化される前は、山手線と同様に低運転台の103系も走っていたほか、101系も走っていたこともあった。 209系によって置き換え。 第一次置き換え用として205系が導入されていたけど、こちらも209系に置き換えられている。

JR西日本のアーバンネットワークの東海道・山陽緩行線(琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線)でも走っていたけど、現在は、和田岬線(兵庫~和田岬間)で使用されている。こちらは専用の6両1編成で、2001(H13)年7月1日の電化の時から使用。電化される前は、専用のキハ35型DCが使用されていた。 
その前の1990(H2)年9月までは、旧型客車が使用されていた。

カナリアイエロー 赤羽線(池袋~赤羽間、かつての山手線、元をただせば日本鉄道品川線) 1977(S52)年から1985(S60)年9月29日まで。 101系の時代から親しまれていた黄色い103系であった。 埼京線と結ばれるようになった後も、うぐいす色の103系で運転されていたけど、やはり埼京線の205系化によって姿を消している。

中央・総武緩行線(三鷹~御茶ノ水~千葉間) 1979(S54)年から2001(H13)年3月27日まで 赤羽線と同じく、101系の流れを受け継ぐカナリア色の電車として親しまれ、低運転台から高運転台まで、幅広いラインナップを誇っていた。 209系またはE231系によって置き換え

京葉線の時と同様に最終日は、さよならHMが無く、静かな幕引きとなった。

このカナリア一色の塗装は、同線を走っていた201系にも受け継がれたけど、やはりE231系の導入により、京葉線または青梅・五日市線に転属されている。 その前に中央快速線に転用された車両もある。

南武線(川崎~立川間) 1982(S57)年から2004(H16)年12月17日まで、かつては低運転台の103系も活躍していたけど、末期は青梅・五日市線と同様に高運転台編成に統一されていた。 最後はやはりHMが無かった。

かつては、福知山線(JR宝塚線)でもカナリア色の103系も走っていたけど、現在はスカイブルーに塗り替えられ、のちに撤退した。

鶴見線の最後の1本が無くなれば、カナリア色の103系は過去帳入りすることになる。

仙石線を走っていた103系、登場当時はスカイブルー、のちにオリジナル塗装となり、末期には濃い青色の塗装に変わっていた。 205系3100番台にすべて置き換えられたけど、現在はRT-235編成のみが郡山総合車両センターに疎開留置されている。

JR西日本では、阪和線、羽衣支線、紀勢本線(きのくに線)、大阪環状線、桜島線(ゆめ咲線)、関西本線(大和路線)、奈良線、山陽本線・呉線・可部線(広島エリア)、播但線、加古川線で走っている。昨年10月16日のダイヤ改正までは、岡山エリアでも走っていた。

JR九州では、1983(S58)年の筑肥線の直流電化および福岡市営地下鉄乗り入れ用として、103系1500番台が導入されていた。 導入当初は旧国鉄時代で、青色の塗装だった。
 現在は、JR九州オリジナル塗装で、トイレの取り付け、一部ワンマン化改造が行われている。

加古川線で使用されている103系3550番台は、昨年12月19日の電化と同時に、125系とともに導入されていた。こちらは、大阪地域で使用されていた103系の中間車から先頭車改造された車両で、ワンマン化、トイレの新設などが行われている。

播但線の姫路~寺前間で使用されている103系3500番台(Mcバージョン)は、1998(H10)年3月14日の姫路~寺前間の電化とともに導入された車両で、ワンマン改造、中間M車の先頭車(Mc)化も行われていた。 3507~3509Fには、トイレも新設されている。

JR西日本では、12月1日から321系新型電車が、アーバンネットワーク(琵琶湖、JR京都、JR神戸線)に導入されるのに伴い、201系は大阪環状線、205系は阪和線に転属予定となっているので、関西の103系も危ない状態となっている。

阪和線の羽衣支線(鳳~東羽衣間)では、専用のワンマン列車である103系のL101編成の3両編成(クモハ103-23F)が使用されている。こちらは3分と乗車時間が短い。

引き続き使用される207系は、尼崎事故でのあおりを受けて、順次321系と同様の帯(塗装)に変更されることになっている。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-22 13:17 | 鉄道車両・路線

京急700形

11月20日は、京急大師線の700形に乗ってきました。 この日は、品川付近で東京国際女子マラソンを見物し、北品川で復路を見た後に、旧1000系の1363Fの6両編成による普通列車で、京急川崎まで行きました。

京急の旧1000形は、1959(S34)年登場。登場当時は、非貫通の2枚窓車で、1961(S36)年に増備された車両から、貫通ドア付きに、これまでの1000系も貫通ドア式に改造されていた。旧1000形は、1978(S53)年までの19年間という長期に渡って増備されていた。

白幕の分散型クーラー車の旧1000形は、今年2月をもって全廃となったけど、8両固定編成の1283Fが廃車となったことにより、黒幕の編成にも廃車が出たことになった。

旧1000形が実際に都営浅草線乗り入れに使用されるようになった時は、1968(S43)年6月21日の泉岳寺~品川間の接続新線の開通と同時に、都営浅草線との相互乗り入れが開始された時である。現在京急と都営浅草線を結ぶ直通列車は8両編成が当たり前だけど、1993(H5)年4月1日から一時的に羽田(現天空橋)までの直通列車に旧1000形などの6両編成も使われていたこともある。

品川口の普通列車は4両編成または6両編成だけど、梅屋敷駅では、ホームが短いために、6両編成のうち、浦賀・三崎口寄りの2両のドアが開かないことになっている。 高架化工事が完了すれば解消されることになっている。

京急といえば、「くるり」による「赤い電車」がテーマ曲となっている。 くるりのヴォーカリストである岸田繁氏が鉄道ファンであるということから生まれた曲である。 赤い電車は歌い出す「ファソラシドレミファソという歌詞があるけど、こちらは、2100形および新1000形の初期型車でこのドレミファサウンドを聴くことが出来る。 こちらは、JR常磐線の上野~土浦間を走るE501系でもこのような音を聴くことが出来るけど、一部が異なっている。

京急川崎に到着、地平の3番線で電車を待っていたところ、さよならHM付きの739Fが来たので、すぐに撮影をしました。 このさよならHMは、ご当地である川崎大師のダルマがイメージされていました。

京急大師線は日中の通常時は、3編成運用となっており、この739Fのほか、ヘッドマーク無しの741F、旧1000形の1313Fが使用されていた。

京急大師線の路線 京急川崎~港町~鈴木町~川崎大師~東門前~産業道路~小島新田

この京急大師線は、京急の発祥路線で、1899(M32)年1月21日、大師電気鉄道の路線として、六郷橋~大師(現川崎大師)間が開業したのが最初であった。

1902(M35)年9月1日に、六郷橋~川崎(現京急川崎)間が開業 

1944(S19)年6月1日には、川崎大師~産業道路間、同年10月1日に産業道路~入江崎間が開通 翌年入江崎~桜本間の開通により全通。 そのうちの塩浜~桜本間は、1952(S27)年1月1日に、川崎市交通局(川崎市電)の一部となった。

六郷橋駅は、1949(S24)年6月30日をもって廃止された。

1964(S39)年3月25日、塩浜操車場(現川崎貨物駅)の建設工事により、小島新田~塩浜間休止、1970(S45)年11月20日をもって正式に廃止された。

川崎市電は、市電川崎(川崎駅前)~塩浜間で走っていたけど、1967(S42)年6月1日に池上新田~塩浜間 1969(S44)年4月1日に、川崎駅前~池上新田間が廃止されている。

港町駅=コロムビアミュージックエンタテイメントの川崎工場や川崎競馬場のある駅で、以前はコロンビア前駅と呼ばれていた。

鈴木町駅=調味料・食品メーカーの最大手である味の素の川崎工場の前にある駅で、開業当時は、味の素前駅と呼ばれていた。 鈴木町の由来は、味の素の前身である鈴木商店にちなんでいると言われている。あとは、メルシャンワインの川崎工場もある。

川崎大師は、ご存じ、川崎大師の最寄り駅で、正月三が日の初詣の時などに賑わうことになる。 正月三が日には恒例の干支にちなんだHMが付けられているけど、700系による初詣輸送は、今年で最後となった。

小島新田駅=川崎貨物駅のすぐ近くにあるので、川崎市によるゴミ輸送のコンテナ車を見ることが出来る。

川崎貨物駅(旧塩浜操車場)は、1964(S39)年3月25日に開業した神奈川臨海鉄道の3線への分岐駅でもある。

東海道線の貨物線の路線 浜松町~東京貨物ターミナル~川崎貨物~浜川崎~鶴見~横浜羽沢~大船~小田原間から成っている。

東京貨物ターミナル~川崎貨物間は、京浜運河や多摩川を横断する長大トンネル(羽田海底トンネル)区間となっている。 将来的には、りんかい線の東京テレポート駅と桜木町方面を結ぶ鉄道として整備され、天空橋駅付近には仮称羽田空港口も設けられることも予想される。 小島新田駅付近の陸橋からは、川崎貨物ターミナル駅のほか、多摩川を横断する長大トンネル
の入り口を見ることが出来る。

品鶴線は、1929(S4)年8月21日の開通当時、品川~新鶴見操車場~鶴見を結ぶ貨物線として開業、1980(S55)年10月1日の横須賀線の総武快速線との直通化および東海道線からの分離(SM分離)により、旅客化されている。 新鶴見信号所に隣接された新川崎駅も同時に開業。 1986(S61)年4月2日には、西大井駅も新設されている。こちらは、湘南新宿ラインのルートの一部でもある。

浜川崎~鶴見間は、一部南武支線と共用されている。

東京貨物ターミナル駅は、1973(S48)年10月1日に新設されている。これによって、川崎~浜川崎間が廃止されている。こちらは、東海道新幹線の車両基地と隣接されている

浜松町~東京貨物ターミナル間は、かつて浜松町発着のカートレインに使用されていたけど、都営大江戸線の建設工事により休止、2003(H15)年3月31日をもって廃止されている。
田町から分岐する貨物線の線路は、東海道新幹線の回送列車のみの通過となっている。

東京貨物ターミナルの北側には、りんかい線の車両基地があり、ここから現在のりんかい線を経て京葉線と結ばれるはずだった。

神奈川臨海鉄道の路線は、川崎エリアの3線(浮島線、千鳥線、水江線)、横浜エリアの本牧線から成っている。

浮島線 川崎貨物~末広町~浮島町 浮島といえば、川崎と木更津を結ぶ東京湾アクアラインの川崎側のゲートとなっている。
末広町駅には、ゴミ処理施設があるので、梶が谷貨物ターミナルから末広町まで、川崎市のゴミ輸送列車(クリーンかわさき号)が運転されている。 この列車は今から10年前の1995(H7)年10月6日に運転開始されている。これ以前はトラックで輸送されていたけど、川崎駅付近での渋滞が激しいので、鉄道による輸送に切り替えられていた。 かつては鉄道からトラックへの輸送転換が盛んに行われてきていたけど、トラック等に比べて地球環境に優しいということが評価されてこの逆も増えている。

このような輸送列車によって、地球温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOX)の大幅に低下されたという効果が出ている。

千鳥線 川崎貨物~千鳥町

水江線 川崎貨物~水江町 

本牧線 根岸~横浜本牧~本牧ふ頭 開業したのは、1969(S44)年10月1日のこと。

1日辺り、根岸~横浜本牧間4往復、横浜本牧~本牧ふ頭間1往復の貨物列車が運転されている。

沿線には、新日本石油(ENEOS)の製油所や、日産自動車の本牧専用埠頭もある。
横浜本牧駅前には、三菱重工業の横浜製作所もある

横浜本牧駅から南へスイッチバックし、国際埠頭へと伸びる専用線もあったけど、こちらは今年7月に廃止されている。 この路線では、塩の輸送が行われていた。

根岸駅では、タンク車の群れを見ることが出来るのはそのためである。

根岸線は、京浜東北線の延長線というイメージが強いけど、貨物列車が頻繁に行き交う路線としても有名である。

桜木町駅辺りから分岐し、東高島貨物駅を経て、鶴見まで行き、ここから東海道・武蔵野貨物線へと連絡している。かつては、新興貨物駅へと通じる路線もあった。

話は本題に戻すけど、この京急700形のさよなら運転列車には、沿線の幼稚園・保育園児によって描かれた絵が展示されていた。11月24、27日は点検のためにHM付きが運転されないので要注意である。

11月28日は、沿線の幼稚園児・保育園児による貸切運転が行われ、この時に最後を迎えるのである。

全盛期は、大師線運用のほか、本線での普通列車の運用、朝ラッシュ時の通勤快特(現在は廃止)の運用など幅広く使われていた700形も、長年走り慣れてきた大師線の運用を最後に引退する時がやってきました。

741F=1971(S46)年に導入された700形のラストナンバー車で、10月30日に、鉄道友の会による700系惜別乗車会(筆者は参加しなかった)に使用されていた編成だった。

この列車は、品川駅の3番線を出た後、京急川崎、神奈川新町などに停車し、この後久里浜の車両基地まで運転され、ここで撮影会が行われた後で解散という行事だった。

筆者は、神奈川新町駅で撮影していました。 行き先表示は貸切、HMは無かった。

700形が回送以外で本線を走る姿は久しぶりだったと思います。

10月30日は、大師線で739F、1321、1328Fが使用されていた。

現在残っている700形も、先頭車のみことでんに売却されることが予想されます。

鉄道友の会による、京急の惜別乗車会といえば、今年2月13日に運転された、旧1000形の初期型分散型クーラー車の乗車会も行われていました。残念ながらこちらの追っかけには行かれなかったけど。

もちろんHM無しの普段着姿の741Fも撮影しました。

この後、京急川崎から汐入まで、新1000形の1405Fで行きました。 こちらの編成は、ドレミファサウンドの編成でありました。

京急は、踏切事故防止などによる安全対策により、先頭M台車にこだわっている状態となっている。そのため、先頭M台車の編成のみ京急への乗り入れを受け入れられないという状態である。 京成3600形は、8両固定編成だけど、先頭M台車ではないため、京急に乗り入れることが出来ないということがネックとなっている。 

金沢文庫駅付近の東急車輌には、E231系の2階建てグリーン車が置いてありました。 東海道線へのE231系の導入も大詰めを迎え、残るは10両の基本編成(8両のみ新製)のみの輸送となりました。付属の5両の輸送は完了している。明るいうちにこの区間(金沢文庫~金沢八景間)を通過する時に必ずチェックしている。東急車輌は、都心に最も近い鉄道車両メーカーとなっている。 かつては蕨市に日本車輌の東京支店もあったけど。

日中の特急が、快特に格上げされたことにより、神奈川新町、追浜、汐入駅に停車しなくなったので不便になったという声も多い状態である。日中は各駅停車への乗り換えを余儀なくされ、余計時間が掛かってしまうという結果を招くことに。

汐入駅前には、横須賀中央駅の手前にある駅で、よこすか芸術劇場、横須賀プリンスホテル、ダイエーなどのショッピングモール(ショッパーズプラザ)があるけど、快特が停車しないのが玉に傷である。

横須賀といえば、山口百恵女史によって歌われていた横須賀ストーリーなどで有名で、「これっきりこれっきりもう、これっきりですか」というフレーズでおなじみである。

JR横須賀線の横須賀駅は、横須賀軍港のすぐ近くにある駅となっている。 横須賀のメインストリートへは、京急の横須賀中央駅が最寄り駅となっている。横須賀の名物は、横須賀海軍カレーが有名である。アメリカ軍の横須賀基地もあることも有名。

横須賀芸術劇場で行われたモーニング娘。のコンサートを見物した後、汐入駅から品川まで、新1000形の8両編成による、特急泉岳寺行きに乗りました。 この時の編成は、今年度新造された1049Fで、LED表示ではなく、従来の幕式の方向幕となっていました。

今年度中には、700形のほか、旧1000形にも廃車が出ることが予想される。

700形、旧1000形のエアコンプレッサーの音は、スクリュー型で「ウィーーーーーーーーン」という鋭い音が特徴となっているので、かつての営団(現東京メトロ)の5000系のCPを思い出します。 このような音のCPは、湘南モノレールの主力である500形でも聴くことが出来る。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-21 15:12 | 鉄道乗車記

中央線特急2

E351系スーパーあずさ号 こちらは、183系の第一次置き換え用および中央線のスピードアップ化、輸送力増強により、1993(H5)年に登場した車両である。JR東日本のオリジナル車両で、Eが付く形式となった第一号である。 房総特急の255系は、1992(H4)年度末の落成であったため、Eが付かなかった。Eの付かないJR東日本のオリジナル車両は、255系が最後となった。(通勤型車両としては、209系、近郊型としては701系が最後)

Eの付くJR東日本のオリジナル車両 通勤・近郊型 E231系、E501系 近郊型 E127系、E217系、E531系 特急型 E257系、E351系、E653系、E751系 新幹線 E1系、E2系、E3系、E4系 事業用車 E926系(新幹線)、E491系、キヤE193系 試験車 E993系(ACトレイン)、キヤE991系(NEトレイン)、E954系(新幹線、FASTECH 360S)

これから登場予定 E233系(中央線快速、青梅・五日市線用)、E721系(仙台空港アクセス用)、E955系(ミニ新幹線対応高速試験車、FASTECH 360Z)、キハE200系(小海線用ハイブリッド気動車)

Eの付かないJR東日本のオリジナル車両(H4年度以前の落成) 通勤型 209系 近郊型 107系、215系、701系、719系 特急型 251系、253系、255系、651系 新幹線 400系 ローカル用気動車 キハ100、110系

E351系は、651系スーパーひたちに準じた高運転台、前面のLED装置、振り子式台車などの採用、卵形に大きく絞られた車体断面などが特徴である。 12両という編成の長さを生かして、多客期の臨時列車にも使用されることもある。

グリーン車は、2+2の4列で、シートヒーターが完備されているのが特徴である。

普通車の座席も、長時間座っても疲れにくい形状となったいる。

新宿~松本間12両編成だけど、松本~南小谷間の大糸線区間では、8両編成での運転となるため、新宿~松本間で見ることが出来ない、貫通型のマスクを見ることが出来る。

以前は閑散期に限り、モノクラスの4両編成で大糸線を走っていたこともあった。

本当は、ほとんどがE351系によって置き換えられる予定だったけど、コストが掛かること、振り子式台車の本領発揮出来る区間が限られていること、12両編成で、時には輸送力過剰となること、乗り心地があまり良くないことなどの理由によって、後継ぎ車のE257系によって置き換えられるようになった。

登場当時は、新宿寄りの1~8号車が基本編成、松本寄りの9~12号車が付属編成だったけど。 現在は、1~4号車が付属編成、5~12号車が基本編成となっている。グリーン車は5号車から9号車に移設された。

車体は普通鋼製 最高速度は130Km/h 表定速度は90Km/h 新宿~松本間 最速 2時間25分 振り子装置は、八王子~松本間のみで使用されている。

普通車指定席 1、2、7、8、10、11、12号車 普通車自由席 3、4、5、6号車 時期により3号車も指定席になる場合あり。 グリーン車 9号車 喫煙席 6、8号車 その他はすべて禁煙車 トイレ・化粧室 偶数号車(2、4、6、8、10、12号車、うち2、6号車の個室には、ベビーベッドもある) 列車電話 11号車 車椅子対応座席・多目的室 10号車 自動販売機 3、7、11号車  4号車と5号車の間は通り抜け可能となっている。

スーパーあずさ号 1996(H8)年3月16日から2004(H16)年3月12日まで、上り1本のみ(SA(スーパーあずさ)6号(現4号))が、東京駅に乗り入れていたことがあった。 
1995(H7)年7月に重層化された中央線ホームでは、11両または12両編成に対応している。 現在は臨時列車でも東京駅に乗り入れることはない。
筆者は、新宿→東京間のスーパーあずさ号に乗れずじまいとなってしまった。(T_T)

大糸線乗り入れ SA11、16号が白馬(多客期のみ南小谷)に乗り入れているけど、12月10日の改正で、松本止まりとなる。従来通り多客期のみ、南小谷まで乗り入れることになっている。 その代わり、SA6号が信濃大町始発となる。こちらは松本まで8両で、松本から12両となる。昨年3月のダイヤ改正以前は、新宿8時発のSA3号(現5号)およびSA8号(現22号)も南小谷まで乗り入れていた。こちらの乗り入れ運用は、千葉発のあずさ3号、新宿行きのあずさ24号(いずれもE257系使用)にシフトされている。

スーパーあずさ号の増発 2004(H16)年3月13日の改正で、E257系使用だったあずさ61号、あずさ60号が、それぞれSA23、16号となり、新宿~松本間、8往復から9往復となった。

スーパーあずさ号は、立川に停車する便が1本も無いためすべて新宿~八王子間ノンストップとなっている。 
12月10日の改正で、E257系のあずさ号の下り3本、上り2本が立川駅停車化され、E257系使用の列車がすべて立川に停車するようになる。そのため、新宿~八王子間のノンストップ運転は、スーパーあずさ号だけとなる。

1次車のグリーン車の座席、登場当時は茶系だったけど、現在は2次車と同様の薄紫色の座席となっている。どちらもシートヒーター付き

E351系は、平日に限り、新宿~小田原間のライナー(旧湘南新宿ライナー)の1往復にも使用されている。 ホームライナー小田原27号、おはようライナー新宿22号がそれである。

E257系は、2001(H13年)に登場。車体は、E653系(フレッシュひたち)、E751系(つがる号)がベースのアルミ車体、制御装置はE231系がベースとなった新世代特急列車となっている。 こちらは、TIMS(列車情報管理システム)が特急用車両としては初採用されている。TIMSはE231系、E531系、相鉄10000系、都営新宿線10-300系にも採用されており、もちろんE233系にも採用されることになっている

側面には、緑、黄色、ピンク、水色と四季がデザインされた塗装が施されている。座席もこのカラーリングが入っている。

側面の号車表示には、中央線沿線がテーマのイラストも入っている。

先頭は、1号車と11号車がワイドな1枚窓の非貫通、3号車が貫通型となっており、どちらも前面展望を楽しむことが出来る。
愛称表示は、LED式で、日本語のあずさ/かいじの表示と、英語のAzusaとKaijiの表示が交互に表示されている。 3号車の貫通型では、AとKの表示が目立っている。

冷房装置は低重心化により、床下に設置されている。 コスト低減のため、E351系と同様の振り子式装置は採用されていない。 最高速度は130Km/h 

快適な乗り心地および斬新なデザイン等が評価されて、2002(H14)年度のブルーリボン賞に輝いたのである。

グリーン車は、半室タイプとなったけど、シートヒーターは採用されていない。

普通車指定席 1、2、6、7、9、10、11号車と8号車の一部(新宿寄り) 普通車自由席 3、4、5号車(かいじ号は6号車も自由席となる) グリーン車 8号車の一部(甲府・松本寄り) 喫煙席 5、9号車 その他はすべて禁煙車 トイレ・化粧室 1、3、5、7、8、10号車、列車電話 5号車 車椅子対応座席・多目的室 7号車 自動販売機 5、10号車 フリースペース(喫煙可能) 9号車 2号車と3号車の間は通り抜け可能となっている。

9両編成で運転される時は、1、2号車が欠車となる。

E257系の大糸線乗り入れ あずさ3号、24号の1往復(南小谷発着)、あずさ8号(信濃大町発着)

E257系0番台は、中央線特急のほか、中央ライナーの一部、青梅ライナー、ホームライナー小田原21号、おはようライナー新宿24号、湘南ライナー1、4号、松本~長野間の快速にも使用されている。

E257系は、ライナー使用後の回送列車で熱海まで入線している。

東京駅には、中央線特急あずさ、かいじ号のほか、東京発着の湘南ライナーとしても乗り入れているので、上部の中央線ホームと東海道線ホームの2つで見ることが出来る。 房総特急用の500番台を含めれば、京葉線地下ホーム、総武線地下ホーム(12月10日から)でも見ることが出来るのである。

甲府方面から高尾行きの終電車が30分繰り下げとなることも嬉しいニュースである。 これまでは、甲府21:37発→高尾 23:01着が最終だったけど、12月10日からは、甲府22:07発
→高尾 23:31着が最終となる。 高尾で東京行きの最終各駅停車(高尾23:38発)に接続。こちらは、御茶ノ水で津田沼・千葉方面への各駅停車には接続していないので要注意である。

甲府発新宿行きの最後の特急は、従来通り、甲府21:08発のスーパーあずさ36号(途中石和温泉、大月、八王子に停車)となっている。

松本車両センターでは、9両分しか停車することが出来ないので、E351系、E257系ともに分割されて留置されている。 11両固定のあずさ・かいじ号の189系が、長野所属となっていたのはそのためである。

松本~長野間の快速 松本 19:30発、長野 7:41発 かつての長野行きあずさの運用の一部で、松本~長野間のみ快速列車として独立している。 快速列車なので全車禁煙

途中停車駅 長野行き 田沢、明科、西条、坂北、聖高原、篠ノ井
松本行き 川中島、篠ノ井、篠ノ井より先の各駅 上り松本行きのみ姨捨駅に停車するため、この列車に限り、E257系がスイッチバック方式で停車するという珍しい光景を見ることが出来る。
この列車は、長野総合車両センターへの送り込みおよび送り返しとしても使用されている。

新宿駅の特急発着ホーム 5、6番線 改良工事前は、現在の7、8番線のある場所にあったけど、改良工事により、2003〔H15)年2月2日より、代々木寄りに仮移設されている。 改良工事完成後は、昨年9月まで使用されたいた旧7、8番線(中央快速線上りホーム)のあった場所に移設される予定となっているけど、現在の5、6番ホームは引き続き臨時列車用として使用される予定である。
なので不便な状態を余儀なくされている。

東京、千葉発着のあずさ、かいじ号は、7番線または9番線発着となっているけど、新宿始発のうち、新宿 8:30発のあずさ7号は9番線、18:00発のあずさ29号は7番線からの発車となっている。

再来年のNHK大河ドラマは、風林火山となるので、今から17年前の1988(S63)年の武田信玄以来の山梨(甲州)ブームとなることが予想されます。

1988(S63)年の武田信玄の時代は、183系列が当たり前だった。(特急かいじ号が登場した年で、イタリアンカラーのGUあずさも走っていた) スカ色の115系(通称山スカ)も一部新宿に乗り入れていたし。

スカ色の115系、1970(S45)年から1976(S51)年まで、急行かいじ号にも使用されていたけど、115系なのに急行料金が必要という変わり種の列車だった。1976(S51)年には快速に格下げされていた。

2002(H14)年10月6日の初狩駅構内でのイベントで、115系スカ色編成による、急行かいじのHMが再現されていた。

急行かいじ号は、1986(S61)年11月の改正で廃止されたけど、かいじの愛称名は、1988(S63)年3月の改正で、特急かいじ号として復活している。

かつてスカ色をまとって中央東線を走っていた初期型の115系は、一部が伊豆急の200系として走っているけど、元東急の8000系に置き換えられて全廃となる予定となっており、伊豆急2100系リゾート21の第一編成の黒船電車も、来年3月までに廃車となる予定である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-18 11:27 | 鉄道車両・路線

中央線特急1

前回のブログで紹介した、E257系500番台が走る房総各線のほか、E257系0番台の走る中央線のダイヤも昨年3月改正以来、大幅に改正されることになります。

JR東日本の大規模なダイヤ改正。1回目は、1988(S63)年3月13日 その次は、1989(H1)年3月11日、初期の頃は、貨物を含め全国一斉に改正されるのが当たり前だったけど、10年前の1995(H7)年から、エリア毎に、2度に分けて改正される方式が定着してきた。JR東日本以外(JR貨物を含む)でも、ダイヤ改正が分散化されている。

JR西日本の一部地域、東海、九州では、10月1日にダイヤ改正が行われている。

JR東日本=今年度は、12月10日と来年3月18日の2回に渡ってダイヤ改正される予定となっており。12月10日改正分は、新幹線等の優等列車が中心となる。常磐線では、今年8月24日に開通したTX(つくばエクスプレス)に対抗するために、7月9日に前倒しでダイヤ改正されていた。E531系のさらなる増備は、来年3月18日の改正の予定である。

昨年度は、10月16日と3月1日に行われていた。10月16日の改正は、湘南新宿ラインの増発、房総特急のE257系の登場などで話題となっていた。

E351系スーパーあずさ SA11号および28号 松本~白馬間の臨時列車化、SA14、28号の塩尻、岡谷駅停車化、SA6号の信濃大町始発化 

SA6号は、大糸線で唯一のスーパーあずさの定期運用となる。SA=スーパーあずさ

E257系使用のあずさ号 3往復ともに立川駅停車化 これにより、新宿~八王子間ノンストップ運転は、E351系スーパーあずさ号のみとなる。

E351系スーパーあずさ号の運用では、希にE257系による代行運転となることもある。

最終かいじ123号甲府行きの東京駅始発化

その前のかいじ121号は東京駅始発となっているので、通勤にも便利な特急となっている。 全列車定期券+特急券での利用も可能となっているので。

その反面、新宿駅から座って行ける確率が減るという問題も生じています。

E351系スーパーあずさ号、1993(H5)年12月23日、183系の第一次置き換え用として、振り子式装置固定の上で、臨時あずさ号で暫定デビュー 当時は、週末を中心に運転されていた。 当初の編成=12両編成2本、24両で、基本編成と付属編成の位置が逆だった。(新宿寄りが基本編成、松本寄りが付属編成)

翌年の1994(H6)年12月3日、振り子式装置使用の上で、スーパーあずさ号として本格的にデビュー。 1往復のみ南小谷まで乗り入れていた。1運用は、毎日運転、もう1運用は、火・水に限り、183系で代行運転されていた。

1995(H7)年12月には、2次車が登場。 翌年の1月までに12両5編成60両出揃っている。
 この時から、松本寄りが基本編成(8両)、新宿寄りが付属編成(4両)となった。

この2次車は、IGBT化、シングルアームパンタの採用、車体の高さや自重の変更などでマイナーチェンジされている。 1次車と比べて重心が低くなっている。

1次車は、量産化改造が行われ、1000番台に改番 中間車の一部組み替えも行われた。

1996(H8)年3月16日に増発されて現在に至る。 昨年3月13日のダイヤ改正で、運行の見直しによる増発も行われていたけど。

1997(H9)年9月末に、信越線の旧あさま号が廃止された時には、189系の一部が転用され、183系が置き換えられていた。 一部11両編成のまま使用された。

中央線特急は、ほとんどこのE351系で置き換えられる予定だったけど、コストが高い、振り子式装置の本領発揮出来る区間が限られていることなどの理由で、5編成60両で止められている。

1997(H9)年10月12日、大月駅構内で、201系の6両編成の回送列車と、ここを通過中のE351系スーパーあずさの第三編成が衝突・脱線した事故があり、被害の大きかった車両については、その場で解体・撤去され、足回り品再利用の上で、新たに車体が作り直されていた。

幸い双方の乗客等から犠牲者は出なかったけど、長野オリンピックの前に起こってしまったので残念である。

第三編成が復旧するまでの間、一部の運用のみ、183系または189系に時刻修正の上で代行運用されていた。
2000(H12)年12月2日から1年間、5編成すべて空調などのリフレッシュ工事が行われていた。同様に一部の運用が、183系・189系による運行となっていた。

2001(H13)年12月1日、中央線に残る183・189系の置き換え用として、E257系が導入されていた。 E351系ではコストが掛かるので、より軽量でコストの安いE257系(E653系&E231系ベースの新型直流特急電車)によって置き換えられていた。

車体は、E653系&E751系、制御システムはE231系ベース

当初は、9両の基本編成、2両の付属編成3編成ずつの33両が導入されていた。(M101~103、M201~203)

189系のような11両の固定編成では、松本電車区(現松本車両センター)で留置出来ない、時には輸送力過剰となるということで、9両および2両連結の11両としても使える車両となっている。 189系の11両固定編成は、旧あさま号の時と同様に、長野総合車両所(現長野総合車両センター)所属となっていた。

デビュー当時は、すべて11両編成で、新宿~松本間および松本→新宿→東京間のあずさ号の3往復のみの運転だった。

翌年の2002(H14)年3月23日のダイヤ改正で、あずさ号3往復のほか、かいじ号の5往復にも使用されるようになった。 9両の単独運転もこの時からスタートした。
この時までに9両編成5本45両(M104~M108編成)が導入されていた。

同年7月1日、かいじ号の4往復、あずさ号の1往復、中央ライナーの1往復、青梅ライナーにE257系が追加導入。 これにより、かいじ号がすべてE257系となった。これまでに、9両編成5本、2両編成1本の計47両導入されていた。

さらに12月1日のダイヤ改正では、すべてのあずさ号がE257系に置き換えられた。この時に、9両編成16本、2両編成5本、計154両出揃った。 この改正までに、9両編成3本、2両編成1本の計29両追加されていた。

特急あずさ号は、1966(S41)年12月12日、新宿~松本間、2往復から始まった。当初は181系の10両編成で、上越線の旧とき号と共通だった。 グリーン車2両連結、食堂車付き

1972(S47)年10月1日、あずさ号の甲府発着の新設(現在のかいじ号)の源流の1つである。

1973(S48)年10月1日、あずさ号に183系が登場。

1975(S50)年12月6日、あずさ号から181系が引退、すべて183・189系となる。

1982(S57)年11月15日 あずさ号の南小谷乗り入れ開始。

1983(S58)年7月5日 塩嶺ルート(岡谷~みどり湖~塩尻間の短絡ルート)の開通により、辰野駅経由(大八回り)からみどり湖経由に変更されて、スピードアップ化される。 

1986(S61)年11月1日(国鉄最後のダイヤ改正) あずさ号の大増発。 従来の新宿発着のほか、東京、千葉発着も登場。 これにより、アルプス(日中のみ)、かいじ、こまがね、みのぶ号と言った急行がすべて廃止された。 急行アルプス号は165系から183系の夜行便へ

編成は、12両編成から9両編成に短縮化された。 増発分は、485系の付随車の先頭車化によってまかなわれた。

1987(S62)年12月、あずさ号に183系のグレードアップ編成が登場。 当初はアイボリーに緑色と赤色の帯の入ったイタリアン塗装だった。こちらは高速バスに対抗するためにグレードアップ化されていた。 グレードアップ化は、普通車指定席、グリーン席のセミハイデッカー化、グリーン席は2+1の3列、トイレのクリーンアップ(グリーン車トイレは洋式に)などが行われていた。このグレードアップ化は、1990(H2)年の旧あさま号のグレードアップ化にも波及していた。

1988(S63)年3月13日、甲府発着のあずさ号がかいじ号に変更される。 当初かいじ号は、1往復を除き、183系の6両のモノクラス編成で、新宿~松本間のあずさ号の1往復も6両編成となっていた。 6両化によって捻出された中間車は、旧あさま号の11両化に使われていた。

1992(H4)年には、あずさ号が水色の帯の塗装に順次変更され、グレードアップ編成も塗装変更された。

1993(H5)年7月13日、かいじ号がすべてモノクラスの6両編成から、本来の9両編成(グリーン車付きの編成)に戻される。

1994(H6)年12月3日、E351系のスーパーあずさ号の登場により、183系の一部が置き換えられる。

1996(H8)年3月16日、スーパーあずさ号の増発。

1997(H9)年10月1日、信越線の旧あさま号の廃止により、捻出された189系があずさ・かいじ号に使用されるようになる。 11両のグレードアップ編成はすべてあずさ・かいじ号に転用されていた。(一部9両編成に短縮)

2000(H12)年12月2日 E351系の空調などのリフレッシュ化により、一部のスーパーあずさ号が183・189系により1年間代替運転される。

2001(H13)年12月1日 E257系の登場 翌年の12月までにすべてのあずさ・かいじ号が183・189系から置き換えられていた。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-16 16:25 | 鉄道車両・路線

房総特急

東京から蘇我まで乗った車両は、E257系500番台の5両編成によるわかしお13号。 編成番号はNE07(クハE257-507F)で、近畿車輛製となっていました。

507という数字で、モー娘。の紺野あさ美ちゃんの誕生日である5月7日を連想してしまいます。

蘇我から千葉まではE217系の快速、千葉から佐倉まで、113系4両編成の普通列車で移動しました。 
房総地区の113系は、東海道線から転用された113系2000番台等の投入により、初期型のインバータクーラー車に廃車が出ている。 やはり183系とともに要チェックの編成となっている。

佐倉から東京までは、183系6両編成によるしおさい12号に乗りました。 編成は、マリ22編成(クハ183-5F)でした。中間車(モハ183-1044ほか)は、かつて上越線特急の旧とき号や中央線特急あずさ・かいじ号で使われていた1000番台で、こちらも原型の簡易リクライニングシートとなっていた。

こちらは、1978(S53)年に新製された当時は、新潟所属で、上野と新潟を上越線経由で結ぶ特急旧とき号に使用されていた。旧とき号の廃止後は、長野に移り、1998(H10)年のMユニット差し替えの時まで、中央線特急あずさ・かいじ号に使用されていた。 旧あさま号から転用された189系によって玉突きとなった183系の中間車が幕張の車両になった。結局189系も、E257系の導入により、定期運用から追われたけど。

1998(H10)年に幕張に移り、これまでのMユニットが差し替えられていたけど、ATCの関係で、先頭車のみ現状維持の状態であった。幕張の8両編成の183系でも言えることである。

東京駅に到着した後はもちろん撮影。 通い慣れていた東京駅の総武地下ホームから別れの時が近づいてきてることを実感しました。

登場当時は、専らわかしお・さざなみ号で使用されていた。 しおさい・あやめ号が登場したのは、筆者の生誕年である、1975(S50)年3月のことだった。すいごう号は、1982(S57)年11月15日に、これまでの急行水郷号の格上げで登場したけど、昨年の改正で、あやめ号に統合されて廃止されている。

貫通タイプの6両編成は、183系0番台で原型を保っている編成で人気がある。 この車両も間もなく見納めとなるのが寂しいです。

本当は成東から乗りたかったけど、時間の関係で佐倉からの乗車となった。 佐倉駅は、平日朝に運転されるしおさい80号(12月10日からしおさい4号)の始発駅となっているし。

近畿車輛製のE257系500番台は、NE07、08編成の2編成のみ。

E257系は、中央線用の0番台を含め、ほとんどが日立製作所で製造されている。

0番台は既に3社(日立、東急、近車)揃い踏みで製造されていたけど。

今年度になってからは、500番台も東急車輌で製造されるようになった。NE11~14の4編成が該当している。

その他の編成はすべて日立製

E257系500番台は、5両編成で、5+5の10両組めるので、8両または9両では輸送力が足りないまたは輸送力過剰の状態となるのでちょうどいいと思います。こちらは、東北・上越新幹線のE4系の併結運転みたいな状態です。

外房線特急わかしお号は、午前中の1.5往復を除いてすべてE257系化されるので、255系の上総一ノ宮行きも見納めとなる。

改正後の255系使用のわかしお号 わかしお2号 6:11発→東京 7:08着
わかしお1号 東京 7:15発→安房鴨川 9:15着 わかしお10号 安房鴨川 9:38発→東京 11:34着

255系は、1993(H5)年7月2日、内房線・外房線の183系の第一次置き換え用として、9両2編成18両登場。車体は、成田エクスプレス(NE’X)で使用されている253系ベースで、スーパービュー踊り子(SVO)用の251系みたいな前照灯が採用されているのが特徴である。

足回り品は、JR東日本の特急列車としては、初めてのVVVFインバータ装置が採用されている。こちらは、京浜東北線の901系B編成(現209系900番台、クハ209-911F)で試用されているのと同じタイプである。 
メーカーは253系と同じく、東急車輌と近畿車輛の2社で製造されていた。

当初はビューわかしお、ビューさざなみ運用に1本ずつの使用だったので、さざなみ号のみ183系で代行運転されていたこともあった。

1993年度のグッドデザイン賞受賞

翌年の1994(H6)年12月には、3編成増備され、現在の5本体制となる。 この時点で、183系の一部が置き換えられた。

255系は、新宿わかしお・さざなみ号で新宿まで乗り入れるほか、臨時で千葉~甲府間のビューかいじ号にも使用されている。255系のパンタグラフが、中央東線の低いトンネルにも対応していたので実現したのである。

側面の表示は、幕式だったけど、最近になってから5編成すべてLED式に交換されたのである。このため、ビューわかしお/ビューさざなみの入った方向幕も、一足先に見納めとなった。
 255系のLED表示は、当初からビューの表示が省略され、わかしお/さざなみとなっている。

これにより、ビューかいじ号の動向が気になります。

今年12月のダイヤ改正で、しおさい号の5往復(東京~銚子間、銚子→新宿間)の運用にも進出。 現在余裕のある255系で試運転が行われている。
8両→5両へのダウンを防ぐために、9両編成の255系が進出したと思われます。 佐倉および成田より先は10両編成の列車が入れないということになっているので。

これまで183系オンリーだった北総方面の特急列車が一気に255系またはE257系500番台に置き換えられることは驚きである。 

E257系500番台。 昨年10月16日、房総特急に残る183系の置き換え用として、5両単独および重連の10両で使える車両として登場。 車体は、中央線特急あずさ・かいじ号で使用されている0番台がベースとなっている。

183系と同様、短時間で気軽に乗れる特急列車ということで、全車普通車のモノクラスとなっている。 あとはグリーン車需要が少ないということもあるし。

E257系0番台や255系にあった自動販売機が無いのが不満である。その分は車内販売で補うことが出来る。

E257系500番台の登場により、ラッシュ時に5+5の10両の重連運転も可能となった。

最初は、5両編成10本50両導入。 内房線特急さざなみ、外房線特急わかしお号の運用からスタートした。 新宿わかしお/さざなみ号として、新宿まで乗り入れることもある。

今年12月10日のダイヤ改正で、しおさい号の一部および、あやめ号にも使用開始される予定。この時に5両編成9本45両導入されている。

今回導入されたE257系は、183系の置き換え用のほか、10両運転の拡大用としての目的もある。

改正後の255系の運用 しおさい系統 2運用 わかしお、さざなみ系統各1運用となる。

255系 普通車指定席 3、5号車 列車によって1、2号車も指定席となる。 普通車自由席 1、2、6、7、8、9号車 グリーン車(指定席) 4号車

トイレ・化粧室 2、4、5、7、9号車 列車電話 3、4、8号車 自動販売機 3、8号車
喫煙車両 5、6、7号車(12月10日からすべて禁煙)

車椅子対応座席・多目的室 5号車

E257系 普通車指定席 1、2号車 普通車自由席 3~5、6~10号車

トイレ・化粧室 2、3、5(7、8、10)号車 列車電話 3(8)号車
 
車椅子対応座席・多目的室 2(7)号車

E257系は、ドアの開閉の時、ドアが閉まります/ドアが開きますのアナウンスが流れる。

12月10日のダイヤ改正で、全席禁煙となるのは、房総特急(わかしお、さざなみ、しおさい、あやめ号)のほか、成田エクスプレス、長野新幹線あさま号となっている。

千葉に乗り入れてくるE257系のあずさ号には喫煙席も設けられる。

255系の塗装、青・黄色・白で、房総の青い海、白い砂、黄色い菜の花がイメージされており、E257系500番台にもそれが受け継がれている。

183系から継承される間合いの普通列車の運用 これまでの5423M(佐原 22:38発→銚子 23:21着)に代わり、あやめ5号の普通列車運用で、5425M 佐原 23:00発→銚子 23:42着運用となり、佐原発銚子行きの最終列車の時刻がが繰り下げとなる

あやめ3号22:05分に佐原に到着した後、これまでは5423Mで銚子まで運転されていたけど、これからは、鹿島神宮行きの最終列車の5553M(佐原22:36発)で鹿島神宮まで行き、鹿島サッカースタジアム(北鹿島)で停泊した後、これまで通り、鹿島神宮~佐原間の普通列車(5522M、5523M)で1往復し、鹿島神宮からあやめ4号で東京まで出ることになっている。

あやめ1号は、12月9日まで、鹿島神宮まで直接入ることになっている。

あやめ号は、6月のあやめ祭りの時に大船停泊の間合いとして、大船から臨時列車が運転されるけど、来年からはE257系化されることが予想される。

あやめ3号、しおさい15号=前の6~10号車が、あやめ3号銚子行き、後ろの1~5号車が、しおさい15号成東行きとなる。

E257系わかしお号の上総一ノ宮での分割・併合は、わかしお5号、23号、22号、24号、30号が対象となる。

1号車から5号車=上総一ノ宮止まり、6号車から10号車=安房鴨川行き
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-16 10:47 | 鉄道車両・路線

青梅線の風っこ

この日(11月13日)は、青梅線の風っこの追っかけと、総武線の特急しおさい号の乗車を行いました。

ルート 目白~新宿~立川~青梅~奥多摩~青梅~東京~蘇我~千葉~佐倉~東京~錦糸町~亀戸~錦糸町~品川~目白

新宿から立川まで、215系によるホリデー快速ビューやまなし号に乗りました。

今回使用されていた編成は、NL4編成(クモハ215-4F)でした。6月25日に三鷹まで乗った時はNL2編成だったけど。

215系は、オール2階建ての10両編成で4M6T 先頭車のMc車は、中間部がすべて2階席(ハイデッカー車)となっている。

グリーン車は、4号車と5号車 筆者は、昨年9月25日に大崎から横浜まで乗ったことがある。

運転開始日は、1992(H4)年4月20日。 湘南ライナーの一部でデビュー。当初は、東海道線の快速アクティーにも使用され、熱海へも乗り入れていた。 当初は1編成しか無かったため、車両整備等で使えなかった場合は、田町の185系または211系によって代行運用されていた。

翌年の1993(H5)年12月改正の時には、3編成導入される。 同時に湘南新宿ライナー(現おはようライナー新宿、ホームライナー小田原号)にも進出、湘南ライナー、快速アクティー運用も増えたけど、朝の上り湘南ライナーが、東京・新橋駅総武地下ホームに乗り入れるようになったため、当初増備された車両にはATCも付いていた。

2001(H13)年12月1日、湘南新宿ラインの新設により、新宿~逗子、横須賀、小田原間の運用にシフトされ、快速アクティーから撤退。
1998(H10)年3月から、湘南新宿ラインの前身として、土・休日に215系使用によるビュー鎌倉号(新宿~鎌倉間)およびビュー湘南号(新宿~平塚間)も運転されていた。

昨年10月16日 湘南新宿ラインの大増発・オールE231系の直通列車化により、215系が湘南新宿ラインから撤退。 平日は本来のライナー運用に専念。ビューやまなし号運転日以外の土・休日には、回送時を除き、運転されなくなった。

あとは、臨時快速伊豆号(東京~伊東間)にも運転されていたこともある。

215系のATC装置 昨年2月29日の東京トンネル区間(品川~東京~錦糸町間)のATS-P化により、現在は撤去されている。 2000年から2001年にかけて、ATC装置を生かし、215系が山手線を走ったこともあった。

215系のトイレは、3、5、8号車にあり、3、8号車には特急型車両以外では珍しい、男性用小トイレも完備されている。

カード式電話=2、4、9号車にあったけど、やはり、携帯電話の復旧により撤去されている。

ビューやまなし号は、新宿~小淵沢間で運用。 1、2、3、8、9、10号車が普通車自由席 4、5号車がグリーン車指定席 6、7号車が普通車指定席となっている。

新宿 9:06発→小淵沢 11:58着 小淵沢 16:17発→新宿 18:53着

途中停車駅は 三鷹、立川、八王子、高尾、相模湖、大月、勝沼ぶどう郷、塩山、山梨市、石和温泉、甲府、韮崎
運転日は、11月27日までの土・休日

この列車は、2階席から景色を楽しむためにある。 新宿発車時点では人気の2階席が埋まり、1階席には空席があった。

ゆっくり寝ていきたいなら、1階席がおすすめである。

三鷹~立川間の高架化工事 昨年7月に、武蔵小金井駅、昨年11月に武蔵境、東小金井駅の下り線が仮線化されている。 一昨年9月27日の上り線の仮線化の時は、武蔵小金井駅付近の配線に異常があり、運転再開が遅れてしまったということがあった。
下り線の仮線化が2回に渡って行われていたのがそのためである。

今年9月には、国立駅の上り線が仮線化されている。 現在は、国立駅付近の下り線の仮線化工事が行われている。

西武多摩川線の武蔵境駅 工事開始前は、中央線下りホームに隣接し、改札が共通だったけど。現在は、JRと分離されている。 西武の駅も、JRに合わせて高架化されることになっている。

立川から青梅まで、青梅線の201系(青梅特快)で行きました。 当然のことながら、中央快速線はもちろんのこと、青梅・五日市線にもE233系が導入されることとなっている。

青梅線の路線 立川~西立川~東中神~中神~昭島~拝島~牛浜~福生~羽村~小作~河辺~東青梅~青梅~宮ノ平~日向和田~石神前~二俣尾~軍畑~沢井~御嶽~川井~古里~鳩ノ巣~白丸~奥多摩

五日市線の路線 拝島~熊川~東秋留~秋川~武蔵引田~武蔵増戸~武蔵五日市

青梅線の複線区間 立川~東青梅間 東青梅~青梅~奥多摩間は単線である。五日市線は全区間単線。

青梅線は、1894(M27)年11月19日に、青梅鉄道の路線として、立川~青梅間に開業したのが始まりである。 当時は軌間762ミリの非電化路線だった。

翌年の1995(M28)年12月28日に、青梅~日向和田間の貨物線が開業。 この区間が旅客化されたのは、1898(M31)年3月10日のことである。

1908(M41)年2月18日、現在の1067ミリに改軌

1914(T3)年4月1日 日向和田駅移転、宮ノ平駅貨物駅の新設

1920(T9)年1月1日、日向和田~二俣尾間開業

1923(T12)年4月1日 宮ノ平駅の旅客化 同年4月25日に、立川~二俣尾間が電化され直流1200Vの路線となる。

1929(S4)年5月4日、青梅電気鉄道に社名変更。同年9月1日に、二俣尾から御嶽まで延長される。

1930(S5)年 直流1500Vに昇圧

1944(S19)年4月1日 国有化され、現在の青梅線となる。同年7月1日に、氷川(現奥多摩)まで延長され全線開通

1949(S24)年6月27日、朝に青梅→東京間の直通運転列車が新設。翌年の1950(S25)年10月1日には、反対方向(東京→青梅間)の直通運転列車が夕方に新設された。

1971(S46)年2月1日 CTC化と同時に氷川駅が奥多摩駅に改称された。

青梅線では、石灰石輸送貨物列車も走っていたけど、1998(H10)年8月13日をもって廃止されている。

昨年 立川~青梅間開業110周年、御嶽~奥多摩(氷川)間開業60周年を迎えた時に、客車牽引の臨時列車も運転されていた。

青梅線のうち、青梅~奥多摩間を、渓流区間と呼んでいる。この区間は、多摩川の渓流に沿って走っている。

五日市線のほうは、拝島駅から分かれる路線で、今年の4月21日に開業80周年を迎えていた。 こちらは五日市鉄道として開業した路線で、青梅線と同様に、1944(S19)年4月1日に国営化され、現在はJRの路線となっている。電化されたのは、1961(S36)年4月17日のこと。

1971(S46)年2月1日まで、武蔵五日市から、武蔵岩井へと伸びる支線も旅客運行されていた。同時に大久野~武蔵岩井間も廃止。 1982(S57)年11月15日をもって、武蔵五日市から大久野への貨物支線も廃止されている。こちらの路線では、石灰岩輸送も行われていた。

武蔵五日市駅=1996(H8)年7月6日に高架化。支線が運行されていた頃の面影が無くなっていた。

五日市線の走るあきる野市は、1995(H7)年9月1日に、秋川市と五日市町が合併した市で、今年で合併10周年を迎えた。熊川~東秋留間にある多摩川橋梁で、福生市からあきる野市に入る。

青梅線の日向和田駅=梅の名所の吉野梅郷の最寄り駅で、観梅のシーズンには賑わう。 観梅シーズンに限り、ホリデー快速おくたま号が臨時停車する。

びゅうコースター風っこ号は、2000(H12)年にキハ48型DCから改造された車両で、トロッコ仕様となっている。 冬場には、はめ込み式の窓が入っており、今回の青梅線での運転の時もそれが付いていた。所属基地は、小牛田車両センター。今年の秋は、遠征が続いている。

2両編成で、トイレは1ヶ所で車椅子対応の洋式となっていた。 今回の青梅線での運転の時は、汚物タンクが取り付けられていたのにも関わらず、トイレが使用出来なかった。

今回は11月12、13、19、20日の青梅~奥多摩間の2往復での運転であったけど、紅葉シーズンであること、都心から近い場所で風っこに乗れるということで、4日間ともに全列車満席状態だった。

奥多摩湖は、絶好の紅葉の名所で、奥多摩駅から西東京バスで平常時15分で行ける。

あとはバスで、有名な日原鍾乳洞にも行けるし。

あとは、鳩ノ巣渓谷も紅葉の名所である。

ホリデー快速おくたま・あきがわ号の時刻 新宿 7:44、8:19、8:47発

奥多摩 15:26、16:23、16:52発

武蔵五日市 15:55、16:47、17:21発

前の5~10号車が、おくたま号(奥多摩発着)、後ろの1~4号車が、あきがわ号(武蔵五日市発着) 1~4号車は、1号車に女性専用車のステッカー、4号車に弱冷房車のステッカーがあるのが目印である。

途中停車駅 中野、三鷹、国分寺、立川、西立川、拝島、福生、青梅、御嶽 あきがわ号は、五日市線内各駅に停車

これらの列車は、武蔵小金井発新宿行き快速 武蔵小金井 7:10、7:49、8:07発で出庫し 新宿発武蔵小金井行き快速 新宿 17:04、17:55、18:36発で入庫する。

あきがわ号のほうは、武蔵五日市到着後、一部の列車は拝島~武蔵五日市間の間合い運用(拝島への回送)にも使用されている。

奥多摩発で唯一の東京直通列車は、奥多摩 6:03(土・休日は6:05)発の東京行き快速、624Hである。 こちらは奥多摩→青梅間4両編成で、青梅駅で、後ろの6両編成が増結されることになる。 送り込みは、青梅発奥多摩行きの525H 平日は先頭部の1号車が女性専用車両となる。(奥多摩駅から設定)

東京~武蔵五日市間の直通列車 1日2往復(土・休日は1.5往復) 東京発 平日 17:24(後4両拝島止まり)、19:13(後4両は高麗川行き) 土・休日 18:12(前6両は青梅行き)、19:17(後4両は高麗川行き)

武蔵五日市発 平日 6:34、7:05(どちらも前4両は高麗川発) 土・休日 7:28(青梅特快、前4両は高麗川発)

この次の風っこの運転は、11月26、27日に南房総(館山~安房鴨川間)となる。さらに来年2月18、19日も運転予定あり。

これまで、10月15、16日に烏山線、11月3、5、6日に吾妻線で運転されていた。

今回風っこに乗ることが出来なかったので残念に思いました。 この風っこの車内は、今から5年半前の品川駅での展示会で入ったことがある。

青梅駅=今年3月2日にレトロステーションとして改装された駅で、ホームにある立ち食いそば屋も、レトロ調の思ひ出そばとなっていた。 筆者は、3月10日の観梅の時に立ち寄っていた。

青梅鉄道公園の最寄り駅でもあり、ここには、0系新幹線なども展示されている。ここは、交通博物館の分館で、1962(S37)年に開館している。 
交通博物館のほうは、ご存じの通り、来年3月をもって一旦閉館し、再来年の10月にさいたま市に再オープンする予定となっている。

青梅駅の発車メロディ=今年3月29日から、ひみつのアッコちゃんとなっている。

周辺には、天才バカボン、ひみつのアッコちゃん、おそ松くんなどの原作者である、赤塚不二夫氏の作品が展示されている青梅赤塚不二夫会館、昭和レトロ商品博物館もある。

風っこを見送った後、201系四季彩による奥多摩行きで、奥多摩まで行きました。 さすがに紅葉シーズンであるということで混雑していました。

この新デザインになった四季彩号に乗ったのは今回が初めてでした。実際に見たのは、6月25日の三鷹電車区でのイベントの時だったけど。

この編成は、2001(H13)年に四季彩に改造される前は、武蔵小金井電車区(現在は豊田区に統合されて廃止)所属のダブリの付属編成(4両のH26編成)として使用されていました。

四季彩といえば、2002(H14)年10月6日に、大月駅100周年記念号として、立川から大月まで運転されていたことがありました。 自分は大月から立川まで乗っていた。あの時は、青梅線の渓谷区間(青梅~奥多摩間)を走るはずの四季彩が、中央東線のトンネル区間を飛ばしてた姿は、従来の201系と比べて新鮮そのものでした。 もちろん、初狩駅構内でのイベントにも参加したけど。

四季彩の運転時刻(土・休日のみ運転)

立川発 6:39 青梅発 7:10、8:56、10:41、12:11、13:35、15:15、16:44

奥多摩発(すべて青梅行き) 8:04、9:50、11:32、12:53、14:19、16:04、17:39

その他、青梅 6:00発→立川 6:29着の列車にも使用される。

10月15、16、22、23、29、30、11月3日、5,6日には、川崎~奥多摩間、南武線経由で直通運転される快速川崎~奥多摩ハイキング号が運転されていた。

この川崎~奥多摩ハイキング号は、2000(H12)年5月27日の登場当時は、田町電車区(現田町車両センター)の165・167系アコモ車で運転されていたけど、のちに、中原電車区の103系4両編成が使用されていた。 

2002(H14)年10月12日から、現在の201系四季彩号で運転されるようになる。

停車駅は、川崎~武蔵小杉~武蔵溝ノ口~登戸~立川~拝島~福生~河辺~青梅~(この区間は各駅に停車)~奥多摩

下りの奥多摩行きは、西立川駅にも停車するけど、上りの川崎行きは、西立川駅構内の配線の関係で、西立川には停車しない。

立川~西立川間 東京、新宿方面(中央線)からの直通の下り列車のみ、単線の連絡線(ミステリー線)を通ることになるけど、川崎~奥多摩ハイキング号(南武線直通)は、上り列車もここを通ることになる。

西立川駅は、昭和記念公園の最寄り駅となっており、ホリデー快速が西立川駅にも止まる理由は、このことである。夏場にはレインボープールも開設されるけど、西立川駅が最も近いということになる。

御嶽駅=御岳山の最寄り駅で、駅前からケーブル下まで多摩バスで行き、滝本駅からケーブルカー(御岳登山鉄道)で御岳山駅まで行くことになる。さらに、御岳平駅からリフトで大展望台駅まで行くことも出来るし。

御岳登山鉄道は、京王グループの会社である。 筆者は未だ乗ったことがないので、機会があれば乗りに行きたいと思っています。武蔵御嶽神社へは、ここから歩いて行くことになるのでハイキングには持ってこいの状態である。

高尾山=ケーブルカーまたはリフトの駅から高尾山薬王院まで歩いて行くことになる。高尾山のケーブルカー&リフト運用会社である、高尾登山電鉄は、京王の系列ではないけど、京王と仲が良い状態である。 高尾山の場合は、新宿から京王電車で、高尾山口へ、ここからバスに乗り換えずに颯爽と登山に行くことが出来るので絶好なポイントとなっている。

話は奥多摩に戻るけど、奥多摩駅で、風っこの撮影を行いました。 風っこは、2番線の末端部に停車。 奥多摩駅の2番線は、6両編成対応であるため、ホリデー快速奥多摩号は、3往復すべて2番線からの発着となっている。

青梅~奥多摩間の清流区間 御嶽、奥多摩駅を除き、4両編成までしか入線出来ない。そのため、大部分は、青梅で系統分割され、立川~奥多摩間の通しの運転は、朝と夜のみとなった。(一部青梅で分割・併合) 日中はすべて青梅乗り換えに。 

今から6年前の1999(H11)年8月26日に、八王子支社1周年記念の165系アルファ号で、青梅から奥多摩まで乗ったことがあります。 こちらも展望型電車で、多摩川の渓流を眺めるkとの出来る列車となっていた。

アルファ号は、1990(H2)年3月10日、東京と舞浜を結ぶシャトルマイハマ号として、急行用の165系から改造された車両としてデビュー。当時は、オリジナルの時代と同様、幕張電車区(現幕張車両センター)所属だった。 

のちに新潟支社(上沼垂運転区(現新潟車両センター))に移り、アルファ号に名称変更。

以来新潟地区等でイベント列車として使用されていたけど、2001(H13)年5月に廃車となった。 

このアルファ号には、1999(H11)年10月に吾妻線、翌年の2000(H12)年11月に山梨エリア(中央線)のワイン列車で乗ったことがあります。 ワイン列車=アルファ号最後の乗車となった。

奥多摩駅=山小屋風の駅舎で、御嶽駅と同様に関東の駅百選に選ばれている。

イベントの時のみ、奥多摩駅舎の2階にも入ることが出来る。

奥多摩駅前では、多摩川の支流である日原川原産のニジマスの塩焼きを食べることが出来ました。 川魚といえば、イワナやヤマメ、ニジマスなどが有名である。

この後、周辺の多摩川渓流で紅葉を見物しました。

奥多摩から青梅まで乗った編成は、クハ201-149Fの4両編成。 元中央・総武緩行線で箸っていた車両である。

青梅から東京まで、201系の青梅特快で一直しました。

立川~青梅間は夜でもいいけど、青梅~奥多摩間の多摩川清流区間は、明るいうちに乗りたい路線であります。 一番最初に奥多摩まで行った、1998(H10)年11月27日は日没後で何も見えなかったけど、翌年の1999(H11)年4月24日の八王子支社1周年記念乗車券の旅の時に初めて明るい時に乗ったのである。

11月26日には武蔵五日市駅で80周年イベントが行われ、拝島~武蔵五日市間で、懐かしの行き先表示がイメージされたHM付きの201系が運転される。

拝島発 11:04、11:54、12:47、13:45、14:39

武蔵五日市発 11:30、12:21、13:16、14:13、15:05

武蔵五日市駅では、西東京バスのボンネットバス(夕焼けこやけ号)、五日市線の写真展などが行われる。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-14 14:17 | 鉄道乗車記
1972(S47)年7月に、内房・外房線のわかしお・さざなみ号でデビューした183系が、来月9日、総武本線のしおさい号、成田線のあやめ号を最後に、房総地区の定期運用から撤退してしまいます。撤退まであと1ヶ月
当初は、東京駅の総武地下ホームから発着していた。編成はグリーン車付きの9両編成。

183系は、1972(S47)年7月15日に、外房線の特急わかしお、内房線の特急さざなみ号でデビュー。 初期に導入された車両は、東京トンネルを走行する関係で、貫通ドア付きとなっていた。車体は、同時期に登場した交直両用の485(489)系200番台に準じている。

1973(S48)年度のブルーリボン賞を受賞。

1975(S50)年3月10日、東京~銚子間のしおさい号と東京~鹿島神宮間のあやめ号が登場。当時はしおさい号5往復、あやめ号4往復ですべてグリーン車付きの9両編成だった。

1982(S57)年11月15日、これまでの急行水郷号の格上げにより、特急すいごう号(2往復)が登場。(両国~成田・佐原経由~銚子間) 当初から183系のモノクラスの6両編成が使われていた。
 わかしお、さざなみ、あやめ号も増発。 0番台のほか、上越線の特急旧とき号から転用された非貫通の1000番台または完全新製の1500番台も登場。

1985(S60)年3月14日、あやめ号、現在の6両編成のモノクラス編成となる。わかしお、さざなみ号の新宿、両国発着の廃止。
モノクラス化によって余剰となったグリーン車は、113系のグリーン車に格下げ改造されていた。このグリーン車は現存していない。

1988(S63)年、あやめ・すいごう号の両国乗り入れの廃止。すいごう号は東京発着へ

1991(H3)年3月16日、わかしお、さざなみ号=総武線経由から京葉線経由に変更。 しおさい号のグリーン車の連結が廃止され、モノクラスの6両または9両となる。 当時貫通型の先頭車が中間に押し込められた編成もあった。同時に上総一ノ宮行きのホームタウンわかしお号も登場。あやめ号の新宿発着が廃止された。

1992(H4)年、SVO(スーパービュー踊り子)用の251系が臨時で内房・外房線の特急にも使われていたことがあった。

1993(H5)年7月2日、255系房総ビューエクスプレスの登場 当時は9両2編成18両導入されていた。 愛称はビューわかしお、ビューさざなみ 同時に君津発着のおはよう/ホームタウンさざなみ号も登場。  
同時期にあやめ号が5往復から3往復、すいごう号が2往復から1往復に減便された。
183系のグリーン車の連結位置が2号車から4号車に変更。

1994(H6)年12月3日 255系3編成増備。 同時におはようわかしお号も登場。あやめ号は1往復のみの運転となる。しおさい号は、6両編成または8両編成に。東京→佐倉間のホームタウン佐倉号も登場。翌年の1995(H7)年には成田まで延長、ホームタウン成田へ

2000(H12)年12月2日 183系のグリーン車の連結廃止 183系のわかしお・さざなみ号は、モノクラスの8両編成となり、しおさい号との共通運用となる。

捻出されたグリーン車(サロ183)のうち、サロ183-3号車は、廃車される前にとき号のリバイバル運転で使用されていた。

2002(H14)年12月1日 東京~成東間のおはよう/ホームタウンしおさい号の登場 183系の8両編成車の中間車が、中央線特急あずさ・かいじ号で使用されていたセミハイデッカータイプに差し替えられた。

2004(H16)年10月16日 わかしお・さざなみ号にE257系500番台が登場。 同時に183系がわかしお・さざなみ号の運用から撤退。 ホームタウン、おはようの愛称名が外されてわかしお、さざなみ、しおさい号となったほか、すいごう号およびホームタウン成田号があやめ号に統合された。 佐倉始発のしおさい80号も登場

2005(H17)年12月10日 しおさい、あやめ号にもE257系500番台が導入され、183系の定期運用が終了する予定。 255系の愛称名は、ビューわかしお、ビューさざなみからわかしお、さざなみへ 同日からしおさい号にも使用される。 同日から房総特急はすべて禁煙車となる。

しおさい号のほうは、日中の上り1本が廃止されるけど、新宿行きのしおさい16号は255系化された上で存置されることになっている。折り返しはホームライナー号となる。

E257系500番台の運転範囲 現在は東京~安房鴨川、館山、千倉間 臨時で新宿まで乗り入れる日もあり。

12月10日以降は、東京~千葉~銚子、佐原、鹿島神宮方面および東京~逗子間(ライナー運用、12月12日から)にも拡大される。

今年7月から10月にかけて導入されたE257系のNBー11~19編成は、試運転に使用されており、ダイヤ改正の時から営業運転入りする予定となっている。そのうちの17、18編成(NB-17、18編成)は、10月23、24日に一足お先に長野への団臨列車でデビューしている。

初の分割列車 東京21:35発のしおさい15号成東行き 12月10日から東京~佐倉間であやめ5号銚子行き(新規増発)も連結され、東京~佐倉間で10両運転となる。 

255系は、12月改正に備え、側面の行き先表示が5編成すべてLED化されている。ビューの表示が廃止され、最初からわかしお、さざなみの表示となっている。

183系使用列車(12月9日まで)

下り(千葉、銚子、佐原、鹿島神宮方面)

しおさい  1号 東京  7:36→銚子  9:30 8両 (255)

しおさい  3号 東京 10:40→銚子  12:29 8両 (257)

しおさい  5号 東京 11:40→銚子  13:37 6両(成東より先は普通列車、257)

しおさい  7号 東京  13:40→銚子 15:29 8両 (255)

しおさい  9号 東京  15:40→銚子 17:30 8両 (255)

しおさい 11号 東京  18:45→銚子 20:41 8両 (255)

しおさい 13号 東京  19:45→銚子 21:35 8両 (255)

しおさい 15号 東京  21:35→成東 22:43 8両 (257)


あやめ  1号  東京 19:15→鹿島神宮 21:14 6両(佐原より先は普通列車、257)

あやめ  3号  東京 20:45→佐原    22:05 〃 (257)

あやめ 5号 東京 22:00→成田    22:55  〃(土・休日運休、257)

上り(東京方面)

しおさい  2号 成東  6:09→東京  7:17 8両 (255)

しおさい 80号 佐倉  7:04→東京  8:00 8両 (土・休日運休、257)

しおさい  4号 銚子  7:41→銚子  9:34 8両 (255)

しおさい  6号 銚子  9:36→東京 11:23 8両 (廃止予定)

しおさい  8号 銚子 11:17→東京 13:00 8両 (255)

しおさい 10号 銚子 12:59→東京 15:01 8両(成東まで普通列車、257)

しおさい 12号 銚子 14:17→東京 16:01 6両 (257)

しおさい 14号 銚子 16:38→東京 18:26 8両 (255)

しおさい 16号 銚子 18:40→新宿 20:42 8両 (255)

あやめ  2号 銚子    6:57→東京  9:17 6両(成田経由・佐原まで普通列車、257)

あやめ  4号 鹿島神宮 8:17→東京 10:00 6両(佐原まで普通列車、257)

あやめ5号は、木・金曜に8両編成で運転される。

途中停車駅 しおさい号(5、10号を除く) 錦糸町、千葉、四街道(15、2、80号のみ停車)、佐倉、八街、成東、横芝、八日市場、旭、飯岡(1、9、8、14号は通過)
しおさい5号、10号 錦糸町、千葉、佐倉、八街、成東、成東より先の各駅

あやめ号 錦糸町、千葉、四街道(5号のみ停車)、佐倉、成田、滑河、佐原、佐原より先の各駅(鹿島神宮、銚子方面)

しおさい15、2、80号、あやめ5号は全車自由席。その他の列車は一部指定席 6両編成は4号車、8両編成は6号車のみ座席指定。

カッコ内の形式は、12月10日から使用される形式 銚子 9:36発のしおさい6号と銚子 11:17発のしおさい8号は、今回の改正で、銚子 10:18発のしおさい8号(255系使用)に統合されて上り1本廃止される予定。

しおさい80号は、E257系(10両)化されると同時に、しおさい4号に変更される。これに伴い、現在のしおさい4号は、しおさい6号(255系使用)に変更される。

あやめ1号は、成田駅で打ち切りとなり、10両化される。同時に土・休日運休に。

しおさい15号(成東行き)は、東京~佐倉間10両運転、佐倉で、しおさい15号とあやめ5号(新規増発、成田経由銚子行き)に分かれる。
あやめ5号は、佐原~銚子間で普通列車となる。

これまでのあやめ5号(成田行き)は、あやめ7号に変更され、10両化される

ホームライナー千葉 1号 東京 21:00発→千葉21:35着
              3号 新宿 21:08発→千葉 22:00着
              5号 東京 22:28発→千葉 23:00着
              7号 東京 23:00発→千葉 23:36着(いずれも土・休日運休)
土・休日には、ホームライナー津田沼号が、新宿 21:08発→津田沼 21:45着で運転される。ホームライナー千葉3号と津田沼号は、新宿行きのしおさい号の回送間合い。

ホームライナー千葉・津田沼=183系の8両編成で運転 乗車駅は東京、新宿、秋葉原駅 下車駅は 津田沼、稲毛、千葉駅

おはようライナー逗子号 逗子 8:06発→東京 9:09着

ホームライナー逗子号 東京20:31発→逗子 21:28着

いずれも土・休日運休 183系6両編成で運転

途中停車駅 新橋、品川、大船、鎌倉 ホームライナーは東京、新橋、品川駅が乗車駅 おはようライナーは逗子、鎌倉、大船駅が乗車駅となる。

12月12日から、E257系の5両編成で運転される。

11月3、5、6日には、千葉~伊豆急下田間で、183系8両編成による臨時踊り子161、160号が運転されていた。 

踊り子号は、1981(S56)年10月1日の登場時から1985(S60)年3月13日まで、185系のほか、183系1000番台による10両編成も使われていた。 前身の特急あまぎ号の時も1976(S51)年1月25日から183系1000番台が使用されていた。 183系1000番台は、長野地域に転属、2002(H14)年に全廃された。

特急あまぎ号では、1969(S44)年4月25日の登場時から、1976(S51)年まで、157系も使用されていた。157系の一般車は1980(S55)年の時点で全廃。
157系は、準急日光号でデビューしていたので、日光型電車と呼ばれていた。

現在は田町車両センターにお召し用のクロ157ー1号車が残されているけど、現在は使用されていない状態である。

現存している幕張の183系

6両編成 4本24両 21~24編成 中間車は、元松本区の183系1000番台に差し替えられているけど、先頭車のみ貫通型で、方向幕が幕式となっているので、原型を保っている。

こちらは、あやめ号の全列車、しおさい5、12号に使われているほか、夜間の佐原→銚子間の普通列車(5423M)、早朝の佐原~鹿島神宮間の普通列車(523M、522M)、東京~逗子間のおはよう/ホームライナー逗子号にも使用されている。

8両編成 7本56両 1、3、6、7、8、9、10、11編成 昨年10月15日までは、外房線のわかしお号、内房線のさざなみ号にも使用されていたけど、現在は、5、12号を除いたしおさい号、ホームライナー千葉(津田沼)号で最後の活躍をしている。

8両編成車の先頭車は、0番台と1000(1500)番台に分かれているけど、0番台のほうは、愛称表示がLED化されている。 これらの車両は、6両編成車とともにすべて廃車となることが予想されるので見納めの時が近い状態です。

中間車は、松本(長野)区で使用されていた元あずさ・かいじ号(一部元をただせば旧あさま号)のセミハイデッカー車となっている。

その他、中央ライナー&臨時列車用の9両編成4本、旧あずさ色の団臨用の6両編成2本もある。 中央ライナー用の183系(グリーン車付きの9両編成)のほうは、今改正以降も安泰

この中央ライナー用の183系は、E257系とともに、臨時のあずさ号に使用されることもある。

主に金曜日に新宿を出発するムーンライト信州号は、新宿→白馬間、松本→新宿間で運転されているけど、前身の急行アルプス時代と同様に183系が使用されている。 

ムーンライト信州は、急行時代とは違い、全車指定席の快速列車なので、ムーンライトながら号やムーンライトえちご号などと同様に、普通車に限り、青春18きっぷに指定券をプラスして乗れるので、人気のある列車となっている。 当然のことながら、18きっぷ期間中は指定券が取りづらいという状態である。 ムーンライト信州=登山客やスキー客にも主に利用されている。

旧あずさ色の183系のほうは、団臨に使用される時以外はほとんど東大宮操車場に留置されている。

183系の車内設備 トイレ・化粧室 各車両にある。 列車電話 4号車 喫煙車両 2号車のみ(その他はすべて禁煙車) 自動販売機 一部の車両の化粧室横にある。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2005-11-10 15:46 | 鉄道車両・路線