交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

カテゴリ:その他のイベント( 8 )

武道館での募金

今年の24時間テレビでは、長蛇の列が出来ていました。一昨年もこのような状態だったし。本当に7年前の握手リレーで娘。と握手出来なかった悲劇が蘇ってしまいます。

このことでJRの八王子支社のサバイバルイベントを思い出してしました。

八王子支社のサバイバルイベントとは、今から3年前に三鷹電車区で行われたイベントや5年前に高尾駅構内で行われた301系のさよならイベントで、炎天下の中入場前に並ばされたことで名付けたのである。

結局募金列での握手会は無かったです。

この時にワンセグでSPEEDのメドレーを見たけど、懐かしかったです。

武道館からは神保町まで歩き、THE ポッシボーの握手会会場に会場推し。この時から雨が降っていました。THE ポッシボーのメンバーと握手出来る時はいつになるだろうと思いました。


筆者は5月11日以来THE ポッシボーのメンバーと握手していないので。

まぁこの日は加護ちゃんと握手出来たし。

神保町から御茶ノ水まで歩き、亀戸まで中央・総武緩行線で移動。亀戸の臨時のハロショを見たけど、バラ売りが無かったのでパス。

亀戸から錦糸町経由で大手町まで行き、MSEによるメトロはこね24号を見ました。大手町から千代田線で日比谷、日比谷線で銀座まで行き、日産ギャラリーの様子を見ました。日産ギャラリーでも募金が行われていたし。

銀座からは日本橋経由で武道館に戻って再び募金。終了間際で空いていました。あの後は九段下から東西線で高田馬場まで行き、ここから帰りました。

山さんのほうは、その日の朝に武道館で募金を済まれていた。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-09-01 00:04 | その他のイベント

聚楽台が閉店

e0013178_23475554.jpg

上野にある大衆食堂である聚楽台が、今日(4月21日)をもって閉店してしまいます。上野は西郷隆盛像が有名で、その下に西郷会館(聚楽台)がある。

ここではさつま揚げなどが入った西郷丼が人気商品となっており、閉店を惜しむ声が高まっていた。

このビルは改築され、2年半後に完成する暁には、新生聚楽台が入ることになる。

萩原清さん主催による鉄仲間による親睦会で3回行ったことがあるけど、やはりここの閉店は残念です。

大阪のくいだおれの閉店は、7月8日であり、夏ハロに間に合わないのが残念です。

これらの画像は4月4日に撮影。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-04-21 23:47 | その他のイベント

ドリヲタで失敗2

2006(H18)年になってからは、表参道FABでのdreamライブの落選、横浜BLITZでのdreamライブの参戦中止等によりドリヲタ熱が冷めて、さゆ(道重さゆみ女史)推しになったのを期に、dreamは見たくないと思うように(dreamに対して消極的に)なり、ドリヲタ休止、ドリヲタの衰退への道を歩むようになる。前年の4月以降は郡山での楽天イベント効果や萩原清さんの傘下に入ったことによりドリヲタ活動が大幅に減少していた。以来FCの機能が残っていたので先行予約等は受けなかった。

昨年の2月に光井愛佳、久住小春、吉澤ひとみ各女史と握手したことにより、FC期限が切れる前にFCに電話し、会報誌やDM発送を停止したことにより、ドリヲタの幕を閉じていた。
FCの期限切れにより、完全に終了したし。継続用紙が送られてきたけど、当然継続せずに処分してしまった。発送停止した時点でドリヲタ人生が終わった。

今日おじぎ30度が行われる新宿のシアターアプルでは、今から4年前にdreamのミュージカル(ID)が行われていた。

dreamの会報誌はSPEEDの会報誌と共に全て廃棄処分したし。

これをもってドリヲタのことを書くのを本当に打ち切りにします。昨日はスピヲタでの大失敗のことを書くのを打ち切ったけど。

ドリヲタ時代は、赤いハチマキ(当然処分した)で目立っていたけど、現在のさゆヲタ時代ではうさちゃんしゃもじで目立つようになったので穴埋めとなっている。

dreamのほうは握手会でのレス度が高かったけど、そのレス度がTHE ポッシボーに受け継がれている。

自分から見たポッシヲタ活動をドリヲタ活動の代替えと言っているのはその為である。
しゃもじはポッシにも通用するし。

dreamを見る為に河口湖まで遠征してお叱りを受けたこともあったことも懐かしいです。お叱りを受けても懲りない当時の自分はバカでした。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-02-26 13:47 | その他のイベント

ドリヲタで失敗1

また過去のドリヲタ活動を蒸し返すような内容で恐縮だけど、2003(H15)年5月10日(後藤の日)に中野サンプラザでのごっちんこと後藤真希女史の公演の会場推しをした後、日本青年館でのdreamの公演に行った時に当時の某団員と出会った時にヲタバレし、宣言!!団員に知れ渡ったことがありました。

前年の2002(H14)の夏からは宣言!!の掲示板のカキコが減少し、長野エムウェーブでのチケットが39列になるなど、チケットが干されやすくなるなどの問題が多発していた。
ドリヲタ全盛期だった2003(H15)年11月22日(現在で言えばうさちゃんピースの日)に東京ドームで行われたスポフェスに急用で行かれなくなったのもドリヲタに逃げ込んだということが裏目に出てしまったのである。寂しがっていた団員も多かったし。

同年4月に札幌のこんこん凱旋公演からの帰りの飛行機(ANA)が遅れたのもその影響もあるし。

自分のドリヲタへのシフトは、スピヲタ以上に大きな打撃を与えていた。

富士急ハイランドでの野外公演には、友人たちと車で行っていたけど、帰りにdreamの曲が流れていた時に喜んでいたけど、今思えば昔話である。

自分がドリヲタを卒業(放出)するようになってからはチケ運が良くなっていたけど、やはり遅れを取り戻すような状態でもあった。

ドリヲタとしての活動は2005(H17)年末に終了。自分のフットサル参戦が出遅れていたのもTeam dreamの影響もある。自分はこんこんが娘。を卒業する前に駆け込み参戦していた。現在ガッタスはスフィアリーグから切り離されているし。

つづく
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-02-26 13:44 | その他のイベント

失敗は成功のもと

筆者はスピヲタやドリヲタをとっくに卒業していたはずなのに、この愚痴ばかり書いているんだ!と指摘されることもあるので、マイナスなイメージを受けていたことがあった。
むしろ熱烈なスピヲタやドリヲタを敵に回しているような内容でもあったし。

今回のおじぎ30度やハロテンのチケットが取れなかったのは、卒業したのにも関わらずスピヲタやドリヲタの失敗のことをくどいほど蒸し返していたことが裏目に出てしまったのである。

以前それを辞めると言ったのにも関わらずそれを繰り返していたし。本当に反省しています。

スピヲタやドリヲタは自分には向かなかったことは確かです。

今回我慢すれば次回きっといいことがあるかもしれないし。

自分が道重さゆみ女史と再び握手出来ることを願っています。

失敗は成功のもと、まさにその通りである。
失敗したら同じ失敗を繰り返さないようにしなければならないし。
从 ´ ヮ`)〉失敗したって、くよくよしても仕方ないぞ、頑張れ!

田中れいな女史の言う通りだ!

モーニング娘。のみかんの歌詞で笑う門に福来たる、笑う人に人集うという歌詞があるのでまさにその通りである。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-02-25 11:56 | その他のイベント

消えたスピヲタ時代

筆者は再三申し上げた通り、モーヲタを始める前にスピヲタをやっていたけど、それを無かったことにして忘れます。スピヲタの不祥事のことは忘れます(頭の中から完全に消去します)。これらのことを蒸し返していたことで迷惑をお掛けしたことを深くお詫びいたします。自分はSPEEDをただ応援していただけでスピヲタではないことにする。

こちらはドリヲタ(dreamファン)でも同じで、ドリヲタのことも忘れます。こちらも只応援していただけのことにするし。

スピヲタやドリヲタの失敗により一時的にモーヲタ活動が疎かになってしまったことで悔しい思いをしたけど、何時までも悔しがるよりも忘れたほうが妥当である。

自分はスピヲタやドリヲタには不向き、これらの失敗は忘れよう。

ドリのあるメンバーはしゃもじを見て何でしゃもじだ!と言われたので感じ悪いです。

THE ポッシボーのかえぴょんこと大瀬楓女史は、しゃもじを見てくれたのでとてもいい感じです。本来の推しメンの道重さゆみ女史もそう思ってるに違いない。
笑点の大喜利による判定、しゃもじを見て怒った某ドリメンの座布団を全部持って行きなさい。
かえぴょん(大瀬さん)やさゆ(道重さん)に座布団をあげようと判定したくなります。

スピヲタ時代やドリヲタ兼任時代の愚痴を書くのを今日で本当に終わりにします。これまではコロコロ変わっていたけど本当に実行します。

友人も、これらのことに関してさっさと忘れたほうがいいと言っていたし。

筆者のアイドルファンの原点はモーニング娘。のなっち(安倍なつみ女史)ということにします。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-02-25 11:06 | その他のイベント

ギャルルのイベント2

6月30日は、渋谷のC.C.Lemonホールで行われたギャルルのミニライブに行ってきました。 この時には、ギャルルのほか、THEポッシボー、キャナァーリ倶楽部もスペシャルゲストとして出てきていました。

ルート 目白~原宿…渋谷~武蔵小杉~元住吉~自由ヶ丘~渋谷~目白

まずは、山手線で原宿へ。ここから渋谷C.C.Lemonホール(渋谷公会堂)まで徒歩で移動しました。

渋谷C.C.Lemonホールに到着した後、ここで入場券と引き替えました。 この時の座席は1階17列。

ここでは、筆者が所属している応援団員のS氏と出会いました。 この時は、元団員のT氏も参戦していた。

客席には、元スキーノルディック複合選手でスポーツコメンテーター・タレントの荻原次晴氏も来ていました。

現役時代は、双子の兄である荻原健司氏(現、参議院議員)と共にスキーノルディック複合選手活躍していた。

荻原健司氏は、1992年のアルベールビル、1994年・リレハンメルの冬季オリンピック2大会、世界選手権・1993(H5)年(個人・団体の2冠)、1995(H7)年(団体)、1997(H9)年(個人)で金メダルを受賞していた。1998(H10)年の長野オリンピックでは日本選手団主将を務めていたし。

荻原次晴氏は、1998(H10)年の長野オリンピック個人6位入賞、団体5位入賞

世界選手権団体優勝、1995(H7)年

ワールドカップ、個人総合4位、1995(H7)年

国内全日本学生スキー選手権 3位、1989(H元)年という記録を残していた。

荻原兄弟が現役を引退していたのは、1998(H10)年の長野オリンピックの時だった。

荻原兄弟は、群馬県吾妻郡草津町の出身であるので、幼少の頃から地元の草津のスキー場で鍛えられていた。

筆者は、1991(H3)年の3月、草津にスキーで行ったことがある。 

群馬県の草津町は、温泉やスキー場で有名な街であり、吾妻線の長野原草津口駅からJRバスで行くことになる。1962(S37)年までは、草軽電気鉄道という電車が出ていたこともあった。

こちらは滋賀県の草津市と紛らわしい状態なので注意が必要である。
草津市の観光パンフレットや、草津市観光物産協会のウェブサイトには草津市と草津町を間違えないように「びわ湖・宿場町 草津」と書いていあるのはそのためである。

草津市にある銭湯である「草津温泉」では、群馬県の草津温泉から取り寄せた湯の花入りの露天風呂もある。

S氏のほうは、荻原次晴氏と握手していたのである。筆者は見ただけだったけど、ここで生で見れるとは思わなかったです。

このイベントは、仕事が休みだったので参戦出来たのである。

このミニライブの時は、ギャルルの2曲のほか、それぞれのメンバーのソロ曲(時東ぁみ女史は、「TAWAWA 夏ビキニ」という曲、ギャル曽根女史は、大塚愛女史の「さくらんぼ」、安倍麻美女史は、その姉である安倍なつみ女史の「恋のテレフォン GOAL」)が歌われていた。

恋のテレフォン GOALがリリースされた2004(H16)年8月は、安倍麻美女史がソロで音楽活動を行っていた時でもあった。

この後、ゲストであるキャナァーリ倶楽部とTHEポッシボーが登場。 前者は、SWEET & TOUGHNESS(スイート&タフネス)」、後者はデビュー曲である「ヤングDAYS」が披露されていた。 このヤングDAYSという曲は、THEポッシボーの曲でお気に入りの曲である。

この時には、キャナァーリ倶楽部の松井友里絵女史、THEポッシボーの大瀬楓・諸塚香奈実両女史が舞台出演のために欠場していた。

この後、全員集合で、ギャルルの曲が歌われ、この後握手会が行われていた。

握手会は、2階のロビーで行われたお見送り方式で、2階席の客から案内されていた。 この時の握手会は、キャナァーリ倶楽部→THEポッシボー→ギャルルの順で行われていたけど、キャナァーリ倶楽部のメンバーと握手したのは今回が初めてとなりました。

この時に元宣言!!のかえで氏も参戦していたけど、あさみんこと安倍麻美女史が目当てで来ていた。

S氏も、なっちの妹の安倍麻美女史が目当てで来ていたし。

握手会は、 キャナァーリ倶楽部8人、THEポッシボー4人、ギャルル3人の計15人で行われていたので、2004(H16)年2月7日に六本木のラフォーレミュージアムで行われていたハロー!プロジェクトキッズの15人(現在のBerryz工房、℃-uteのメンバー)によりFCイベントでの握手会を思い出しました。その翌日には、渋谷公会堂での飯田圭織女史の握手会に参戦していたのである。

この時には、キャナァーリ倶楽部のまっちゃんこと松井友里絵女史、THEポッシボーの大瀬楓・諸塚香奈実両女史と握手出来なかったことで残念に思いました。

まっちゃんのほうは、現在キャナァーリ倶楽部で唯一握手したことのないメンバーとなったので、6月15日以前の筆者とモーニング娘。の新垣里沙女史との関係と同じような状態となってしまった。

まっちゃんと握手する機会は今後もあるので、気長に待ちます。

7月25日には、キャナァーリ倶楽部の新曲である「青春万歳!」が発売される予定となっている。

キャナァーリ倶楽部を見たのは、6月9日の東京キネマ倶楽部でのガールズ♀ギャラリーの時に続いて2度目となった。

北海道在住の某団員は、6月16日の握手会イベントに参戦していたけど、久住小春女史が唯一握手したことのないメンバーとなってしまった。

THEポッシボーのメンバーと握手した時には、温かく迎えられていた。 この時に、THEポッシボーのメンバーに顔を覚えられていたことの証となっていた。

筆者は推しメンである道重さゆみ、久住小春両女史にも顔を覚えられている。

7月15日の名古屋センチュリーホールから始まるハロプロのツアーで、紺野あさ美女史などが出てくる音楽ガッタスが出てくるけど、7月21、22日の大阪フェスティバルホールでの公演は、紺野あさ美女史が、大学の定期試験によって欠場してしまうことになる。 

ということは、筆者が紺野あさ美女史と再会する時は、7月29日のさいたまスーパーアリーナでの公演の時までお預けとなった。

音楽ガッタスのほうは、8月22日に、「鳴り始めた恋のBell」でCDデビューすることになる。

こちらは、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)のフットサルチームであるGatas Brilhantes H.P.の選抜メンバー(吉澤ひとみ・石川梨華、里田まい、紺野あさ美、是永美記、能登有沙、真野恵里菜、仙石みなみ、武藤水華、澤田由梨各女史)による10名から結成され、ドラリオンのイメージソングに起用される。

この後、渋谷まで行き、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ(ハロショ)に行こうとしていた時に、らぶかつ氏とS氏が出てきていたので、川崎市某所のらぶかつ邸に行ったのである。

まずは、渋谷から武蔵小杉まで、横浜高速鉄道のY500系のY513Fによる急行で移動。 武蔵小杉から元住吉までは、5050系の5161Fで移動。

ここでは、4月1日にさいたまスーパーアリーナで行われたBerryz工房のライブDVDの鑑賞会が行われていました。 

このDVDは、6月27日に、Berryz工房の新曲である「告白の噴水広場」のシングルCDと同時にリリースされていたけど、筆者はモーニング娘。が優先で、その翌週にモーニング娘。のライブDVDがリリースされていたので、買うのを見合わせていたのでちょうどよかったです。

この後、元住吉から自由ヶ丘まで9000系の9114F、自由ヶ丘から渋谷まで、5050系の5151Fによる特急で移動しました。

渋谷から山手線で帰りました。

この日は、東急8000系8039Fによるリバイバル急行が運転されていたけど、諸事情により、次の日の7月1日に行ったのである。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-07-05 10:30 | その他のイベント

ギャルルのイベント

新宿から御茶ノ水までは、E233系のH48編成(クハE233-48F)で移動。

御茶ノ水からは、歩いて秋葉原方面まで行ったけど、交通博物館跡を再び見物することが出来ました。 こちらは鉄道博物館への車両・展示物の搬出作業が行われており、これが完了した後に取り壊される予定だけど、跡地がどうなるのか気になります。

あの後は、石丸電気SOFT2で行われたパラパラギャルユニットであるギャルル(安倍麻美、ギャル曽根、時東ぁみ各女史によるコギャル系のTNX系のユニット)のイベントに行きました。

石丸電気は、1945(S20)年に創業した秋葉原の家電量販店の老舗で、1970年代から、「電気のことなら石丸電気」のCMが放映されていることで話題となっている。

そのCMにエスカレーターに乗った家族連れが出てくるのは、秋葉原の家電量販店で初めてエスカレーターが設置されていたという縁である。

石丸電気の1号店の前には、東京地下鉄道(現在の東京メトロ銀座線の前身)の万世橋駅の出入り口の跡があり、階段を持つ通気口が目印となっている。

こちらは1930(S5)年1月1日に上野~万世橋間が開業した時に仮駅として開設され、翌年の1931(S6)年11月21日に神田まで延長された時に廃止されていた。 当時の地名は、東京府東京市神田区となっていた。 こちらは神田川をアンダークロスする工事が難航していたために、取りあえず神田川の横断部の手前に駅が作られていたという方式となった。

1947(S22)年3月15日には、神田区(現在の神田エリア)と麹町区(現在の丸の内、霞ヶ関、麹町エリア)が合併して千代田区となっていた。

1878(明治11)年11月2日には、郡区町村編制法が施行され、東京府は151区6郡に区画分けされていた。

当時は、麹町区・神田区・日本橋区・京橋区・芝区・麻布区・赤坂区・四谷区・牛込区・小石川区・本郷区・下谷区・浅草区・本所区・深川区・荏原郡・南豊島郡・北豊島郡・東多摩郡・南足立郡・南葛飾郡となっていた。

麹町区、神田区は千代田区、日本橋区、京橋区は中央区、芝区、麻布区、赤坂区は港区、四谷区、牛込区は新宿区、小石川区と本郷区は文京区、下谷区と浅草区は台東区、本所区は墨田区、深川区は江東区となっている。

1920(T9)年4月1日には、豊多摩郡内藤新宿町が四谷区(現在の新宿区)に編入されていた。

1932(S7)年10月1日には、隣接5郡82町村が東京市に編入され,20区が新たに編成されていた。

旧荏原郡=品川区・荏原区・目黒区・大森区・蒲田区・世田谷区
旧豊多摩郡=渋谷区・淀橋区・中野区・杉並区
旧北豊島郡=豊島区・滝野川区・荒川区・王子区・板橋区
旧南足立郡=足立区
旧南葛飾郡=向島区・城東区・葛飾区・江戸川区

現在は、荏原区=品川区、大森区・蒲田区=大田区、淀橋区=新宿区、滝野川区・王子区=北区、向島区=墨田区、城東区=江東区となっている。

1936(S11)年10月1日に、北多摩郡砧村・千歳村が世田谷区に編入されていた。

1947(S22)年3月15日には、これまでの35区から22区となり、同年8月1日に、旧練馬町の地域が板橋区から分離された練馬区となり、現在の23区体制となった。今年はあれから60年経ったのである。

東京のUHF放送局である東京メトロポリタンテレビジョン㈱(TOKYO MX)は、1995(H7)年11月1日のゆりかもめの開業と共に開局して時には、テレコムセンターに本社があった。

昨年7月1日には、千代田区麹町の半蔵門メディアセンターに移転していたけど、このことは全然知らなかったです。

筆者の在住地である新宿区は、東京市四谷区、牛込区、豊多摩郡内藤新宿町・淀橋町・大久保町・戸塚町・落合町が前身となっている。

1932(S7)年10月1日には、:豊多摩郡淀橋町・大久保町・戸塚町・落合町が東京市に編入され、淀橋区となっていた。

1947(S22)年3月15日には、淀橋区、牛込区、四谷区が合併して新宿区となっていた。

筆者の地元である新宿区中落合は、以前、豊多摩郡落合町(以前は落合村)となっていたのである。こちらは淀橋区を経て、新宿区となっている。

現在の新宿一丁目・新宿二丁目・新宿四丁目・新宿五丁目・内藤町のほぼ全域と、新宿三丁目・四谷四丁目の各一部(および、西新宿一丁目と歌舞伎町一丁目のごく一部)は、以前内藤新宿町の地域だった。

新宿の由来は、江戸時代の1698年に、日本橋と高井戸の間の宿駅として開設されていたことから由来している。
当時の信州高遠藩主であった内藤氏の中屋敷があったことが、内藤新宿の由来となっているし。この中屋敷跡が現在の新宿御苑でなっており、その周辺の地名が「内藤町」となっている。

新宿副都心は、以前の淀橋町のエリアである。 ヨドバシカメラの本店があるということで、かつて淀橋と呼ばれていたということを物語っている。

1970(S45)年4月1日および1971(S46)年1月1日に住居表示が実施される前は、西新宿エリアおよび北新宿エリアが、角筈、十二社、淀橋、柏木と呼ばれていた。

因みに、都営大江戸線(12号線)の西新宿五丁目駅は、仮称時点では、十二社と呼ばれていた。

西新宿にある新宿十二社温泉およびその前を通っている十二社通りに、その名が残されている。

ここでイベントの話に戻すけど、ギャルルのほうは、当初、辻希美女史(つじじ)が参加するはずだったけど、やはり例の問題により、急遽安倍麻美女史(元モーニング娘。の安倍なつみ女史の妹)にメンバーチェンジされていた。

グループ内で、安倍麻美女史は、あべべ、ギャル曽根女史は、そねね、時東ぁみ女史はぁみみと呼ばれている。

ギャル曽根女史は、安倍麻美女史と同じナベプロことワタナベインターテインメント所属の大食いタレントとして有名だけど、今回歌手としてもデビューしたことになった。

話題となっているしょこたんこと中川翔子女史も、ワタナベインターテインメント所属となっている。

あさみんこと安倍麻美女史のほうは、2003(H15)年から2005(H17)年に掛けてソロでの音楽活動が行われていたけど、今回で、歌手として復活していた。

ギャルルのデビュー曲は、「Boom Boom めっちゃマッチョ!」

この時にミニライブが行われ、この「Boom Boom めっちゃマッチョ!」 とC/W曲である「女のウルトラ」という曲が披露されていた。

この後、握手会が行われていたけど、ギャル曽根、時東ぁみ両女史とは初めて握手したけど、安倍麻美女史とは、2004(H16)年12月23日に池袋のメトロポリタンプラザにあるHMVでのイベント以来2年半ぶりに握手したのである。 生で見たのは、2005(H17)年2月19日に、渋谷のO-EASTで行われたワンマンライブ「19 colors」以来だった。当時は安倍麻美女史の19歳最後のワンマンライブで、19曲が出てきていた。

安倍麻美女史と久しぶりに握手した時に、お久しぶりです!と声を掛けていたけど、この時にお久しぶりと言われたのでよかったです。

この時に未だに握手したことがない辻希美女史と握手出来なかった悔しさが頭の中をよぎりました。

入場の時は雨だったので大変でした。

秋葉原からは山手線で帰りました。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2007-07-03 12:52 | その他のイベント