交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

シンガポール航空

e0013178_17122100.jpg

シンガポール~成田線で日本初就航となるシンガポール航空のエアバスA380型機(世界初のオール2階建ての旅客機)が今日初来日したけど、天候不良の為に成田空港に着陸出来ず、セントレアこと中部国際空港にダイバートで着陸していました。その後成田空港入りしていた。

この日は成田国際空港(旧新東京国際空港)開港30周年を迎えていたので記念すべき出来事となった。

シンガポール航空のA380型機は、昨年10月25日にシンガポール~シドニー線(世界初就航)、今年3月18日には、シンガポール~ロンドン線にそれぞれ就航していた。

こちらは 1階部分にスイート(ファーストクラス) 12席、2階部分にビジネスクラス 60席、1階と2階の両方にエコノミークラス 399席、計 471席となっている。

このA380型機は、今後シンガポール航空のほか、エールフランス、ルフトハンザ・ドイツ航空、ヴァージン・アトランティック航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、タイ国際航空、中国南方航空、大韓航空などに導入される予定となっているけど、残念ながら日本の航空会社(JALやANA)への導入予定は無い。やはり日本の航空会社は、JAL、ANA共に経済性が重視となっているので。

ボーイング747型ジャンボジェット機やエアバスA340型機と同様にエンジンが4つなので大阪(伊丹)空港に乗り入れることは出来ない。

シンガポール航空は、世界一のサービスが売りであり、日本乗り入れの外資系航空会社で圧倒的な人気を誇るシンガポールの航空会社となっている。

現在山手線では、シンガポール航空のA380型機の成田就航記念のラッピング電車が運転されている。

シンガポール航空のA380形機は、※シンガポール 23時40分(日本時間 0時40分)発→SQ638便→成田 (翌日)7時30分着、※成田 11時30分発→SQ687便→シンガポール 17時55分(日本時間 18時55分)着で運航されている。
※火曜日のみ、シンガポール 0時40分発→SQ636便→成田 8時30分着、成田 13時発→SQ687便→シンガポール 19時05分着となる。

成田空港では、ANAなどのスターアライアンスグループのターミナルである、第一旅客ターミナルビルの南ウィング(終点成田空港駅下車)から発着している。

スターアライアンスの中国国際航空(エアチャイナ・CA)のほうは、7月1日から第二ターミナルビルから第一ターミナル(南ウィング)に移転する予定となっている。

ニュージーランドの航空会社であるエア・ニュージーランドのほうは、スターアライアンスでありながら、未だに第二旅客ターミナルビル発着のままとなっている。
それは、JALとの共同運航の絡みもあるし。

ANAでは、エアバスA340型機が発注され、国際線に導入される予定となっていたけど、より経済的なB777型機に変更されていたので、JAS(日本エアシステム)のB747-400型機と同様に幻となった。 JASは既にJALに統合されている。

もしも予定通りに導入されていたら、B777型機に置き換えられて退役していたところだった。

日本の航空会社では、コスト低減の為に、機種統合が行われているけど、JALのMD-87型機、ANAのA321型機の退役はその一環である。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-05-20 17:12 | 航空機