交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

カテゴリ:保存車両( 9 )

0系の保存車

e0013178_112375.jpg

e0013178_1123713.jpg

e0013178_1123747.jpg

e0013178_1123776.jpg

e0013178_1123739.jpg

昨日、山陽新幹線で最後まで活躍していた3編成のうちのR61編成の1号車に連結されていた21-7008号車(博多寄りの先頭車)が製造元の川崎重工業車両カンパニー(兵庫工場)に里帰りし、静態保存されるという情報が入ってきました。こちらは資料用なので、東急車輛の5201号車の保存体みたく、一般公開される予定は無い。

0系の先頭車は、博多総合車両所や吹田操車場跡でも保存される予定となっているけど、吹田では一般公開される予定もある。

日本車両豊川製作所にあるメモリアル車両広場では、1986(S61)年に日本車両で0系新幹線の最終増備車として製造され、1999(H11)年9月18日の東海道新幹線からの撤退まで活躍していた22-2029号車が1996(H8)年まで活躍していた名鉄のモ800形電車(濃い緑色の811号車)の横で静態保存されている。
 

大阪弁天町の交通科学博物館の0系は、両先頭車のほか、グリーン車、簡易食堂車(ビュッフェ車)の4両(いずれもトップナンバー)が保存されており、全てが機械遺産並びに鉄道記念物に認定されている。

館内ツアーに参加しないと車内の見学が出来ない

交通科学博物館の0系は、京都の梅小路に建設予定の新博物館に移設されることが決まっている。

東京近辺では、青梅鉄道公園とさいたま市の鉄道博物館(交通博物館にあった前頭部)で見れるけど、鉄道博物館では、前頭部とは別の0系先頭車(吹田市の研修施設にあったH2編成の1両)が保存される予定となっている。

青梅鉄道公園の0系は、昔懐かしの青系の転換クロスシートとなっています。

画像は3月8日に大阪弁天町の交通科学博物館にて撮影。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2009-03-19 11:02 | 保存車両
e0013178_1127293.jpg

e0013178_112726.jpg

e0013178_1127240.jpg

こちらはつくば市のさくら交通公園で保存されているSLであるD5170号機。その隣の空いた線路の部分には、現在鉄道博物館(さいたま市)にあるキハ048号車(晩年は筑波鉄道で活躍していた)が置かれていた。

鉄道博物館では、キハ41307号車として展示されている。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2009-02-23 11:27 | 保存車両

つくばのさくら交通公園

e0013178_1715539.jpg

e0013178_1715575.jpg

e0013178_1715596.jpg

e0013178_1715579.jpg

e0013178_1715585.jpg

今日は研究学園駅からつくばまで行き、さくら交通公園まで歩いて行きました。この時に国鉄ハイウェイバスの第1号車(747-9901)を見ることが出来ました。残念ながらその車内に入れない。

こちらは今から40年前の1969(S44)年の東名ハイウェイバスの開業の時に導入された日野車(RA900P形)であり、当初からトイレが付いている。

屋根の下に保存されているので状態が良い。
JR東海バスでは、日野車が747番台となっているのでその流れが組まれている。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2009-02-22 17:15 | 保存車両
e0013178_182859.jpg

e0013178_182845.jpg

e0013178_182887.jpg

e0013178_182812.jpg

e0013178_182860.jpg

水上では、水紀行館まで歩いて行き、EF16 28号機の保存体を発見しました。

水上は雪でした。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2009-01-12 18:02 | 保存車両

旧あさま号

e0013178_214668.jpg

e0013178_21467.jpg

e0013178_214661.jpg

e0013178_214621.jpg

e0013178_214689.jpg

碓氷峠鉄道文化むらの奥に保存されている旧あさま色の189系は、塗り直された姿(あさまのマーク入り)で展示されていました。

こちらは廃車後、9両丸ごと旧丸山変電所跡付近→横川駅構内で静態保存されていたけど、野ざらしによりボロボロに傷んでいたので、上野寄りの2両を除いて解体され、解体を免れた2両が国鉄色のクハ189-506号車(休憩用車両)とは別に碓氷峠鉄道文化むらの奥のEF63型機の横で保存されるようになった。

前回(昨年9月2日)に行った時はボロボロに傷んでいた。

このように修復されたことは嬉しいことである。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-12-28 21:04 | 保存車両

八甲田丸のキハ82

e0013178_9545076.jpg

e0013178_9545018.jpg

e0013178_9545046.jpg

e0013178_9545080.jpg

e0013178_9545063.jpg

一昨日青森では、青函連絡船で使われてメモリアルシップ八甲田丸を見物しました。この時に船内の車両甲板で保存されているキハ82-101号車(かつて北海道で活躍していた車両)などを見ることが出来ました。

こちらは船が好きな人はもちろんのこと、鉄道が好きな人も楽しめる。

船内の車両甲板で大切に保存されていることはいいことだと思います。

函館には、青函連絡船の摩周丸が八甲田丸と同様に一般公開されているけど、車両甲板での車両の展示は無い。

東京・お台場の船の科学館では、羊蹄丸が公開されているけど、船内で昔の青森駅が再現されている。

こちらは、1977(S52)年にヒットした石川さゆり女史による津軽海峡冬景色でお馴染みである。

函館は、♪はーるばる来たぜ函館へと歌われている北島三郎氏の函館の女でも有名である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-11-25 09:54 | 保存車両
e0013178_23572282.jpg

e0013178_23572235.jpg

e0013178_23572246.jpg

こちらは昨年1月1日に撮影した渋谷のハチ公口の東急旧5000系5001号車のカットボディ。一昨年10月26日に公開されて以来、待ち合わせスポットとして使われている。

この5001号車は、1993(H5)年に上田交通(現、上田電鉄)別所線を追われた後、日本初のステンレスカーである5201号車と共に、東急車輌で保存されていたけど、5001号車がカットボディで渋谷に移設され、残った5201号車だけが東急車輌産業遺産制度鉄道記念物として永久保存されるようになった。

上田電鉄に取り残された5202号車は、下之郷の車両基地で倉庫として使われているけど、青いカバーが掛かっている。

熊本電鉄北熊本線では、元東急旧5000系の両運転台改造車2両(5101A号車と5102A号車)が最後の活躍をしているけど、どちらも東急カラーに復元されている。

筆者は1997(H9)年1月にそれに乗ったことがある。

岳南鉄道の元東急5000系の廃車体は残念ながら全て解体されていた。

熊本電鉄の5102号車の画像は、今年1月3日に萩原さんが撮影していた。

東急線から旧5000系青ガエルが引退したのは、1986(S61)年のことで、1989(H元)年に全廃となった旧3000系列よりも先に東急線から引退していた。

どちらも目蒲線(現在の目黒線て多摩川線)を最後に引退していたし。池上線でも旧3000系列が最後まで活躍していたし。

今から32年前の1976(S51)年に発表された西島三重子女史による池上線という曲は、当時走っていた東急池上線の旧3000系列がイメージされていた。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-11-18 23:57 | 保存車両

懐かしの都電6000形

e0013178_14513717.jpg

e0013178_14513788.jpg

e0013178_14513750.jpg

e0013178_14513763.jpg

e0013178_14513798.jpg

こちらは、2005(H17)年4月10日にあらかわ遊園で撮影した都電6000形6152号車の画像。

こちらは8年前まで第一・第三日曜日に、荒川車庫前→早稲田→三ノ輪橋→王子駅前→荒川車庫前というルートで運転されていた。

9001号車の新レトロ電車は、一部を除いた日曜・祝日に、荒川車庫前→三ノ輪橋→早稲田→荒川車庫前のルートで運転されているので、6152号車の穴埋めとなっている。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-11-11 14:51 | 保存車両

南砂町駅前

e0013178_19221762.jpg

e0013178_19221733.jpg

e0013178_19221742.jpg

7月12日は葛西の地下鉄博物館に行った帰りに、南砂町駅前の新砂あゆみ公園で保存されている5000系の5833号車(かつて東西線を走っていた車両)を見ました。

こちらは営団→東京メトロ5000系のスキンステンレス車で唯一静態保存された車両だけど、保存状態があまり良くない。座席は木製に交換されている。

因みにこの日(7月12日)は地下鉄博物館の開館記念日である。

開館記念日に行けて良かったです。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-07-13 19:22 | 保存車両