交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

マスカット号

e0013178_1334917.jpg

e0013178_1334985.jpg

e0013178_1334999.jpg

e0013178_13341073.jpg

e0013178_13341010.jpg

丸山営業所(中野区)、中野駅、新宿駅西口~津山、岡山経由で倉敷を結ぶ夜行高速バスであるマスカット号では、3月20日から運行ルートが一部変更され、岡山県側の運行会社が中鉄バスから両備バス(両備ホールディングス)に変更されていました。東京側はケイビーバス(関東バスの子会社)のまま。

両備バスでは、三菱ふそうのエアロバスが使われている。

昨年12月16日に樋口君が津山から往復中鉄バスによるマスカット号(9521,岡山22か37-71号車)に乗っていたけど、思い出となってしまいました。こちらは1995(H7)年に導入された日野セレガの初期型。

12月16日、樋口君は、583系によるリバイバルひばり号を撮影するために大宮や小山に行っていた。あとは豪徳寺で小田急線の撮影も行っていた。

筆者は上野駅でひばり号を撮影した後、上野動物園に行ったのである。

マスカット号で、廃止された区間 倉敷駅北口~総社中鉄バスターミナル間

廃止された停留所 津高妙でん寺前

新設された停留所 岡山大学筋、岡山インター、金川、福渡、津山パーキング

変更前のルート 総社バスセンター~倉敷駅北口~川崎医大前~瀬戸大橋温泉前~天満屋バスセンター~岡山駅前~津高妙でん寺前~津山~新宿駅西口~中野駅北口~丸山営業所

変更後のルート 倉敷駅北口~川崎医大前~瀬戸大橋温泉前~天満屋バスセンター~岡山駅前~岡山大学筋~岡山インター~金川~福渡~津山パーキング~津山~新宿駅西口~中野駅北口~丸山営業所

その前に出ていたルミナス号は、小田急シティバス(小田急バスの子会社)の三菱ふそう車が使われていた。 

ルミナス号は、津山、岡山、倉敷経由で児島へと向かう路線となっており、下津井電鉄(下電バス)との共同運行となっている。

児島駅は、瀬戸大橋を渡る手前にある駅で、1988(S63)年3月20日に、茶屋町~児島間で先行開業していた。これは、瀬戸大橋博'88・岡山への観客輸送によるものである。

4月10日には、瀬戸大橋線(本四備讃線)が開業20周年を迎えることになる。

今から20年前の1988(S63)年は、本州から北海道および四国まで1本の線路で結ばれるようになった記念すべき年でもあった。

瀬戸大橋線は、路線の総称であり、岡山~茶屋町間が宇野線、茶屋町~児島~宇多津間が本四備讃線、宇多津~坂出~高松間が予讃線となっている。

岡山~児島間が、JR西日本、児島~宇多津~坂出~高松間がJR四国。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-04-07 13:34 | バス車両・路線