交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

カテゴリ:携帯・PHS( 16 )

携帯が復活

現在の機種の修理が完了したので受け取ってきました。

今回は無償ということでタダで直りました。

やはり使い勝手の良くない代行機種(W51K)から解放されて良かったです。

これで通話出来るようになりました。

代行機種のまま大阪に遠征しなくて良かったです。代行機種なので紛失・故障等があった場合は罰金取られるので。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2009-03-13 17:06 | 携帯・PHS

また代用機のお世話に

e0013178_0362382.jpg

e0013178_0362375.jpg

一昨日携帯を修理(オペ)に出したので、昨年8月と同様に代行機種のW51Kのお世話になってしまいました。こちらはデータフォルダが小さく、カメラ機能でワイドが使えないなど、機能が劣っています。撮影の時に予備のW32Hを併用しています。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2009-03-12 00:36 | 携帯・PHS

あれから1年経ち

e0013178_1949087.jpg

e0013178_1949035.jpg

e0013178_1949015.jpg

e0013178_194901.jpg

現在の機種(W52SA、青いケータイ)にしてから今日(12月8日)で1年経ちました。

当時はこの青色が気に入ったということでこの機種を選んでいた。
フルサポートコースで契約した為にあと1年以内に機種変更したら違約金取られます。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-12-08 19:48 | 携帯・PHS

携帯が復活しました

e0013178_9575022.jpg

e0013178_9575148.jpg

25日は一旦帰宅した時に、携帯電話の修理が完了していたので地元のauショップまで行って受け取りに行きました。

これで青いケータイが復活し、代替機と別れを告げました。

来月7日の℃-uteのイベントの当選メールも無事でした。

代替機のW51Kは、8月14日から25日までの11日間お世話になった。
色は紺色と黒色の組み合わせで、先代の不運の機種だった黒いW43H2を彷彿とさせていた。29日がその使用期限だった。

修理完了が23日の東京総合車両センターのイベントに間に合わなかったのが残念である。
待ち受け画面は青いケータイのネーミングの由来となった小田急の青いロマンスカーであるMSEこと60000形の湘南マリン号、ストラップは東急多摩川線、池上線の新7000系でどちらも筆者の好きな電車である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-08-27 09:57 | 携帯・PHS

代替機

e0013178_0505768.jpg

e0013178_0505868.jpg

e0013178_0505860.jpg

e0013178_050582.jpg

e0013178_0505872.jpg

青いケータイのW52SAを地元のauショップに修理(オペ)に出したので、代替機のW51Kを手配しました。紺色と黒の機種なので、先代の悲運の機種だったW43H2エクセケータイを思い出してしまいました。

地元のauショップからの借り物だから仕方が無いけど、自分でケータイを選ぶ時には明るい色にすることにしている。

W51Kでもワンセグを見られます。

こちらはW32Hで撮影。

W51Kは、皮肉なことにW51Hと同様に昨年春の時点の機種変更の候補機だった。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-08-16 00:50 | 携帯・PHS

auの夏モデル

昨日発表されたauの夏モデルは、W62H,W62SH,W63SA,sportio(W63T),G'zOne(W62CA),W64SA,フルチェンケータイre(W63S),W62T,W62K,W63K,W64K,簡単ケータイ(W62PT)の12モデルで、全てCDMA1XWINとなっています。

6月10日から新シンプルコースが登場するけど、フルサポートコースなので対応してないです。

昨日原宿のショールームで見た時は、2軸ヒンジ形のW62H,W63SA,W64SAを次期機種の候補とします。W62Hには水色もあるし。

4月1日に、三洋電機の携帯電話事業が京セラに譲渡され、SANYOブランドの機種が京セラ製に変わっています。W61SAからは京セラ製となったけど。

これによりINFOBARやW62SA等の一部の機種(子会社の鳥取三洋電機(現三洋電機コンシューマエレクトロニクス)製)を除いたSANYOブランドの機種は、京セラによるサポートを受けられます。

三洋電機コンシューマエレクトロニクスでは、今月をもって携帯端末の製造が打ち切られることになる。

筆者は今の機種でも充分だけど、明るいブルーの携帯に変えておいて正解でした。MSEと同じ色の携帯なので気に入っている。

3月31日には、ツーカーのサービスが終了し、auへの乗り換えが促進されていた。

最近になってからは、長年親しまれていたドコモ(NTTDoCoMo)のロゴが一新されていたけど、現在のロゴでは違和感があります。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-06-05 14:51 | 携帯・PHS

J-PHONEともおさらば

e0013178_021419.jpg

樋口です。本日はおよそ五年ぶりに携帯の機種変をしました。機種はSH820のシルバーです。同時にホワイトプランに加入しました。新しい携帯を使いこなせるまで時間がかかりそうやけど、早く使いこなせるようになりたいです。

樋口君は6日にソフトバンクの820SH(シャープ製)に変更していた。こちらは樋口君の携帯の伝統である銀色の機種で、初のミュージックプレーヤー、動画機能、ワンセグ、おサイフケータイ、着うた、着うたフルが完備されているので、一挙にグレードアップされていた。

こちらは日本国内でしか使えない。

あとはパケット定額制にも対応しているし。

これにより5年間使い続けられていたJ-PHONEロゴ入りの先代の機種とお別れの時が来ていた。

樋口君は、ボーダフォンのロゴ入りの機種を持たなかったので、J-PHONEからいきなりSOFTBANKブランドの機種に乗り換えたことになった。

筆者の家族はauのユーザーとなっているけど、兄とその奥さんはソフトバンクの機種を使っている。

樋口君はソフトバンクの銀色携帯で、筆者のauの青いケータイ(W52SA)に対抗していた。樋口君の機種も薄型で軽量だし。

筆者の機種は、ライトブルーがテーマカラーのモーニング娘。の田中れいな女史よりも、小田急60000形MSE(青いロマンスカー)をイメージして選んだのである。

樋口君のシルバーモバイルは樋口君の伝統で、ステンレスカーにこだわりのある東急電鉄の車両と同様となっている。

樋口君はJ-PHONE→ボーダフォン→ソフトバンクの銀色の機種にこだわることは、東急電鉄で専ら子会社の東急車輌製のステンレスカーが導入されていることに準じている。

樋口君のモバイル歴は、2001(H13)年からで、初代からJ-PHONEの銀色ということが踏襲されている。

820SHはザ・プレミアムシリーズで、まさにプレミアムに相応しい輝く携帯である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-04-11 00:02 | 携帯・PHS

不運の携帯

FC先行予約では、よほどのことが無い限りPCでの申し込みを原則として廃止し、携帯でも申し込みに切り替えているけど、ハロテンを申し込み、惜しくも落選した時には、今は無き黒いW43H2(エクセケータイ)で申し込んでいた。

先代のエクセケータイは、自分にとって不運の機種だったし。今から4年前に使用していたA5404S(通称DD5404S)の二の舞となってしまった。

黒携帯は自分には合わなかった。

エクセケータイは、現在auショップからリサイクルに旅立っている。

A5404Sも、かつて国鉄にあったDD54形ディーゼル機関車みたいに不運となっていた。 DD54形は、欠陥が多かったし。 DD54形は、33号機が大阪の交通科学博物館で保存されている。

エクセケータイのネーミングの由来となった小田急30000形EXEは、暗い色ということで、ブルーリボン賞を獲得出来なかったことで駄作となっている。 その失敗を生かして、ロマンスカーらしいロマンスカーを希望ということで、VSE50000形が誕生したのである。

今年の暮れから新型車両に順次置き換えられる予定の山形新幹線つばさ号の400系は、以前銀色で暗い塗装となっていたけど、新庄への延長を期に、明るい白系の塗装に変更されていたし。

現在使用している青いW52SA(マルチケータイ、青いケータイ)は、青いロマンスカー、MSEこと60000形と同じ青色である。MSEは、地下区間でも明るいイメージを出せる車両ということで、フェルメール・ブルーが採用されていた。営業運転開始後、VSEと同様に大成功することが予想されています。

MSEは、VSEとEXEが持つ長所が生かされた車両となっている。

MSEでは、初期の段階では、基本の6連が2編成、付属の4連が1編成となっているけど、整備や故障等で使えない場合は、運休または編成減を余儀なくされてしまうことになるので、来年度も増備されることは確実だと思われます。

特に、付属の4連が1編成しかない状態だし。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-03-05 11:04 | 携帯・PHS

W21SAとVSEの意外な関係

e0013178_1332319.jpg

e0013178_1332385.jpg

e0013178_1332350.jpg

e0013178_1332371.jpg

e0013178_1332347.jpg

2004(H16)年12月から2006(H18)年3月まで筆者が使っていた携帯機種である白いW21SAは、小田急50000形VSEと同じ色をしていました。

特にオレンジ色のボタンは、VSEの帯や座席の色と同じ色だし。

当時はVSEが落成、営業運転に入っていた時期だったので丁度良かったし。

黒い部分は、VSEの窓枠や運転台の色になぞられている。

現在使っている青いW52SAが、千代田線直通用の青いロマンスカーである60000形MSEと同じ色をしているのと対照的であるし。

実は、このW52SAを選んだ時は、60000形MSEを意識していたのである。

白いW21SAを捨てずに静態保存しているのはその為である。

筆者の母親が使っているW53Tは、薄い水色であり、トウシバ犬という独自のキャラクターが出てくる。

筆者の機種はW53Tの白(母親と色違い)も候補だった。もしもW53Tにしていたら、W21SAと同様にVSEに例えていたところだった。

その代わりに母親の機種をVSEに例えている。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-02-08 13:32 | 携帯・PHS

後悔しています。

e0013178_12371274.jpg

e0013178_12371296.jpg

e0013178_12371256.jpg

昨年末はハロ10パーティーの落選を苦に、先代の携帯機種であるW43H2を僅か8ヶ月で廃棄処分したことで後悔しています。ACカードを交換した上で予備機として使えたところだったのに、故障したなら別として、まだ使えたのに廃棄処分してしまったので取り返しの付かないことになってしまいました。

本当に黒い機種ならびに先代の機種をけなすんじゃなかったです。今の機種は壊れるまで長く使っていきたいと思っています。

本当に白ロムが手に入りにくい状態だし。

最近は白ロム詐欺が発生している。

現在W32Hを予備機として残してあるけど、やはりW43H2を予備機として残しておくべきだったと思います。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-02-07 12:37 | 携帯・PHS