交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

都営バスの新車

e0013178_0204918.jpg

e0013178_020496.jpg

こちらは都営バス練馬支所に最近入ってきた新車(F-R640、練馬200か18-90号車)

今日は目白駅前から目白五丁目までそれに乗って帰りました。

今年度導入分(R番台車)は、ハイブリッド車を含めて日野自動車に一括発注されているために、全て日野車となり、練馬支所初の日野車導入となった。

特定車だったら、2002(H14)年から2005(H17)年まで、E956(練馬88か18-18号車)も在籍していたことがあったけど。こちらは、杉並営業所(現、杉並支所)に配属されていた。

練馬支所には今年度新車が導入はないだろうな!と思ってたけど、導入されてよかったです。

こちらも日野の車両で、ヘッドライトがいすゞ車の縦並びではなく、日野独自の1つ目となっている。 これで、いすゞERGAと、日野ブルーリボンⅡとの見分けが付けられる。

他にもR639(練馬200か18-89),R641(練馬200か18-91)号車も導入され、旧型のB番台車3台(F-B598、599、600号車)が廃車となった。

来年度も、B番台(1995(H7)年度導入車)の廃車が急速に進められることになる。

1日に萩原清さんと東京テレポートから門前仲町まで乗った都営バスの車両も、今年度に導入された同型車(深川営業所所属の日野車であるS-R637、足立200か16-95号車)だった。

昨年度に導入されたP番台車は、日産ディーゼル(UD)に一括発注されていた。

来年度導入予定のS番台車はどうなるのか気になります。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2008-03-08 00:20 | バス乗車記