交通(主に鉄道)活動・イベントの日記です。フェルメール・ブルーとは、筆者のお気に入りの列車である小田急60000形MSEの色である。


by hy_sengen-sin

鉄道博物館の0系新幹線

e0013178_20114673.jpg

e0013178_20114645.jpg

e0013178_20114631.jpg

e0013178_20114656.jpg

e0013178_20114632.jpg

今日は、さいたま市の鉄道博物館に行き、昨年10月21日から公開されている0系新幹線(21-2号車、丸ごと1両)を見てきました。こちらは保存棟が新たに作られ、開業当時の東京駅の19番線が再現されています。

座席は、昔ながらのブルーとグレイの転換クロスシートとなっていました。

当時は全席指定で1時間に約2本と本数が少なかったです。

これにより、鉄道博物館の0系新幹線の保存体が、前身の交通博物館時代から展示されている21-25号車の前頭部と合わせて2両となっています。

鉄道博物館は入場料が大人1000円(小中高生は500円)と高いけど、行く価値があります。

3歳以上未就学児は200円

今回はSuicaを使って入りました。

因みにこのブルーとグレイの転換クロスシートは、1999(H11)年9月18日の東海道新幹線からの完全撤退の時まで使われていました。
東海道新幹線で最後まで残った0系こだま編成(YK編成)の一部にこの転換クロスシートがあったのである。
[PR]
by hy_sengen-sin | 2010-01-16 20:11